トカレフの作品情報・感想・評価 - 18ページ目

トカレフ2014年製作の映画)

Tokarev

上映日:2014年06月07日

製作国:

上映時間:98分

2.7

あらすじ

愛娘のために犯罪から足を洗い、妻と娘と幸せな生活を送っていたポール(ニコラス・ケイジ)。 しかし幸せな人生は一瞬にして地獄と化す。たった一発のソビエト製TT-33トカレフの銃弾で最愛の娘が何者かに殺害されたのだ。途方もない悲しみは、やがて歯止めのきかない怒りへと変わり壮絶な復讐劇を開始する―トカレフに秘められた謎、張り巡らされた罠、躍動する狂気―娘の死の背後に潜む驚愕の真実が明らかになった時、…

愛娘のために犯罪から足を洗い、妻と娘と幸せな生活を送っていたポール(ニコラス・ケイジ)。 しかし幸せな人生は一瞬にして地獄と化す。たった一発のソビエト製TT-33トカレフの銃弾で最愛の娘が何者かに殺害されたのだ。途方もない悲しみは、やがて歯止めのきかない怒りへと変わり壮絶な復讐劇を開始する―トカレフに秘められた謎、張り巡らされた罠、躍動する狂気―娘の死の背後に潜む驚愕の真実が明らかになった時、闇に葬り去ったはずの悪魔が目を覚ます―

「トカレフ」に投稿された感想・評価

Donatello

Donatelloの感想・評価

2.5
映画を何本か観てると、定期的に「それまで良かったのに終盤で台無しにする作品」というのに出会うわけですが、まさかのニコラス・ケイジさん主演作でくるとはよもや思いませんでした。
とはいえ『ウィッカーマン』のような前例があるので、どこか疑心暗鬼ではあったんですけど。
最近ラジー賞の常連ですしね。

個人的にとてつもなく酷い終わり方だと思いますが、逆にだからこそ面白いと評価する人がいても理解できるという、心境的に複雑なものを抱えてしまうプロットです。

まぁいずれにせよストーリー抜きにしたところでニコラス・ケイジさんのアクションもなんだかいまいちで、落ち目を装って『エクスペンダブルズ4』のメンバー入りを画策してるんじゃないかと思われるレベル。

これなら正直『ゴーストライダー』や『ナショナル・トレジャー』の三作目でも作ってもらったほうが余程有意義な気はしましたね。

自慢フェラーリコレクションが更に差し押さえられる前になんとか復活してほしいものです。
picory

picoryの感想・評価

2.2
可もなく不可もなく、よくある復讐劇的な。特に印象に残るシーンもなかった
もう全部嫌い。
あの陳腐なカーアクションはないよ。何がしたいのかよく分からないバイク。その前に何人も殺してんだからぶつかってどかせばいいのに。
音楽もなんだかなぁ。
脚本家、2人がかりでこの話の出来か…。

このレビューはネタバレを含みます

劇場鑑賞(2014.6.8)。
映像や雰囲気など見どころはあるのかもしれませんが、ごめんなさい、合いませんでした。
「因果応報」を描きたかった、そういうことなんですかね…。この、誰も幸せにならないお話…。
登場人物誰にも感情移入できず、私にとっては後味の悪さだけを抱えてモヤモヤだけが残ってしまった映画でした。
ロシアンマフィアさんたち、あんなあらぬ疑いをかけられて仲間をたくさんやられたらそら怒るわ。
ということで、その日の帰りはロシア料理を食べて帰りました。
ニコラス・ケイジの映画は最近外れが多いのでこちらも期待せずに見たらなかなかの掘り出し物でした!ただの復讐物じゃなかったんですねw
@記録/映画館
他の映画にはないようなストーリー、結末
最後まで飽きる事なく楽しめた
ニコラスケイジの復讐サスペンス。アクションも見応えあり。ストーリー的にはよくある感じで、疑問に思うところもあるけど、ニコラスケイジが好きなら満足出来るんじやないかな。
はまー

はまーの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

いつものニコラスぽくない話。主演のニコラスよりも物語にスポットを当ててるというか。罪の意識を抱えることは、関係のないことに過敏に反応し、周りの人間を巻き込み破滅の道に進むというか、というか因果応報のうねりの中に自ら飛び込んでしまうというか。
最近のニコラス映画の中では考えることがあった作品。
あと映像に結構凝ってた。
G行為

G行為の感想・評価

3.0
よくある復讐ものアクションを気楽に楽しもうと思っていたら、考えうる結末のなかで一番選択しないであろうオチ。
決して意外性があるというものではない。しかしそれは、言い変えれば他の作品にはない結末とも言える。
背後に人の気配は感じてたのに膝カックンされたかのよう。そんな映画だ。
あと、ニコラスケイジの頭髪の量が増えた?…ように感じた。
一昨日、映画で見ました。
トカレフと言うのは、ソビエト製の銃弾です。