ヴィオレッタの作品情報・感想・評価

ヴィオレッタ2011年製作の映画)

My Little Princess

上映日:2014年05月10日

製作国:

上映時間:106分

3.6

あらすじ

女流写真家の母アンナ(イザベル・ユペール)は仕事で滅多に家に帰ってこず、母の愛情を求める娘のヴィオレッタ(アナマリア・バルトロメイ)は優しい祖母に育てられながら母の帰りを待つ。ある日、突然帰ってきたアンナは、ヴィオレッタを写真のモデルへと誘う。母親に気に入られたいヴィオレッタはモデルになる事を決心。しかし、アンナの要求は徐々にエスカレートし、大胆なカットを要求される。最初はごく普通のあどけない少…

女流写真家の母アンナ(イザベル・ユペール)は仕事で滅多に家に帰ってこず、母の愛情を求める娘のヴィオレッタ(アナマリア・バルトロメイ)は優しい祖母に育てられながら母の帰りを待つ。ある日、突然帰ってきたアンナは、ヴィオレッタを写真のモデルへと誘う。母親に気に入られたいヴィオレッタはモデルになる事を決心。しかし、アンナの要求は徐々にエスカレートし、大胆なカットを要求される。最初はごく普通のあどけない少女だったが煌びやかな衣装とメイクで次第に大人の女の色香を漂わせ、退廃的な少女に変貌していく・・・

「ヴィオレッタ」に投稿された感想・評価

ヴィオレッタが母を狂わせたのか?母が狂っていたのか?
どちらにせよ子のヌードを売るなんて後者が正しいのでしょう。たとえそれがアートだとしても、インモラリストでしかないような…
でも妖艶さや色気を身につけた少女は危なっかしくて最強。むしろこの危なっかしさが少女性を高めていると感じました。
ほんでもってヴィオレッタは何着ても増しでかわいい、そして娘に負けないユペール様の佇まいのエロさに惚れた……
ゐこ

ゐこの感想・評価

2.0
家族問題とみるか、ポルノ問題とみるか。はたまた別の問題か。カメラは間違いなく擬似暴力。荒木氏のことも踏まえて言わせてもらうと真実なんてどこにもないし、大事なのは複数の視点を私たちは捉えていく以上のことをしないこと、鑑賞側は制作者の内側には入り込むべきではない。
muu

muuの感想・評価

3.3
子役や衣装などがかわいいな、と思ったぐらいかも…。
まつぼ

まつぼの感想・評価

5.0
ヴィオレッタが可愛くて魅了される映画。内容があんまり入ってこなかった。ヴィジュアルでの評価です。
あんまりおもろくなかったけど絵が綺麗。
7

7の感想・評価

3.1
記録
犬

犬の感想・評価

3.6
部屋

写真家の母アンナは多忙でめったに家に帰らず、娘のヴィオレッタは祖母に育てられながら、母の帰りを待つ日々を送っていた
そんなある日、突然帰ってきたアンナは、ヴィオレッタを写真のモデルに誘い、ヴィオレッタはモデルになることを決意
しかし、母の要求は次第にエスカレートし、大胆なポーズを要求され....

母親が娘のヌードを撮影して物議をかもした1977年の写真集「エヴァ」の被写体で、モデル・女優として知られるエヴァ・イオネスコが、写真集の発表から34年を経て写真家の母イリナとの実話を映画化したドラマ

母アンナ役はフランスの名優イザベル・ユペール
撮影当時10歳だった新人アナマリア・バルトロメイが、大人の色香と退廃的なムードを漂わせていく少女ヴィオレッタを演じた

これが芸術ですかね〜

母と娘
彼女たちの運命やいかに⁉︎

表現の自由か、親の責任か
物議を醸しますね〜

学校では周りの子と一線を画す
あの純粋無垢な少女はどこへやら

アナマリア・バルトロメイが大人の色気!
あの年で難しい役を見事に演じていた

とりあえず、スゴい家族でした
実話を元にしてるのがビックリ。
監督されてる方の実話らしい。

子供にとって、腐っても親。
小さい頃は特に親が100%正解だと思ってしまうからこそ、危険だと思った。
アダルトチルドレンはこうやってできてくんだろな。親は悪気がなく、子供を自分のものだと思い込んで。
衣装美術の良さとヴィオレッタの可愛さが相まって観てるだけでクラクラした
会話と会話の間、表情と感情の間、その間を上手く掬いながら見ないと2人のこと何も分かれないような映画だった

今問題になってることと凄く重なって、少女のすり減ってく姿を見てるの凄く辛い。
全てを”芸術”と呼んでおざなりにするような芸術家にだけはどうか騙されないで欲しいと切に願う、美少女崇拝委員の者です。
>|