リスボンに誘われての作品情報・感想・評価

リスボンに誘われて2012年製作の映画)

Night Train to Lisbon

上映日:2014年09月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

スイス・ベルンの古典文献学教師ライムント・グレゴリウス、57 歳。多様な言語に精通し、チェスの名士で、同僚 や生徒から畏敬される存在。学校へと向かうある嵐の朝、グレゴリウスは橋から飛び降りようとする赤いコートを 着たポルトガル人女性に出会う。彼女が持っていた一冊の本を手にしたことがきっかけで、ライムントは何かに取 りつかれたようにリスボン行きの夜行列車に飛び乗った。リスボンで、著者アマデウ・デ・…

スイス・ベルンの古典文献学教師ライムント・グレゴリウス、57 歳。多様な言語に精通し、チェスの名士で、同僚 や生徒から畏敬される存在。学校へと向かうある嵐の朝、グレゴリウスは橋から飛び降りようとする赤いコートを 着たポルトガル人女性に出会う。彼女が持っていた一冊の本を手にしたことがきっかけで、ライムントは何かに取 りつかれたようにリスボン行きの夜行列車に飛び乗った。リスボンで、著者アマデウ・デ・プラドの妹や親友を訪 ね歩くにつれて、アマデウの人生が徐々に明らかになっていく。独裁体制下の激動の日々を生きたアマデウの誇り、 苦悩、レジスタンスの同志との友情と裏切り、生涯の恋、そして本を著した理由。アマデウの人生を辿るその旅は、 ライムント自身の人生を見つめ直す旅でもあった。旅の終わり、ライムントが見つけたものとは―!?

「リスボンに誘われて」に投稿された感想・評価

のび

のびの感想・評価

3.0
1冊の本と出会い、そこに書かれた物語をくぐり抜ける。その過程で読み手の心境やものの見方に少しずつ変化が起こり、その本を読んだあとでは読み手の人生の有り様や世界の成り立ち方が大きく変わって見える。そんなふうに1冊の本を読むことで人生の方向が大きく変わったという経験は、読書する人なら多くの人が体験したことがあるだろう。

映画『リスボンに誘われて』は、主人公の老教師グレゴリウスがたまたま1冊の本を手にすることからはじまる物語。死と背中合わせに書かれた1冊の本が読む者の心をとらえ、人生をよりよき方向に導くことを描く。

「人生の重要な分岐点、生き方が永久に分かれる瞬間に騒々しい演出があるわけでもない。実際は人生に変化をもたらすものは、密やかに忍び寄る」。本作に登場する本の著者・アマデウの言葉のとおり、グレゴリウスの人生もまた変化をしてゆく。まるで本を読むときのように、ゆっくりと。それは本人が気付かないくらいに密やかに。本作はその変化の軌跡を描く。

だからこそ、グレゴリウスがそれまで歩んできた人生をもっと描いても良かったのではないか、という物足りなさを感じる点が少し残念ではある。いくら人生に倦怠を感じているとはいえ、グレゴリウス自身も年齢を重ね、別れた妻との生活や高校の教師生活で積み重なったものがあるはずだ。そのあたりの描写がもっと丁寧にあれば、本作はより深みのある映画になっただろう。
綿

綿の感想・評価

3.3
ミステリーではありませんでした!!
私も人生を一変させるような本や映画に出会いたいないつか。
4

4の感想・評価

4.7
永遠の生は地獄だ。

これはホントに大好きな映画。
アマデウの卒業スピーチが好き。


「教会なき世界に安住はない。
軍服より教会の美と気高さが必要です。
聖書の力強い言葉を愛する。
その詩的な力が言葉の堕落とスローガンの独裁に対抗するために必要です。
また安住のない世界では個人の思考が粉砕され
極上の体験が罪とされます。
暴君と抑圧者と暗殺者に愛を要求される世界です。
不条理にも、人々は要求される。
これらのケダモノを許し愛するようにと。
だから聖書は脇へ押しやるだけでなく打ち捨てるべきです。
それは聖人ぶった神の言葉だから。
神は遍在し昼夜なく我らを観察する。
行動と思考を観察する。
だが秘密なき人間とは?
秘めた思考と希望なくして人間と言えるのか?
神はその好奇心で我らの魂を奪うことを恐れないのか
不死であるはずの魂を!
だが不死を欲する者がいるだろうか。
今日、今月、そして今年何が起きても、意味がなくなるというのに。
永遠の生を知る者はいない。
それこそが恩恵です。
はっきりしているのは、
永遠の生は地獄だということです。
死だけが生の瞬間に美と恐怖を与える。
死の存在が時間を輝かせる。
なぜ神は永遠をもって我らを脅かすのか?
永遠は耐え難い荒野なのに。
教会なき世界に安住はない。
高窓の輝きと冷ややかな静寂が必要です。
圧倒的な沈黙が必要です。
言葉の神聖さと詩の壮大さが必要です。
それと同じくらい、世の全ての残酷さに対抗できる自由が必要です。
だからどちらかを選べと私に迫らないでください」
言葉一つ一つに考えさせられる。印象に残ったのは人はそこを離れてもその人の一部はそこにあるままであり、人はいつからか自分自身の中に旅に出る。というもの。

ラスト好き。全体を通して景色が素晴らしい。
kiko

kikoの感想・評価

3.2
素敵♪
CHICK

CHICKの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

We leave something of ourselves behind when we leave a place. We stay there, even though we go away. And there are things in us that we can find again only by going back there. We travel to ourselves when we go to a place. Now we have covered the stretch of our lives, no matter how brief it may have been.

http://m.imdb.com/title/tt1654523
夏茄子

夏茄子の感想・評価

3.7
昔の人が自分と同じ事を考えて本にしていて、偶然の出会いから、旅に出るって素敵
私も出会いたい
50代後半で、それまでつかまれたことのなかった"ある種の手"につかまれたしまった男。

物語の筋を追ってもあまり魅力が浮かばないのは、この作品の趣がすべて、たぶんリスボンという街に委ねられているからだ。『アンクワイエット・トラベラー』で、ピアニストのアンデルシェフスキが向かったのもリスボン。

日本の感覚でいうとどこだろうと想像する。大林宣彦監督の描く尾道だろうか…それとも、ある時代の長崎かもしれない。
スミカ

スミカの感想・評価

3.5
原作はスイスの哲学小説。
物語の最初は冷たい雨で、旅の終着では明るい日差しだったのが印象に残った。
ジャンルがサスペンスになっているが
サスペンス的要素はほぼ感じられず
何となく先の展開が読めてしまうのが残念…
静かな雰囲気のある
大人の映画。


◇◇鑑賞記録・あらすじ引用◇◇
高校の古典文献学教師のライムントは、孤独で単調な日々を過ごしていたが、不満に感じることはなかった。ある日、偶然手にした本にすっかり魅了された彼は本の著者アマデウを追ってリスボンへ旅立つ。旅先でアマデウの家族や友人を訪ね歩き彼の素顔、そして本を書いた訳が明らかになるつれ、ライムント自身の人生にも変化が生じる。
>|