ドクター・ストレンジ:1回目バナー

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

My Little Princess

上映日:2014年05月10日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:106分
    監督
    エヴァ・イオネスコ
    脚本
    エヴァ・イオネスコ
    マルク・ショロデンコ
    フィリップ・ル・ゲイ
    キャスト
    イザベル・ユペール
    アナマリア・バルトロメイ
    ドニ・ラヴァン
    あらすじ
    女流写真家の母アンナ(イザベル・ユペール)は仕事で滅多に家に帰ってこず、母の愛情を求める娘のヴィオレッタ(アナマリア・バルトロメイ)は優しい祖母に育てられながら母の帰りを待つ。ある日、突然帰ってきたアンナは、ヴィオレッタを写真のモデルへと誘う。母親に気に入られたいヴィオレッタはモデルになる事を決心。しかし、アンナの要求は徐々にエスカレートし、大胆なカットを要求される。最初はごく普通のあどけない少女だったが煌びやかな衣装とメイクで次第に大人の女の色香を漂わせ、退廃的な少女に変貌していく・・・

    「ヴィオレッタ」に投稿された感想・レビュー

    ユキユキ
    ユキユキの感想・レビュー
    2016/12/07
    3.6
    ヴィオレッタが母を狂わせたのか?母が狂っていたのか?
    どちらにせよ子のヌードを売るなんて後者が正しいのでしょう。たとえそれがアートだとしても、インモラリストでしかないような…
    でも妖艶さや色気を身につけた少女は危なっかしくて最強。むしろこの危なっかしさが少女性を高めていると感じました。
    ほんでもってヴィオレッタは何着ても増しでかわいい、そして娘に負けないユペール様の佇まいのエロさに惚れた……
    miueri
    miueriの感想・レビュー
    23時間
    4.0
    記録
    Erika
    Erikaの感想・レビュー
    1日
    4.5
    記録
    カトコウ
    カトコウの感想・レビュー
    1日
    3.5
    娘のヴィオレッタ視点が半自伝的作品ということは実際こんな幼少時代を経た経験がいらっしゃって
    大人になってこんな美的で官能的な映画を製作していることを考えると

    一般的に批判されかねない親子環境でも何がどう本人に影響を与えるかは本人がどう吸収するかによるもんよなぁという感じ

    もともと問題ある親子関係としても
    親子としてつながろうとして撮影者と被写体の役割を担い
    娘が美少女だったために母が刺激され、美に関わる芸術家の業が加速されていっただけのこと
    撮り始めた当初の2人の何気なく戯れまじりに撮影してるところで、元は軽い気持ちなんだよなぁと思えばなおさら

    まぁ罪かどうかってところでは自分個人は周りが騒ぐだけのことじゃないのか?と思いつつも
    確かに撮影モデルばりのメイクと衣装のセクシーさで無邪気に初等教育に混じられるのはやりづらいですよね社会としては
    まみ
    まみの感想・レビュー
    2日
    3.8


    ヴァイオレッタが綺麗すぎて

    人類不平等だ

    美少女すげぇ
    saki
    sakiの感想・レビュー
    2日
    -
    記録
    ピロシキ
    ピロシキの感想・レビュー
    3日
    3.3
    大学生のころ「母親にしたい女優はイザベル・ユペール」などとツイートしていた者です

    撤回ですね

    ほんま ものすごい女優っすわ
    ゴリ
    ゴリの感想・レビュー
    4日
    4.1
    全人類がロリコンになる〜〜
    ayn
    aynの感想・レビュー
    5日
    3.5
    ヴィオレッタがとにかく美しい!
    つんちゃん
    つんちゃんの感想・レビュー
    2017/05/23
    4.0
    ヴィオレッタが美しすぎる


    世界観がすごくいい


    母に愛されたい娘と
    娘を愛しすぎた母

    愛の形が違う事で生じたズレ



    普通って何って感じ


    説明できない笑
    >|