ヴィオレッタの作品情報・感想・評価

ヴィオレッタ2011年製作の映画)

My Little Princess

上映日:2014年05月10日

製作国:

上映時間:106分

3.6

あらすじ

女流写真家の母アンナ(イザベル・ユペール)は仕事で滅多に家に帰ってこず、母の愛情を求める娘のヴィオレッタ(アナマリア・バルトロメイ)は優しい祖母に育てられながら母の帰りを待つ。ある日、突然帰ってきたアンナは、ヴィオレッタを写真のモデルへと誘う。母親に気に入られたいヴィオレッタはモデルになる事を決心。しかし、アンナの要求は徐々にエスカレートし、大胆なカットを要求される。最初はごく普通のあどけない少…

女流写真家の母アンナ(イザベル・ユペール)は仕事で滅多に家に帰ってこず、母の愛情を求める娘のヴィオレッタ(アナマリア・バルトロメイ)は優しい祖母に育てられながら母の帰りを待つ。ある日、突然帰ってきたアンナは、ヴィオレッタを写真のモデルへと誘う。母親に気に入られたいヴィオレッタはモデルになる事を決心。しかし、アンナの要求は徐々にエスカレートし、大胆なカットを要求される。最初はごく普通のあどけない少女だったが煌びやかな衣装とメイクで次第に大人の女の色香を漂わせ、退廃的な少女に変貌していく・・・

「ヴィオレッタ」に投稿された感想・評価

ヴィオレッタが母を狂わせたのか?母が狂っていたのか?
どちらにせよ子のヌードを売るなんて後者が正しいのでしょう。たとえそれがアートだとしても、インモラリストでしかないような…
でも妖艶さや色気を身につけた少女は危なっかしくて最強。むしろこの危なっかしさが少女性を高めていると感じました。
ほんでもってヴィオレッタは何着ても増しでかわいい、そして娘に負けないユペール様の佇まいのエロさに惚れた……
Shunta

Shuntaの感想・評価

4.0
終始美しかった。
フランス映画を初めて見たが、フランス語な違和感しかわかなかった
pon

ponの感想・評価

3.5
観始めから世界観が美しく見入ってしまう
美しく愛しい娘のヴィオレッタにモデルとして度を越した事を要求し娘を壊していく
お金を稼ぐ為に娘を使い被写体として愛す
母親が恐ろしい
この作品が実話である事も驚き
ななな

なななの感想・評価

3.0
世界観が美しかった。
内容は途中で飽きました
kumi

kumiの感想・評価

3.1
実話。
アートを追求しすぎる毒母イザベル・ユペールと
美しき娘アナマリア・ヴァルトロメイ、
パトロンでもあるドニ・ラヴァン。

直接的なきわどいシーンはないにせよ、
純朴な少女が他者から求められる自分の性に目覚め
艶めかしい女になるのはドキッとする。
フランス映画だいたいイザベルユペール出てきてうける(笑)

母親にヌードモデルにされる女の子の話。はじめは、衣装とかセットで着飾るのも楽しかったし、芸術を感じることができたから、ノリノリでやってたけどだんだんこれはポルノなんじゃないの!?!?ってなって嫌だ嫌だ!ってなる話。

とにかくとにかくヴィオレッタがかわいい。本当に美しい。かわいいっていうか美しい。天使みたい。本当に。イザベルユペールの声、こんなこもった感じだっけ?男の人が女を真似た声みたい。


母親は、何度も娘にジュテーム!愛してる!っていうんだけど、それは母から娘としての愛情じゃなくて、写真家から被写体への愛、手放したくない、みたいな愛だったと思う。母親は本当に愛してるつもりだったんだろうけど、それは違うなんか違うって思っちゃうよなぁ娘は、という感じ。だって最初の方で雨降ってるのに自分だけ傘さして娘入れてあげないって、その時点で母として娘を愛してないよね。とにかく娘を着せ替え人形として自分の思い通りにしてるだけって感じだった。でも自分ではそれが愛だって信じてる感じだった。


何回もあくびしちゃった。
Saki

Sakiの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ヴィオレッタちゃんが本当に雰囲気があって、絵になるし綺麗だった。
大好きなお母さんのお願いを断りきれないところが最初はもどかしかったけど、まだ子供なのに自分の意思を最後までしっかり持っていてすごいな〜と思いました。
>|