CORO3

紙の月のCORO3のレビュー・感想・評価

紙の月(2014年製作の映画)
3.5
DVDで鑑賞。
宮沢りえの演技が良い。
池松壮亮のヒモに成り下がる様とか、小林聡美の鋭さとか。

人間、一度足を踏み外すと転がるように落ちて行くんだなぁ。
だんだん手口も大胆になるし、女って怖いなぁ。

池松壮亮に裏切られ、だんだんやつれて行くさまは、見てられないぐらい。

宮沢りえの全力疾走のシーンは、名シーンだと思う。

最後は、ちょっとありえねーとは思ったけど、なかなか面白かった。

それと、田辺誠一が画伯でない所が見れた(笑)