サイレント・ウォーの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

サイレント・ウォー2012年製作の映画)

The Silent War

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:120分

3.4

あらすじ

中国共産党と国民党が争っていた頃、国民党は内戦に敗れ台湾へ逃れたものの、その残党はまだ深く暗躍していた。共産党は敵の動向を監視するために“701部隊”を秘密裏に設立し国民党の無線通信を傍受し解析を続けていた。しかしある日突然通信が途絶えてしまう。部隊の責任者である郭興中=通称、老鬼(ワン・シュエピン)は、新たな通信を探り出すため、聴覚に優れた人材を集めようと、コードネーム200号の諜報員、張学寧…

中国共産党と国民党が争っていた頃、国民党は内戦に敗れ台湾へ逃れたものの、その残党はまだ深く暗躍していた。共産党は敵の動向を監視するために“701部隊”を秘密裏に設立し国民党の無線通信を傍受し解析を続けていた。しかしある日突然通信が途絶えてしまう。部隊の責任者である郭興中=通称、老鬼(ワン・シュエピン)は、新たな通信を探り出すため、聴覚に優れた人材を集めようと、コードネーム200号の諜報員、張学寧 (ジョウ・シュン)に密命を与え、優れた能力を持つピアノ調律師の羅耳三(パル・シン)を捜させる。命令を受けて上海に向かった張は彼を捜し出すが、彼女はそこで助手である盲人の調律師・何兵(トニー・レオン)と出会う。彼は異常なまでに聴力が発達しており、それを見抜いた張は何兵を連れ部隊へと戻る。彼女は彼にモールス信号や通信技術を教え込み、やがて何兵は厳しい試験を経てみごと国民党の通信を発見する事に成功し、部隊の重要メンバーとなる。一方、張はコードネーム“重慶”と呼ばれている国民党の大物スパイを誘き出そうと罠を張るが、やがて抗争は混迷を極めていく。

「サイレント・ウォー」に投稿された感想・評価

ONDEN

ONDENの感想・評価

4.1
ジョウ・シュンの美しさと怜悧さが際立っていた。トニー・レオンのほほえみの演技に見とれてしまう。監督がアラン・マック、フェリックス・チョンのコンビということで濃厚なサスペンスを期待したがどちらかというと悲しいロマンスの要素が強調されている。国防に身を捧げることの悲しみを感じずにはいられないそんな映画。
法一

法一の感想・評価

3.3
 どうにかして色々削ってもっと引き締まったお話にすべきではとも思うのだが、このシックな画調とこのジョウ・シュン(40歳とはたまげたなあ)だけで永遠に見続けられると思ってしまったくらい陶酔的に美しい。ファッション含め美術も超絶好みであり、特に施設のやたら長い階段はナイスアイデアだと思う。

 ラストのクロスカッティングがよくわからん。ベルリーニが流れるなか、ふたつのイベントが同時進行するのだが、それがそんなに効果的とも思われないのに何となくドキドキしてしまって、なんだか誤魔化されたというか騙された感じがする。もっともBGMが止むと同時にドキドキもなくなったので、いわゆるひとつの音楽力だったのでしょう……。
かれん

かれんの感想・評価

4.7
凄く良かった!インファナルアフェアの監督・脚本というのに惹かれて観たけど、わざわざ比べなくても私は凄く良い作品だと思います。この空気感はアジアにしか出せない。最後の場面までずっと惹きつける映画で余韻にもじんわり。音楽も良い。
大半が傍受と暗号解読のシーンで構成されてるので派手さ華やかさはない。
題名通り、戦争、内戦、争い事全般の主役は銃器だけじゃない。
むしろ静かな一室での攻防こそ勝敗を決定的にする。
DK

DKの感想・評価

3.6
期待せずに観た映画でこれはと思わされるものがある。
トニーレオンと周迅という二枚看板もさることながら、とにかく映像内の光の表現が素晴らしい。むしろトニーレオンは盲人の超聴力の持ち主というキャッチーな役どころだけど、殊更にそれが強調されず、淡々とすすんでいく。つまりこれがサイレントウォーなのだ。
その中でも登場人物たちの心の動きは繊細に描かれており、飽きさせることもない。

時代背景は蒋介石が共産党に大陸を追われた後の、共産党の秘密部隊と国民党残党との争いとして描かれている。この時代の香港や上海の町並みも見所。

なかなか良かった!
meran

meranの感想・評価

3.5
1950年代を舞台としたスパイ映画なのでかなり地味な展開でした。

通信傍受と暗号解読。

抜群の聴覚を持った盲目のピアノ調律師を抜擢して情報を収集するのですが、傍受しながら相手をプロファイリングするのが見事。

目が見えるようになってからは聴覚が衰え最悪の結果に(;^_^A

もう少し盛り上がりが欲しかったです。
りん

りんの感想・評価

1.8
スパイ同士の戦い

ほんとにこういう事が行われていると思うと関心する

なかなか普通に見れた…
15.03.18
地味ではあるが、なかなか観せる映画だね〜。目が隠れていても、トニーレオンは色気がある。
聴風者でサイレント・ウォーですか。なるほどと思った。
中国の共産党対国民党のスパイ対決ということで、小難しい話だなと渋々観ていたが、盲目のトニー・レオンの暗号解読のスリルがあったり、ジョウ・シュンとの実らない恋模様があったりと、結構最後まで飽きずに観れた。
ジョウ・シュン綺麗だなあと観ていたら、後半あんな結果…ありゃりゃ~ショックでした。
(去年みた映画)
中国共産党対国民党の最後の戦いの時代の話。
トニー・レオン扮する盲目のスパイが敵の暗号を解読していくサスペンスもので、スリリングな展開に引き寄せられる。セピア調の映像も素敵。

でも一番記憶に残るのは、暗号解読の傍らで描かれる主人公をとりまく恋模様。あけすけな「アイ・ラブ・ユー」ではなく、秘めたる想いが心にしみた。