リスボンに誘われての作品情報・感想・評価

リスボンに誘われて2012年製作の映画)

Night Train to Lisbon

上映日:2014年09月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

スイス・ベルンの古典文献学教師ライムント・グレゴリウス、57 歳。多様な言語に精通し、チェスの名士で、同僚 や生徒から畏敬される存在。学校へと向かうある嵐の朝、グレゴリウスは橋から飛び降りようとする赤いコートを 着たポルトガル人女性に出会う。彼女が持っていた一冊の本を手にしたことがきっかけで、ライムントは何かに取 りつかれたようにリスボン行きの夜行列車に飛び乗った。リスボンで、著者アマデウ・デ・…

スイス・ベルンの古典文献学教師ライムント・グレゴリウス、57 歳。多様な言語に精通し、チェスの名士で、同僚 や生徒から畏敬される存在。学校へと向かうある嵐の朝、グレゴリウスは橋から飛び降りようとする赤いコートを 着たポルトガル人女性に出会う。彼女が持っていた一冊の本を手にしたことがきっかけで、ライムントは何かに取 りつかれたようにリスボン行きの夜行列車に飛び乗った。リスボンで、著者アマデウ・デ・プラドの妹や親友を訪 ね歩くにつれて、アマデウの人生が徐々に明らかになっていく。独裁体制下の激動の日々を生きたアマデウの誇り、 苦悩、レジスタンスの同志との友情と裏切り、生涯の恋、そして本を著した理由。アマデウの人生を辿るその旅は、 ライムント自身の人生を見つめ直す旅でもあった。旅の終わり、ライムントが見つけたものとは―!?

「リスボンに誘われて」に投稿された感想・評価

のび

のびの感想・評価

3.0
1冊の本と出会い、そこに書かれた物語をくぐり抜ける。その過程で読み手の心境やものの見方に少しずつ変化が起こり、その本を読んだあとでは読み手の人生の有り様や世界の成り立ち方が大きく変わって見える。そんなふうに1冊の本を読むことで人生の方向が大きく変わったという経験は、読書する人なら多くの人が体験したことがあるだろう。

映画『リスボンに誘われて』は、主人公の老教師グレゴリウスがたまたま1冊の本を手にすることからはじまる物語。死と背中合わせに書かれた1冊の本が読む者の心をとらえ、人生をよりよき方向に導くことを描く。

「人生の重要な分岐点、生き方が永久に分かれる瞬間に騒々しい演出があるわけでもない。実際は人生に変化をもたらすものは、密やかに忍び寄る」。本作に登場する本の著者・アマデウの言葉のとおり、グレゴリウスの人生もまた変化をしてゆく。まるで本を読むときのように、ゆっくりと。それは本人が気付かないくらいに密やかに。本作はその変化の軌跡を描く。

だからこそ、グレゴリウスがそれまで歩んできた人生をもっと描いても良かったのではないか、という物足りなさを感じる点が少し残念ではある。いくら人生に倦怠を感じているとはいえ、グレゴリウス自身も年齢を重ね、別れた妻との生活や高校の教師生活で積み重なったものがあるはずだ。そのあたりの描写がもっと丁寧にあれば、本作はより深みのある映画になっただろう。
Ayk

Aykの感想・評価

3.3
記録
Tuka

Tukaの感想・評価

3.9
やりと純に知的な現代映画。なかなか稀な路線では?
yume

yumeの感想・評価

3.5
4年前、劇場で予告を観てから何となく気になっていた作品
今一番行きたい国、ポルトガルの街並みが素晴らしいこと…ドラマチックな展開に相応しい街並みだった
激動の時代の波に揉まれながら、生きること、人を愛することに全力だった彼らのエネルギーが眩しくて羨ましくて、思わず自分の人生と比べてしまうライムントの気持ちが分かる
あとアマデウが綴る言葉も良かった、今の自分には彼が主張する無神論の方がしっくり来るな
rob

robの感想・評価

-
2015/11/21
妻と別れ、毎日平凡で孤独な日々を送る主人公ライムントが、ある女性が残したリスボン行きの切符と1冊の本に出会ったことから始まる。今まで凡庸に生きてきた彼が見せる衝動的な行動に驚くあまりですが、物静かで時間が止まったようなゆっくりとした展開にだんだん惹き込まれていきます。ラスト5分は何とも秀逸…しっとりと余韻が残る素敵なラストシーンだったと思います。上質でほろ苦い、大人の映画。
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📀✒️📑
きょ

きょの感想・評価

3.7
1冊の本をきっかけに、ある人物をめぐる過去を1人の男性が紐解く話

てっきり冒頭の赤いコートの女性とのラブストーリーだと思いこんでたけど物語の展開は意外だった!
納得いくとか、スッキリするとかそういうラストではないけど、惹きつけられる映画で私は最後まで好きだった!
Hayaki

Hayakiの感想・評価

4.3
橋から飛び降りようとしてる見知らぬ女性、置き忘れたコート、ポルトガル語で書かれた本、本に挟まれていた列車のチケット、壊れたメガネ、小さい物事が全て今と未来に繋がる

台詞も詩的で、
若い時は皆、不死であるかのように生きる〜の一節が良かった
原作も読みたい

キリストが電気椅子によって死んでたら、、、

ジェレミーアイアンズが渋すぎてこんな初老になりたい

うとうとしちゃった…
(´-ω-`)))コックリコックリ
渋かった〜
なんとなくきれい
>|