リスボンに誘われて(2012年製作の映画)

Night Train to Lisbon

上映日:2014年09月13日

製作国:
  • スイス
  • ドイツ
  • ポルトガル
  • / 上映時間:111分
    監督
    ビレ・アウグスト
    脚本
    グレッグ・ラター
    ウーリッチ・ハーマン
    キャスト
    ジェレミー・アイアンズ
    メラニー・ロラン
    ジャック・ヒューストン
    マルティナ・ゲデック
    トム・コートネイ
    アウグスト・ディール
    ブルーノ・ガンツ
    レナ・オリン
    ブルクハルト・クラウスナー
    ニコラウ・ブレイネ
    シャーロット・ランプリング
    ベアトリス・バタルダ
    あらすじ
    スイス・ベルンの古典文献学教師ライムント・グレゴリウス、57 歳。多様な言語に精通し、チェスの名士で、同僚 や生徒から畏敬される存在。学校へと向かうある嵐の朝、グレゴリウスは橋から飛び降りようとする赤いコートを 着たポルトガル人女性に出会う。彼女が持っていた一冊の本を手にしたことがきっかけで、ライムントは何かに取 りつかれたようにリスボン行きの夜行列車に飛び乗った。リスボンで、著者アマデウ・デ・プラドの妹や親友を訪 ね歩くにつれて、アマデウの人生が徐々に明らかになっていく。独裁体制下の激動の日々を生きたアマデウの誇り、 苦悩、レジスタンスの同志との友情と裏切り、生涯の恋、そして本を著した理由。アマデウの人生を辿るその旅は、 ライムント自身の人生を見つめ直す旅でもあった。旅の終わり、ライムントが見つけたものとは―!?

    「リスボンに誘われて」に投稿された感想・レビュー

    のび
    のびの感想・レビュー
    2016/07/16
    3.0
    1冊の本と出会い、そこに書かれた物語をくぐり抜ける。その過程で読み手の心境やものの見方に少しずつ変化が起こり、その本を読んだあとでは読み手の人生の有り様や世界の成り立ち方が大きく変わって見える。そんなふうに1冊の本を読むことで人生の方向が大きく変わったという経験は、読書する人なら多くの人が体験したことがあるだろう。

    映画『リスボンに誘われて』は、主人公の老教師グレゴリウスがたまたま1冊の本を手にすることからはじまる物語。死と背中合わせに書かれた1冊の本が読む者の心をとらえ、人生をよりよき方向に導くことを描く。

    「人生の重要な分岐点、生き方が永久に分かれる瞬間に騒々しい演出があるわけでもない。実際は人生に変化をもたらすものは、密やかに忍び寄る」。本作に登場する本の著者・アマデウの言葉のとおり、グレゴリウスの人生もまた変化をしてゆく。まるで本を読むときのように、ゆっくりと。それは本人が気付かないくらいに密やかに。本作はその変化の軌跡を描く。

    だからこそ、グレゴリウスがそれまで歩んできた人生をもっと描いても良かったのではないか、という物足りなさを感じる点が少し残念ではある。いくら人生に倦怠を感じているとはいえ、グレゴリウス自身も年齢を重ね、別れた妻との生活や高校の教師生活で積み重なったものがあるはずだ。そのあたりの描写がもっと丁寧にあれば、本作はより深みのある映画になっただろう。
    gel
    gelの感想・レビュー
    1日
    4.1
    なかなか上質な映画
    shin
    shinの感想・レビュー
    1日
    3.0
    そんなにすぐ、ほったらかして行く?
    感が最後まで残ってしまった。

    眼科の先生役のマルティナゲデックのいい熟女感が◎
    エンディングがいいです。
    tottochan
    tottochanの感想・レビュー
    4日
    1.0
    インテリぶった陰気臭いゲイみたいなメガネジジィを始めとした登場人物全体が、気持ち悪くて無理でした。口先だけで信念のない奴らと映像の重さのミスマッチ感もイライラするし、、、。個人の好みでスミマセンが自分にはヘドが出るくらい無いですこの作品。
    部長侍
    部長侍の感想・レビュー
    2017/04/13
    4.0
    序盤★3.5 中盤★4.5 終盤★4

    雨の日に女性が橋から飛び降りようとしている…
    っというところだけ予告編で見てチェックしようと思ったので、
    もの凄く暗く重い文学的な話かと思っていたら、冒頭から少しの間はそんな雰囲気ですが、
    ちょっとコミカルなシーンもあり、いぶし銀俳優たちのシブさ、いぶし銀な微笑ましさ、いぶし銀な悲哀、いぶし銀な希望等々のいぶし銀要素満載で面白かった♪

    一番印象に残っているのが主人公がメガネを新調するシーンで、
    レンズの焦点が合い視界がクリアになるのと、
    今の人生の目的にも焦点が合い視界がクリアになるのも含んだ台詞と演出がオシャレで好みでした。

    血の出るシーンがちょっとグロくもう少し撮り方を考えて欲しかったけど、
    緩急が効いてバラエティーに富んだ内容と展開で満足!

    メインの舞台はポルトガルですが、イギリス人、フランス人、ドイツ人、スイス人、スウェーデン人、ポルトガル人…etc.っと様々な国籍のいぶし銀俳優たちが本作には出演しており、非常に面白く豪華なキャスティングだ♪

    2017年157本目
    高橋涼介
    高橋涼介の感想・レビュー
    2017/04/08
    3.1
    妻と離婚した古典文学を教えるライムント・グレゴリウスは、毎日が同じことの繰り返しだった。
    ある日、自殺を試みる女性を救ったことがきっかけで、その女性が落とした本を手掛かりにリスボンへ行くことになる。
    本の作者を訪れ、その本の作者が生きたスペイン独立戦争の彼が生きた人生に思いを馳せる。
    Seika
    Seikaの感想・レビュー
    2017/04/07
    2.9
    なんでみんな英語なの笑
    がっつりリスボンで撮影しているのに可笑しくてあんまり内容入って来なかった。
    作ってる感、がしてしまって。

    せめて、ポルトガル人同士で話すときはポルトガル語にしようよ〜
    おじいちゃん達がカタコトの英語で話してたり、昔の再現をするときにカタコトの英語でレジスタンスについて語っててもなんもポルトガルへの愛情は感じない。
    映画の内容が薄くなった

    その土地に合った言葉があって、その土地になりうるのに、景色だけじゃ...

    ただ、景色はいい。
    ezfm
    ezfmの感想・レビュー
    2017/04/05
    3.3
    ポルトガルが70年代まで独裁政権だったのを初めて知った。

    何故か皆英語を話すのが不自然で、展開もちょっとご都合主義な感じが。
    mugi0626
    mugi0626の感想・レビュー
    2017/04/04
    4.0
    偶然出会った彼女のコートの中にあった本に導かれるように作者について知っていく主人公。
    あそこでメガネが壊れなきゃあの出会いもないしね。
    もう運命だよね。
    徐々にわかっていく作者の人生も退屈せず最後まで楽しめました。
    静かなジェレミーが凄くいい。素敵。
    Nana
    Nanaの感想・レビュー
    2017/04/02
    4.0
    静かで雰囲気が良い映画だった
    >|