DAIKI

紙の月のDAIKIのレビュー・感想・評価

紙の月(2014年製作の映画)
3.8
欲望は人を狂わせる。拍車がかかればそれを抑えることはできない。
宮沢りえの幸薄そうな表情がなんともそれを引き立ててて恐ろしくなる。
他にも横領をした時のBGMの躍動感とかすごく合ってたのもあって、けっこう面白い映画だった。

金遣いの荒い自分には非常に毒であったが、妙にシンクロしてしまうね(笑)

《ニセモノだっていいじゃない。綺麗なんだから。》
人は目先の欲に囚われがちである。一寸先が闇とも知らずに。