リスボンに誘われて(2012年製作の映画)

Night Train to Lisbon

上映日:2014年09月13日

製作国:
  • ドイツ
  • スイス
  • ポルトガル
  • / 上映時間:111分
    監督
    ビレ・アウグスト
    脚本
    グレッグ・ラター
    ウーリッチ・ハーマン
    キャスト
    ジェレミー・アイアンズ
    メラニー・ロラン
    ジャック・ヒューストン
    マルティナ・ゲデック
    トム・コートネイ
    アウグスト・ディール
    ブルーノ・ガンツ
    レナ・オリン
    ブルクハルト・クラウスナー
    ニコラウ・ブレイネ
    シャーロット・ランプリング
    ベアトリス・バタルダ
    あらすじ
    スイス・ベルンの古典文献学教師ライムント・グレゴリウス、57 歳。多様な言語に精通し、チェスの名士で、同僚 や生徒から畏敬される存在。学校へと向かうある嵐の朝、グレゴリウスは橋から飛び降りようとする赤いコートを 着たポルトガル人女性に出会う。彼女が持っていた一冊の本を手にしたことがきっかけで、ライムントは何かに取 りつかれたようにリスボン行きの夜行列車に飛び乗った。リスボンで、著者アマデウ・デ・プラドの妹や親友を訪 ね歩くにつれて、アマデウの人生が徐々に明らかになっていく。独裁体制下の激動の日々を生きたアマデウの誇り、 苦悩、レジスタンスの同志との友情と裏切り、生涯の恋、そして本を著した理由。アマデウの人生を辿るその旅は、 ライムント自身の人生を見つめ直す旅でもあった。旅の終わり、ライムントが見つけたものとは―!?

    「リスボンに誘われて」に投稿された感想・評価

    1冊の本と出会い、そこに書かれた物語をくぐり抜ける。その過程で読み手の心境やものの見方に少しずつ変化が起こり、その本を読んだあとでは読み手の人生の有り様や世界の成り立ち方が大きく変わって見える。そんなふうに1冊の本を読むことで人生の方向が大きく変わったという経験は、読書する人なら多くの人が体験したことがあるだろう。

    映画『リスボンに誘われて』は、主人公の老教師グレゴリウスがたまたま1冊の本を手にすることからはじまる物語。死と背中合わせに書かれた1冊の本が読む者の心をとらえ、人生をよりよき方向に導くことを描く。

    「人生の重要な分岐点、生き方が永久に分かれる瞬間に騒々しい演出があるわけでもない。実際は人生に変化をもたらすものは、密やかに忍び寄る」。本作に登場する本の著者・アマデウの言葉のとおり、グレゴリウスの人生もまた変化をしてゆく。まるで本を読むときのように、ゆっくりと。それは本人が気付かないくらいに密やかに。本作はその変化の軌跡を描く。

    だからこそ、グレゴリウスがそれまで歩んできた人生をもっと描いても良かったのではないか、という物足りなさを感じる点が少し残念ではある。いくら人生に倦怠を感じているとはいえ、グレゴリウス自身も年齢を重ね、別れた妻との生活や高校の教師生活で積み重なったものがあるはずだ。そのあたりの描写がもっと丁寧にあれば、本作はより深みのある映画になっただろう。
    私はなぜかジャケットから勝手にサスペンスだと思って観たら全然違った…

    私もこんな風に何かにひかれるように遠いどこかに行ってみたいな、旅をして、繋がりが生まれる。淡々としながら、しっかりとしたストーリー展開。大人の時間。美しい映画だった。
    スイスのベルンでしがない教師をしていた主人公。
    学校に行く途中、橋から飛び降りようとする女性を助ける。
    その女性はどこかに行ってしまい、着ていたコートに残された1冊の本を読みながら、入っていたリスボン行の夜行列車に乗る。

    そして、その本の著者を訪ねる。
    著者は若いうちに亡くなっていた。
    その本に出てくる今は年老いた仲間を訪ねて、彼らの若いときの革命への気持ちを知って行く。

    ポルトガルに革命があったことも知らなかった私は、一度調べてみた。
    無血とはいえ、拷問にあって亡くなった人もいたのだ。
    その革命が起こる少し前の話しだと分かった。

    こんな血の気のあふれる人生を歩まず、元妻には退屈だと言われた主人公。
    リスボンであなたは退屈じゃないわと知り合った女性に言われて、たぶん、ここで生きていくんだろうなで終わる。
    主人公の人生はこれからだ。
    ジェレミーの抑えた演技が光る大人の映画ってとこかな。
    ただ、描写がちょっと手薄な気がして私には消化不良。でも、雰囲気を楽しむ映画だとしたら悪くない。
    なんとも言えない、哲学的な映画 なのかな?
    ジェレミー アイアンズが大好きで観た映画…^^*

    良い映画でした(´︶`艸)♡

    メラニー ロランがレナ オリンになったのはちょっとビックリでした(軽い違和感(^-^;全然似てないお2人なので…(^-^;)

    終わり方も素敵😍
    ライムント…^^*これから幸せな充実した日々を送って欲しい😍眼科の先生と…^^*
    彼の過去を紐解く為に探り巡る
    観れば観るほど深くなっていく

    自分の不甲斐なさを感じた時に…
    観ました。ちょっと真実味にかけてて入り込めませんでした。
    >|