おやすみ

アマデウスのおやすみのレビュー・感想・評価

アマデウス(1984年製作の映画)
4.8
映画音楽概論という大学の授業で鑑賞。ずっと見たかった作品をまさか学内で見ることになるとは思いもよらなかった。これは天才モーツァルトの生涯を、サリエリという凡人音楽家の語りで遡っていく160分があっという間に感じた名画である。

よく音楽の授業で耳にしていた有名なモーツァルトが、まさかお下劣能天気で人の気持ちを汲み取れない有頂天馬鹿だとは思ってもみなかった。でも作中の彼もやっぱり天才で、オペラ音楽が終始鳴り止まなかったのは彼の頭の中で流れている音楽も生涯鳴り止まなかったからだ。人の気持ちが分からないのも、宮廷の人間に好かれないのも、お金が回ってこないのも、モーツァルトが音楽の一種の呪いにまんまと愛されてしまったからだろうか。脳内で完成されている音楽達を彼はいとも簡単に記し、チェンバロで弾き上げ、笑う。いつの時代も天才は疎まれるし妬まれる。凡人は非凡がわからないように、非凡も凡人を分かろうとしない。サリエリとモーツァルトとは交わらない定めの音符達。彼を天才だと認めてしまう反対、人格否定は辞められずついには精神的に追いやる形となってしまったサリエリ。モーツァルトの呪縛が父上だったように、サリエリの呪縛はモーツァルトだったのだろう。

私は本当のオペラを鑑賞したことが無いのだけれど、この作品の町並みから当時の洋服、容姿、劇の完成度は素晴らしいと思った。全部ゴテゴテ。盛ればいいと思いやがって…と悪たれをつきそうになるくらい全てゴージャス。再現力は凄かった。一度でいいから本物のオペラを見に行きたいと思わされる。鳥肌、じゃ済まされないのだろう。

音楽と映画が切っては切れない縁だとしたら、そして自分と映画と音楽がまさにその関係になり得るとしたら、絶対にこの映画を鑑賞して欲しいです。音の波に埋もれる感動、人が音楽や劇というエンターテイメントに魅了されていく感覚、震撼。私は全て味わえました。

見終わった後、やっちゃう人はやっちゃうと思うんだけどモーツァルトの魔笛、魔女のアリアをずっと口ずさんじゃう。見れば分かる。ハッハッーいっちゃう。出来ないくせに。モーツァルトって人物がどんな人間だったか、調べ上げちゃうしね。最後の最後でなにいってんだこいつってなるかもしれないけど最高に好きな映画だってことです。