リトル・フォレスト 冬・春の作品情報・感想・評価

「リトル・フォレスト 冬・春」に投稿された感想・評価

ススギ

ススギの感想・評価

3.5
冬よかった
音楽が野原の花みたいに派手じゃない彩りをそえてあたたかですき
日本の四季が丁寧に描かれている。
夏秋に続き、やっぱりすべてが美味しそう。
Nancy

Nancyの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

なんでお母さんが失踪したか夏秋では不明だったが今作でわかった。

料理が作りたくなる。これを見たあと田舎に住みたくなる。スローライフいいな。

都会なんかより田舎の方がお洒落だなぁ。
まちに住んだシーンが出て来たけど、

スーパーで買った安売り品ばかりで全然美味しそうに見えなかったし、不健康。

田舎だと何もないからこそ自分で作ろうとなり、こだわるようになるんだなぁって。

クリスマスケーキ

納豆砂糖醤油

凍み大根

お弁当と焼き芋

あずき

チャパティ


山菜の天ぷら

末家味噌

つくしのおひたし

のびるとますのパスタ.

キャベツ

じゃがいも

玉ねぎ
あり

ありの感想・評価

4.5


田舎に住みたい
自然に囲まれて
ゆったり暮らしたい
なんて軽々しく言ってたけど
生きる為の生活の知恵を
代々受け継ぎながら
その日その日を懸命に
生きる人達がいた

自分の皮膚で感じたことが
唯一責任をもてること

snsやネットの世界で仕入れた
情報なんて手軽に手に入って
しまうけど
自分で責任はもてない

自分の皮膚で感じないと
konomi

konomiの感想・評価

5.0
前作に続いて最高です
はるな

はるなの感想・評価

3.8
生き急ぎずに、ゆっくり丁寧に生きたいなあ、と思った。
前作と続けてみたけど良かった。
まる

まるの感想・評価

4.0
前編に引き続き、丁寧でやわからな、とても良い作品。良いもの観たー。
ちょっとした人間模様も言葉も、重くなり過ぎないのは田舎の空気感とそこの自然のおかげかな。
mari

mariの感想・評価

4.3
前編と続けざまに観ても全く飽きがこない不思議。

四季それぞれにちゃんと寄り添って、
季節ごとのそれぞれ違った空気を
体中いっぱいに吸い込んで、
日々考えながらちゃんと食べて、
どこを切り取ってもやっぱり丁寧さが心地いい。

雪の上を歩く時
足元が不安定で、ぐっと力を入れる感覚が、
長いような短くて不安定な人生の中で、
心を決めて一歩前に踏み出す時の力と
もしかすると似てるのかな、と
ふと自然の多さや環境を飛び越えて
自分と重ねて観る部分がたくさんあった。

忙しいとかそんなことどうでもよくて
なによりもちゃんと食べる、
ちゃんと呼吸をする、
そんな日々の幸せの中にある根源を思い出させてくれた
大好きな作品。

お腹すくなあ、もう。
よかったー。夏秋に続いて。

季節ごとに、暮らしは回って、でも、らせんです。

服装とか、無印良品!って感じです。

納豆全然好きじゃないのに、納豆もち美味しそうで笑っちゃった。ていうかもう全部美味しそうで笑みが溢れる。すろーらいふ。

そうか、パスタの茹で汁なんてどうせ入れるんだから、そこまで湯切りしなくてもいいのか。って学び。
slow

slowの感想・評価

4.2
生きる知恵を持っていた頃の暮らし。こういうのNHKのドキュメンタリーなんかで見たことはあったけれど、ちょっと身近ではないというか。それが橋本愛を通すことで、柔らかく取っつきやすい作品になっていた点は大きい。彼女も撮影当時は十代であり、きっと楽しいばかりの撮影ではなかったと思う。でも、そこに楽しんでいる姿は必要なかった。変に意識高い系の方が演じてしまっては、違う物語になっていた。これはいち子と橋本愛の変化を追った物語。
>|