HOLYDAY

アマデウスのHOLYDAYのレビュー・感想・評価

アマデウス(1984年製作の映画)
4.5
ミロスフォアマン監督の歴史的名作。

偉大な作曲家ヴォルフガンク・アマデウス・モーツァルト。

彼のミドルネームから名付けられた本作は、彼の生涯を、当時ウィーンの皇帝に仕える、宮廷楽長アントニオ・サリエリを通じて描くヒューマンドラマとなっています。

ヒューマンドラマ史上、もっとも上がり下がりの極端な作品でした。

3時間の中で、時には、フィガロの結婚や魔笛などの彼の名作に合わせてオペラの絢爛豪華な演奏と成功、栄光。(全て忠実に譜面を再現)
それを楽しむかのように絶えない、高笑い。一度聴いたら2度と忘れません。(笑)

また、自分勝手に振舞った事で父を失意のまま死なせてしまったことに対する罪悪感。死。それらを象徴するかのように構成されたオペラ、ドン・ジョヴァンニ。金銭的困窮。仕事の激減。

このように彼の栄光と挫折、それらを壮大なオペラをバックに展開していくストーリーは、とことん上から、とことん下まで、感情を掻き乱すように、完璧なまでに作られています。いや、創られてると言いたいほどです。

それを傍観しながら、裏で手を回していた、サリエリ。アマデウスというタイトルですが主役は彼ではなく、サリエリでした。神への厚すぎる信仰心は、自分にはモーツァルトがどれだけ天才なのかを、理解できる能力しか下さらなかったと、凄まじい嫉妬に変わります。その変化の過程、細かな感情の起伏が、演技に宿っていて、ほんとに名演技でした。

絢爛豪華かつドロドロの人間模様。しかし展開もキャラクターも見事で面白い!
時間と気持ちに余裕のある時に是非拝見を。