紙の月の作品情報・感想・評価

紙の月2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

1994年。梅澤梨花は、子どもには恵まれなかったものの夫と穏やかな日々を送り、契約社員として働く「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上から高い評価を得ていた。一見、何不自由のない生活を送っている梨花だが、自分への関心が薄く、鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある日、外回りの帰り道にふと立ち寄った、ショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りな…

1994年。梅澤梨花は、子どもには恵まれなかったものの夫と穏やかな日々を送り、契約社員として働く「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上から高い評価を得ていた。一見、何不自由のない生活を送っている梨花だが、自分への関心が薄く、鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある日、外回りの帰り道にふと立ち寄った、ショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りないことに気づいた梨花が手を付けたのは、顧客からの預かり金の内の1万円。銀行に戻る前に、すぐに自分の銀行口座から1万円を引き出して袋の中に戻したが、これがすべての始まりだった…。梨花の感覚と日常が少しずつ歪み、暴走をし始める—。疑いの目を向けられ、追い詰められた梨花が取った行動とは?そしてその先に彼女が見たものとは……。

「紙の月」に投稿された感想・評価

記録
宮沢りえさん、とても素敵。
小林聡美さんの言葉ひとつひとつが胸に刺さります。お金とは自由とは考えさせられました。
もも

ももの感想・評価

3.6
お金で人は変わる。
好きな人を助けるために横領。
全然共感できない。
GREN

GRENの感想・評価

4.0
演技派俳優陣で、内容も興味深く、あっという間だった。
人間が持つ黒い部分が川の様に描かれている作品だと感じた。
いつかまた鑑賞したい。
michiko

michikoの感想・評価

3.4

ゾッとする〜。
yuzu

yuzuの感想・評価

2.9
悪いことしちゃダメ
男が自分に興味を抱いていることをなんとなく察して、電車から降りて後ろを振り返るシーンが印象的。
てくる男に若い男と恋をして溺れていくだけの話じゃなく、
受けるよりも与えることの幸せを

どんどん歯止めが効かなくなっていくところ
ミー

ミーの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

人の業、女の業。
とても好きな邦画のひとつ。
なに不自由なく育って、人の気持ちを考えられる人が大人になって尽くしてしまう。
自分に自信がないから、お金で先回りしてしまう。
身に覚えがあって、少し震えた。横領したとかではなく、
お金で、物で人の心を繋ぎ止めてしまうことに。
お金は人を変える。
最初は後で返せばいいやと小額でやってしまったので、もう止められない。

お金は人を変える。
お金で作った関係はお金でしかつながれないそれを教えてもくれます。

ただ個人的にノミネートされるほどの大作かと言われると物足らない。
comiki

comikiの感想・評価

3.6
NHKドラマの紙の月は観ていたので、映画上映の時はあまり関心が持てませんでしたが、いつか観たいと思っていたので鑑賞。

宮沢りえさんの主人公も、原田知世さん主人公とまたちょっと異なり素敵でした。

夫と二人暮らしでどこか幸せそうじゃない主人公。。。どこかでたかが外れてしまったのか、どんどんエスカレートしていく横領。鑑賞していて、人の欲に恐ろしくなりました。
海風

海風の感想・評価

3.0
心の隙間に入り込んできたのか、元々あった彼女自身なのか...転落なのか寧ろ自由になったのか…

日常と非日常が上手く混ざりあっていて、少しだけ主人公を羨んでしまった。
>|