リトル・フォレスト 冬・春の作品情報・感想・評価

リトル・フォレスト 冬・春2015年製作の映画)

上映日:2015年02月14日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

“小森”は東北のとある村の中の小さな集落。いち子(橋本愛)は、一度街に出て男の人と暮らしたりもしたが、自分の居所を見つけられずに、ひとりでここに戻ってきた。「言葉はあてにならないけど、わたしの体が感じたことなら信じられる」と思い、何事も自分でやってみないと気が済まない性格。稲を育て、畑仕事をし、周りの野山で採った季節の食材から食事を作って食べる毎日を過ごしている。 そんな静かなある日、1通の手…

“小森”は東北のとある村の中の小さな集落。いち子(橋本愛)は、一度街に出て男の人と暮らしたりもしたが、自分の居所を見つけられずに、ひとりでここに戻ってきた。「言葉はあてにならないけど、わたしの体が感じたことなら信じられる」と思い、何事も自分でやってみないと気が済まない性格。稲を育て、畑仕事をし、周りの野山で採った季節の食材から食事を作って食べる毎日を過ごしている。 そんな静かなある日、1通の手紙が届く。それは5年前の雪の日に突然失踪した母・福子(桐島かれん)からの手紙だった――。 甘酒とカボチャを使って作った3色ケーキ、子供の頃から大好きな出来立てアツアツの納豆もち、ふきのとうでつくるばっけ味噌・・・母のレシピを作りながら思うこと、「わたしは母さんにとって本当に家族だったろうか・・・」。今までの自分、そしてこれからの自分を思い、心が揺れ始めるいち子。 親友のキッコ(松岡茉優)との小さな口げんかで「わたしは、ちゃんと向き合えなくて、それで小森に帰ってきたんだな・・・」と落ち込み、小森のこれからを真剣に考えているユウ太(三浦貴大)からは、「いち子ちゃんはひとりで一生懸命やっててすごいなと思うけど、本当は逃げてるんじゃないの」と指摘され、言葉を返せない。 長かった冬も終わりに近づき、雪解けが進んできた。少しづつ畑の準備をすすめてきたけれど、いち子は春いちばんで植えるジャガイモを、今年は植えるかどうか迷っていた。来年の冬、ここにはいないかもしれないから・・・。 自分の本当の居場所を探すいち子が、春の訪れと共に出した答えとは―――

「リトル・フォレスト 冬・春」に投稿された感想・評価

ススギ

ススギの感想・評価

3.5
冬よかった
音楽が野原の花みたいに派手じゃない彩りをそえてあたたかですき
やっぱり腹減る
前作の続き。

前作と同じ印象が今作でも続く。松岡茉優の田舎娘っぽさが、今作ではもっと強調されていた気がする。

そんくらいかな。リトル・フォレストの全体の印象のレビューをみたい人は、夏/秋のぼくのレビューをみてください。

人間は自然の一部

食料を生産する

美味しそう

丁寧な暮らし
冬の料理がマジで美味そうでヤバかった。
おぽん

おぽんの感想・評価

3.8
夏・秋の時よりストーリー性があった
空音

空音の感想・評価

4.3
生活のために生活する生活。憧れるけど絶対に自分には出来ないので、作品を観ることで満たしてもらった。
オダ

オダの感想・評価

3.7
丁寧な暮らしに加えて、小森に住むこと、残ることについて考える。
現状を維持することと、何かをして戻ってくるということは違うこと。
>|