みじんコ

紙の月のみじんコのレビュー・感想・評価

紙の月(2014年製作の映画)
3.5
角田光代著作、サスペンス小説の映画化作品。
夫婦生活に不満をもっていた銀行員宮沢りえが大学生と不倫関係となり、その関係に貢ぐ為に度を超した横領に手を染めてゆく。

人間にとって他人に施しを行う善行は得難い快感であり、主人公は次第にその万能感に中毒になってゆく… 人は『人の為にならば』罪を犯しても良心の呵責は感じないという恐ろしさ… しかしその万能感は所詮、幻であり自分の身に残ることは無い、だがそれがわかっていたとしても依存し続けなくてはならない程に人は寂しい生き物であるのだ…とこの映画は描いている。

リーマンショックのような企業ぐるみの金融詐欺は罪に問われず、個人でそれを行うと犯罪として問われる、その差とはいったい何なのか?

どちらも自分の欲望を満たす為に人の信用を食い物にする行為なのに…