ゴリララッパ

アマデウスのゴリララッパのレビュー・感想・評価

アマデウス(1984年製作の映画)
4.5
モーツァルト自身と彼の音楽、両方引き立てた完璧すぎる伝記映画でした。

凡人であるサリエリの視点でモーツァルトへの羨望や妬みを描くことで、モーツァルトの天才さがとても引き立っていた。さらに性格も正反対で、サリエリは最高の引き立て役でしたね、皮肉なことに。

音楽の使い方もかっこよくて、特に日常とオペラの繋ぎが神懸かってた。
コンスタンツェの母の怒鳴り声がオペラの歌に切り替わるあのマッチカットは一生忘れられない。