ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

My Little Princess

上映日:2014年05月10日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:106分
    監督
    エヴァ・イオネスコ
    脚本
    エヴァ・イオネスコ
    マルク・ショロデンコ
    フィリップ・ル・ゲイ
    キャスト
    イザベル・ユペール
    アナマリア・バルトロメイ
    ドニ・ラヴァン
    あらすじ
    女流写真家の母アンナ(イザベル・ユペール)は仕事で滅多に家に帰ってこず、母の愛情を求める娘のヴィオレッタ(アナマリア・バルトロメイ)は優しい祖母に育てられながら母の帰りを待つ。ある日、突然帰ってきたアンナは、ヴィオレッタを写真のモデルへと誘う。母親に気に入られたいヴィオレッタはモデルになる事を決心。しかし、アンナの要求は徐々にエスカレートし、大胆なカットを要求される。最初はごく普通のあどけない少女だったが煌びやかな衣装とメイクで次第に大人の女の色香を漂わせ、退廃的な少女に変貌していく・・・

    「ヴィオレッタ」に投稿された感想・レビュー

    ユキユキ
    ユキユキの感想・レビュー
    2016/12/07
    3.6
    ヴィオレッタが母を狂わせたのか?母が狂っていたのか?
    どちらにせよ子のヌードを売るなんて後者が正しいのでしょう。たとえそれがアートだとしても、インモラリストでしかないような…
    でも妖艶さや色気を身につけた少女は危なっかしくて最強。むしろこの危なっかしさが少女性を高めていると感じました。
    ほんでもってヴィオレッタは何着ても増しでかわいい、そして娘に負けないユペール様の佇まいのエロさに惚れた……
    美音
    美音の感想・レビュー
    4時間
    3.7
    記録
    yuzuki
    yuzukiの感想・レビュー
    10時間
    3.8
    母親の歪んだ愛が怖すぎ
    ヴィオレッタが美しかった
    ぴぴ
    ぴぴの感想・レビュー
    10時間
    -
    記録
    ヤシの木
    ヤシの木の感想・レビュー
    1日
    3.5
    ヴィオレッタが狂わせたんじゃなくて母親が狂ってたんだしそこはえ〜ってなった
    ヴィオレッタかわいすぎる
    モデル始めたての時のガーターベルトがすごく綺麗だった
    ジュヌコンポンパ
    ジュヌコンポンパの感想・レビュー
    1日
    3.2
    とにかく女の子がかわいすぎる。
    実話ということで、写真を拝見したけど
    映画の何倍もダークだったなぁ。
    羞恥心の絶対的エース野久保直樹
    2日
    2.8
    自分のポルノ写真を撮る母親を持つ娘の話。
    主人公が母の愛を受けたくて写真のモデルになるが少しずつ過激な写真を撮られるようになり母への不満な募って行く、みたいなお話です。
    テーマはなかなか変わっていて面白そうだとは思いました。
    しかしながら登場人物が精神不安すぎて話が入ってこなかったです。
    フランス映画ということで価値観の違いがあるのかもしれません。少なくとも自分は日本人の男性が観て楽しめるものだとは思いません。最後までちゃんとみた自分を褒めたい。
    謎の作品。
    まゆみ
    まゆみの感想・レビュー
    2日
    3.7
    もう少し上手に付き合えればいいのよ、ただそれだけなの。でもそれが難しいの。
    Ryoko
    Ryokoの感想・レビュー
    2日
    4.5
    美しい主人公。映画はやはり、観客を楽しませるべき。
    それは、視覚。日常、見る事ができない、又は、初めて見る事を見させてあげられる作品を作りたい。
    特典でカメラテストのような映像があった。俳優が演技、魂、登場人物と一体化した瞬間を捉えている。
    主人公のヴィオレッタが誕生した。
    彼女の目がキャラクターの目になった。カメラは恐ろしい。真実を映す。
    >|