ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!の作品情報・感想・評価

「ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!」に投稿された感想・評価

Alina

Alinaの感想・評価

3.2
ルパン三世、TVスペシャルの一番最初の作品です!

まあまあ面白いですね。89年の作品ですが80年代の雰囲気ぷんぷん。
当然ですが、パソコンが古くてなんだか笑えます^^

今でこそパソコン超得意なルパンですが、パソコンが出た当初はもしかしたらこんな気持ちだったのかも・・・と思えてきます!
「やってらんねぇぇぇぇ」
「そういうの嫌われるよ?ルパン」

次元、いい友達だよね…

「そういうの嫌われるぜ?」でも「そういうの嫌われるぞ?」でもなく、「そういうの嫌われるよ?」だもん

すべての記録がデータ化・共有され、行動パターンも読まれるようになったことでルパンもついに泥棒稼業から足を洗い、「愛に生きる」と引退宣言!と思いきや…

このプロットや、マモーの世界観に比べると「世界を我が手に」はやや子供じみてる気もしないではないが、自由の女神を盗むという夢に免じて許そう
tomomaya

tomomayaの感想・評価

3.8
昔のルパン(人造人間マモー)を感じたと思ったら1989年なんですね(笑)
作画に怖さ、エロさがあり子供の頭の良さにビックリ!
depon

deponの感想・評価

3.5
不二子ちゃんには次元のほうがお似合い♥
み

みの感想・評価

4.2
作画やセリフの言い回しが渋くて味があってすごいよかった!細かい動作まで凝ってる所があって、見てて胸が踊るような場面が多かった。
わがままギャルみのある不二子ちゃんがめっちゃかわいかった〜!!五ェ門も渋くて優しい男でほっこりした。
三樹夫

三樹夫の感想・評価

3.5
風魔一族の陰謀以来2年ぶりの作品となるルパン三世TVスペシャル第1弾で、監督には出崎統を投入し、絵コンテも出崎統で、これでもかというぐらいに出崎演出がてんこ盛りで、コンバットマグナムが火を吹くハーモニーの連続というカッコいい演出にはしびれる限りである。ハーモニーの他にも、入射光、透過光、三回ズーム、三回パン、リピート、分割画面、パラフィン影など、出崎演出が多数盛り込まれている。キャラデザは面長の馬面ルパンで、女にふられて3億ドルの借金を背負ったルパンが泥棒家業に復帰し、スーパーエッグを狙うが、スリーメイソンなる謎の組織も参入し、しかもルパンの行動パターンがすべてコンピュータにインプットされていてという、80年代のコンピュータ感が炸裂している。

果敢にエロも盛り込んでおり、TVスペシャル第1弾で五ェ門はいきなり女に走り(第12弾の1$マネーウォーズでは新興宗教の女宣教師に入れ込んでいた)、イザベルのお礼をさせていただく自由からの、トンネルへの列車が突入は、これは北北西に進路を取れなのかな、とにかく分かりやすいぐらいのセックスのメタファーであり、修行不足なのか下半身の斬鉄剣は鞘におさまってないようで、顔中にキスマークつけて完全に事後だった。イザベルは色気で男を手玉に取るファム・ファタールで、さあママのキスが欲しくないの坊やの、赤ちゃんプレイのシーンは超絶エロかった。その前にマントの裾を足で踏んでるサド演出を含めて、変態の心を掴むシーンであったと思う。

臭い息吐いて人をのたうちまわさせる、ダース・シディアス的キャラがあっさりやられたり(おじいちゃん、美女の裸見て興奮しちゃったのかな)、イザベルの一連の行動が結局何したかったのと結構ちぐはぐだったりするが、テンポ良く次に進め演出で見せきってる。イザベルは、劇場版エースをねらえのような男のマザコン感が詰まったキャラだと思えば、最後らへんも納得はできるが。
初めて知ったけどルパンって秘密道具的なやつ持ってんのな笑

偶然が重なりまくり面白い。
>|