きのした

アマデウスのきのしたのレビュー・感想・評価

アマデウス(1984年製作の映画)
4.0
これは、老いたサリエリが、ライバルであったモーツァルトについて回想だ。ただ、モーツァルトの曲はその時も有名だったのに対しサリエリの曲は忘れられていたので、非常に物寂しい語り口で明かされる。

サリエリは、人一倍モーツァルトの才能を憎みながらも誰よりもその才能を認めていて、その関係性に私はだんだん惹かれていった。最後の辺の、モーツァルトのレクイエムの作曲をサリエリが手伝う所は本当に心打たれた。

プロダクションデザインも素晴らしく、これは本当に映画なのか?と思ってしまったほどだ。あと、老いたサリエリが別人ではなく特殊メイクを施されたマーリーエイブラハム なのもグッド。