ヴィオレッタの作品情報・感想・評価

「ヴィオレッタ」に投稿された感想・評価

ニシ

ニシの感想・評価

3.3
70年代くらいの映画かと思ったら現代の映画でビックリ。ヴィオレッタの美しさ以上に残酷で重いテーマの映画だった。
エロスと芸術は紙一重、永遠のテーマ。特に少女のヌードは…
ただ、絵画じゃなく写真だともっと罪は重いかも。あとは時代か…
監督の実話ということだが、こんな複雑なドロドロした話を映画化するところを見ると、この母にしてこの子ありという気もする。
美しすぎると魔に魅入られるね。
おはぎ

おはぎの感想・評価

4.0
10月20本目
とにかくとにかくヴィオレッタが終始美しい。可愛いではなく美しい。当時10歳とは思えないほどフェロモンに溢れてる。10歳に何させてんだよって感じだけど実話なんだね。信じられない。
肝心のストーリーの方は母親のエゴにずっとイライラしたけどヴィオレッタに免じてプラス1点で。
Hibiki

Hibikiの感想・評価

4.5
かわいい!!!!!
脚本も面白い
ib

ibの感想・評価

2.7
複雑
ひたすらヴィオレッタが綺麗
moe214

moe214の感想・評価

-
撮影時10歳って…。衝撃。
美しすぎるわ。
さえ

さえの感想・評価

4.0
ヴィオレッタかわいすぎる とくにパープルとイエローの服の時
ずえこ

ずえこの感想・評価

3.2
私用記録。
✒︎んーーー女の子はめちゃめちゃに可愛いけど、うーーーーん。

✒︎これって実話なのかなぁ、、、なんかあり得そうなお話。
aiioi

aiioiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

親子の関係性のお話。

児童虐待のニュースが多くて悲しくなる。暴力は肉体的なものだけではなくて、精神的なものもある。後者は外からは分かりにくいし、より複雑なのかもしれない。

両親との関わり方は千差万別だけれど、この親子の場合はそれが写真だったということのようだ。母親は写真を通して自分の娘を愛おしんでいたけど、娘は母が自分を商売道具として利用していると感じた。芸術というフィルターを通じてしか娘を愛せない母親とありのままを愛してほしい娘。互いに気持ちがすれ違っているのは明らか。そんな歪んだ親子関係が作品として表面化しているにもかかわらず、それを評価・称賛する人がふたりの関係を拗れさせているように見えた。

母親が愛したのは少女である娘の身体で自分自身ではなかった。施設に入ったあと、女性らしい豊かな髪は少年のような短髪に、威嚇するような濃いアイラインで武装したヴィオレッタの姿は母に対する挑戦かな。「こんな私でも愛してみろ」と。
Suzuka

Suzukaの感想・評価

3.6
娘よりも母よりも、孫の無事を願って健気に毎日神に願う祖母が一番美しかったんじゃないでしょうか...
ミー

ミーの感想・評価

3.4
ヴィオレッタ恐ろしく可愛い…
この役をやらせた親も結構凄いと思う
いくら子役でもそういう目で見られてしまうというのに…

やっぱり娘は自分の物という感覚なんだね、金と名声に目が眩んで何でもさせるという人間のクズのような母親
>|