紙の月の作品情報・感想・評価

紙の月2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

1994年。梅澤梨花は、子どもには恵まれなかったものの夫と穏やかな日々を送り、契約社員として働く「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上から高い評価を得ていた。一見、何不自由のない生活を送っている梨花だが、自分への関心が薄く、鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある日、外回りの帰り道にふと立ち寄った、ショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りな…

1994年。梅澤梨花は、子どもには恵まれなかったものの夫と穏やかな日々を送り、契約社員として働く「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上から高い評価を得ていた。一見、何不自由のない生活を送っている梨花だが、自分への関心が薄く、鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある日、外回りの帰り道にふと立ち寄った、ショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りないことに気づいた梨花が手を付けたのは、顧客からの預かり金の内の1万円。銀行に戻る前に、すぐに自分の銀行口座から1万円を引き出して袋の中に戻したが、これがすべての始まりだった…。梨花の感覚と日常が少しずつ歪み、暴走をし始める—。疑いの目を向けられ、追い詰められた梨花が取った行動とは?そしてその先に彼女が見たものとは……。

「紙の月」に投稿された感想・評価

記録
宮沢りえさん、とても素敵。
小林聡美さんの言葉ひとつひとつが胸に刺さります。お金とは自由とは考えさせられました。
よう

ようの感想・評価

3.5
メインビジュアルからもっと爽快なお話かと思っていたら全然地味で陰気な話だったので驚いた。宮沢りえの眼で語る演技は凄まじい。あと大島優子の現代っ子っぽい感じも凄く良い。
おてつ

おてつの感想・評価

3.6
銀行員に嘘発見器を装着した上で、この映画を鑑賞してほしい。
どこまでがありがち?笑

主人公の抑えきれない欲望に青ざめながら、近藤芳正の鼻穴に癒される。
青ざめては癒される。
癒されては青ざめる。
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📀✒️📑
Lorena

Lorenaの感想・評価

3.4
お金にのまれるな
momo

momoの感想・評価

2.8
ちょっと古い感じの映像ってイメージ。
なんとなく思い描いてた結末と違ってびっくり
お金は人を駄目にする
もなか

もなかの感想・評価

4.0
強烈な欲望というものは、
常識も平凡な幸せも、
全部全部捨ててしまえるほどの魔力を持っている。

欲望が大きくなればなるほど、
罪は深く深くなる。

甘美なる欲望には、
必ず毒が付き纏う。

同じ立場になったら、自分ならどうするのだろうか。
>|