ヴィオレッタの作品情報・感想・評価

ヴィオレッタ2011年製作の映画)

My Little Princess

上映日:2014年05月10日

製作国:

上映時間:106分

3.6

あらすじ

女流写真家の母アンナ(イザベル・ユペール)は仕事で滅多に家に帰ってこず、母の愛情を求める娘のヴィオレッタ(アナマリア・バルトロメイ)は優しい祖母に育てられながら母の帰りを待つ。ある日、突然帰ってきたアンナは、ヴィオレッタを写真のモデルへと誘う。母親に気に入られたいヴィオレッタはモデルになる事を決心。しかし、アンナの要求は徐々にエスカレートし、大胆なカットを要求される。最初はごく普通のあどけない少…

女流写真家の母アンナ(イザベル・ユペール)は仕事で滅多に家に帰ってこず、母の愛情を求める娘のヴィオレッタ(アナマリア・バルトロメイ)は優しい祖母に育てられながら母の帰りを待つ。ある日、突然帰ってきたアンナは、ヴィオレッタを写真のモデルへと誘う。母親に気に入られたいヴィオレッタはモデルになる事を決心。しかし、アンナの要求は徐々にエスカレートし、大胆なカットを要求される。最初はごく普通のあどけない少女だったが煌びやかな衣装とメイクで次第に大人の女の色香を漂わせ、退廃的な少女に変貌していく・・・

「ヴィオレッタ」に投稿された感想・評価

ヴィオレッタが母を狂わせたのか?母が狂っていたのか?
どちらにせよ子のヌードを売るなんて後者が正しいのでしょう。たとえそれがアートだとしても、インモラリストでしかないような…
でも妖艶さや色気を身につけた少女は危なっかしくて最強。むしろこの危なっかしさが少女性を高めていると感じました。
ほんでもってヴィオレッタは何着ても増しでかわいい、そして娘に負けないユペール様の佇まいのエロさに惚れた……
まつこ

まつこの感想・評価

3.8
実際どんな写真なのかな。
私なら本当に死んじゃうかもしれないと思った。

物心ついて自分を売るのとはまた違うと思うんだ。
いくら芸術だからといっても
児童虐待ポルノすぎる。。
芸術と金と親子愛の葛藤。

いじめられるに決まってる。
流石に股開かせるのは虐待しかない。

トイレ中に盗撮されるやつとか本当に可愛そう過ぎる。

てか役だからといって子役なのにやりすぎててフランス怖い。

吐き気がする、
すごい気分が悪い。
後味も悪いし、結末不明。
近親相姦、父親のレイプ で出来た子。
そんな悲しい話あるかよ。

実話って聞いたら余計には吐き気。
どーしようもないくらい悲しい現実。

映像美としてみるしかない。
悲しい。心が痛い。
実話をもとにした映画です
劇中の少女は確かに美しいですがこれは幼児虐待の記録映画です
この時の子供が監督をしています

当時の写真集は販売停止になりました
児童ポルノとして扱われていますのでマニアには人気で高値で取引されています

そんな物を世に出した母親の罪は重いです
母親は娘から提訴されていますしその際に写真の回収も願い出ています(未だに取引されてますが)

自分では判断出来ない幼い少女は
大人になって意味を知り1人で苦しみ悩み自分を責めたことでしょう

どんな気持ちでこの映画を作ったのかわかりませんが相当な葛藤と覚悟があったはず…
ただただ美しかった。フランス映画!って感じの映画だったなあ‧⁺◟( ᵒ̴̶̷̥́ ·̫ ᵒ̴̶̷̣̥̀ )
写真を撮るということ。
すごくよかった。
アナマリアの美貌が本当に凄まじい
おばあちゃんのことは大好きだし、優しく接していて安心

フランス映画に共感できたり同情できたりする人なんて出てこない
映画は終わってもこの人たちは生活を続けなきゃいけない
kaho

kahoの感想・評価

3.4
記録用
ミユウ

ミユウの感想・評価

3.8
ヴィオレッタがお人形さんみたいにかわいいから、母は狂ってしまったのだね、、、
大人と少女の間で揺れ動く感じがとても良かったです
うちのママンかよ
>|