ShoTakanashi

紙の月のShoTakanashiのレビュー・感想・評価

紙の月(2014年製作の映画)
2.5
いやぁ、雑なんだよなぁ。
池松くんとのきっかけが雑過ぎなんだよなぁ。
それが納得いかないから、その後の展開にもムリがあり過ぎなんですよ。

元々天邪鬼の私は全盛期の頃から宮沢りえがキレイと思ったことが一度もなく。
当然本作でもなく。
だから、最後まで入り込めなかったってのはありますね。

最後とかよくわかんねぇし。

ただ、
緊張感の出し方
演出
だんだん変わっていく宮沢りえ
小林聡美のバツグンの存在感(この方がいないとお話が成り立ちません)
等、見所は多数です。

あ、面白くはないです。