紙の月の作品情報・感想・評価

紙の月2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

1994年。梅澤梨花は、子どもには恵まれなかったものの夫と穏やかな日々を送り、契約社員として働く「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上から高い評価を得ていた。一見、何不自由のない生活を送っている梨花だが、自分への関心が薄く、鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある日、外回りの帰り道にふと立ち寄った、ショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りな…

1994年。梅澤梨花は、子どもには恵まれなかったものの夫と穏やかな日々を送り、契約社員として働く「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上から高い評価を得ていた。一見、何不自由のない生活を送っている梨花だが、自分への関心が薄く、鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある日、外回りの帰り道にふと立ち寄った、ショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りないことに気づいた梨花が手を付けたのは、顧客からの預かり金の内の1万円。銀行に戻る前に、すぐに自分の銀行口座から1万円を引き出して袋の中に戻したが、これがすべての始まりだった…。梨花の感覚と日常が少しずつ歪み、暴走をし始める—。疑いの目を向けられ、追い詰められた梨花が取った行動とは?そしてその先に彼女が見たものとは……。

「紙の月」に投稿された感想・評価

記録
宮沢りえさん、とても素敵。
小林聡美さんの言葉ひとつひとつが胸に刺さります。お金とは自由とは考えさせられました。
Zooo3870

Zooo3870の感想・評価

4.0
宮沢りえ 素敵!
ハルカ

ハルカの感想・評価

3.7
おお~そういう話だったんか~~
2014年、公開の時に観ようか迷って観なかった
正しかった気がする

「ありがち」ってなんだろう
ありがちなのか…?ほんとに…?
そのありがちはニセモノ?

お金お金お金、そうやって狂っていく宮沢りえが狂気
横領は、最初は1万だったかもしれない
補填すれば大丈夫だったのかもしれない
でもそれは自由なのか

どうなるか分かってるのに横領を重ねていく様がもうひやひやして仕方なかった
宮沢りえ、なんという演技力…
suze

suzeの感想・評価

3.2
欲望に溺れる女の人はたまらなくカワイイ。
宮沢りえええなぁ
よー

よーの感想・評価

3.5
現実味のない毎日に、必死に「ありがち」を重ねてみたところで、得られるものにさしたる価値はなくて、あとにのこるは逸脱の軌跡。
ただそのかわいそうな人の一生は、一陣の風となって、誰かの心に穴を開けていく。

桐島のときもそうだけど、この監督の作品のなかにはどこかに自分と似てる人がいる。
だから結構、どきっとする。
節々でン?と思うところもあるのだけど、一回ドキッとする度のインパクトが強くて、細かい部分は気にならなくなる。
それなりに面白かった、です。
>|