紙の月の作品情報・感想・評価

紙の月2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

1994年。梅澤梨花は、子どもには恵まれなかったものの夫と穏やかな日々を送り、契約社員として働く「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上から高い評価を得ていた。一見、何不自由のない生活を送っている梨花だが、自分への関心が薄く、鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある日、外回りの帰り道にふと立ち寄った、ショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りな…

1994年。梅澤梨花は、子どもには恵まれなかったものの夫と穏やかな日々を送り、契約社員として働く「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上から高い評価を得ていた。一見、何不自由のない生活を送っている梨花だが、自分への関心が薄く、鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある日、外回りの帰り道にふと立ち寄った、ショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りないことに気づいた梨花が手を付けたのは、顧客からの預かり金の内の1万円。銀行に戻る前に、すぐに自分の銀行口座から1万円を引き出して袋の中に戻したが、これがすべての始まりだった…。梨花の感覚と日常が少しずつ歪み、暴走をし始める—。疑いの目を向けられ、追い詰められた梨花が取った行動とは?そしてその先に彼女が見たものとは……。

「紙の月」に投稿された感想・評価

記録
宮沢りえさん、とても素敵。
小林聡美さんの言葉ひとつひとつが胸に刺さります。お金とは自由とは考えさせられました。
kouhei

kouheiの感想・評価

3.5
こんなしょうもない動機で浮気する人が実際いるんだとしたらこの世は腐っとるわ!!!
nana

nanaの感想・評価

-
いろいろな人におすすめされてやっと観ました。面白かったです。
あかね

あかねの感想・評価

3.4
お金こわい。
kenpi

kenpiの感想・評価

3.1
お金は人を幸福にしてくれるけど、お金だけでは幸せになれないんだな。なんで最後、逃げ切れたのか謎。でも、最後に顔に火傷の跡がある青年と会えたのが救いがあるなぁー
どうしようもない女と、
どうしようもない男の、
観ていて気分の悪い内容。

それが、美しく演じられていて、
行動や行為は許す事は出来ないが、
文句の言えない完成度の映画に仕上がっている。

ドラマ 黒革の手帳しかり、犯罪を増長させるような作品は、社会に必要なのか? 作品の中で防止、抑制する描き方をするべきではないのか? と表現の自由とモラルについて思う。

実験的な危うさのある作品の成功例と言う印象。
欲に塗れて堕落していく女の様は正に"有りがち"という言葉に尽きるが、ラストの畳み掛けがなんとも残念であり、憤りをも覚える
ましの

ましのの感想・評価

3.3
宮沢りえ美人やなー
銀行員はやばい なりたくない
MayumiI

MayumiIの感想・評価

4.2
銀行で契約社員として働く梨花(宮沢りえ)は夫と2人暮らし。何不自由ない生活を送っていたが、大学生の光太(池松壮亮)と出会い不倫関係に陥る。
原作未読。
面白かった。
梨花が何を求めているのかいまいちわからなかった。
ただ、梨花は「中身がなく、自分の言葉を持たず、いつも流されている人」という印象。
学生の時の募金と横領。「受けるより与える方が幸いである」という教えを真に受けたのだろうか。なぜ彼女がそこまで優越感に浸りたかったのか。受ける側はみじめなのか。光太とのことも最初は追われる立場だったのに、関係性を変えたのは梨花。光太はクズではあるが、分かっていた。梨花は結局、好きなことをしても自由になれず、満足もせず…。最後、受ける側へ逆転する。それでも梨花は変わらない気がした。
個人的に宮沢りえはあまり好きではないので、魅力的には感じなかった。
池松壮亮と小林聡美、大島優子は良かった。
特に後半の小林聡美と対峙する場面はほれぼれした。
>|