ゆきむら

シャークネードのゆきむらのレビュー・感想・評価

シャークネード(2013年製作の映画)
2.5
ザ・アメリカンサメ映画!
タイトルのまんま、イメージそのまんまです。

久しぶりにB級サメ映画をと思って漁っていたら3シリーズあるっていうじゃないすか。
2が気になったし1観なくても大丈夫かなと思ったけど
フレコミが「あいつらがまた帰ってきた!」とのことだったので、じゃあ頭から観るかということで。

神話やコミック、アニメにも出てくるキメラ。
頭が鷲で下半身は狼、頭は獅子で尻尾が蛇とかパッと思い浮かぶ、怖い。だって遭遇したら絶対殺られるから。
ただこいつらは2つが1つになってるから個体で恐怖だけど
シャークネードは違う。

サメ×ハリケーン。
脅威の2大勢力が別々に、むしろ相乗しあって襲ってくる。
ハリケーンが通過するだけで街が壊滅するのに、
そこに更に生き生きとしたサメさんがハリケーンのお力を借りて食うわ食うわ。
ハリケーンのアビリティを身につけたサメ軍団が降り注ぐ恐怖。
そりゃフラグ立ちまくりです。

言うてもつっこみどころ満載なのは皆さんレビューで書かれているので控えつつ、
個人的にツボだったのは、何百キロも爆速メリーゴーランドに乗ってきたサメたちが疲れも忘れて地上に落ちる瞬間に見せるナイスな人間キャッチ。
空から降ってくるだけならまだしも、
下水からも勢い良く飛び出してくる。
上からも下からも…あーこわい。

あとはサムライばりのチェーンソー使いを見せる
アメリカンな感じ、やっぱり好きですね。

買わない。
2016年7本目(映画館1)