紙の月(2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    吉田大八
    原作
    角田光代
    キャスト
    宮沢りえ
    池松壮亮
    田辺誠一
    近藤芳正
    石橋蓮司
    小林聡美
    大島優子
    平祐奈
    佐々木勝彦
    天光眞弓
    中原ひとみ
    伊勢志摩
    舟田走
    井端珠里
    井上肇
    大西武志
    藤本泉
    清瀬やえこ
    清水彩花
    佐藤直子
    猫田直
    松岡恵望子
    永井理沙
    水野小論
    俵木藤汰
    稲森誠
    佐津川愛美
    桜木信介
    あらすじ
    1994年。梅澤梨花は、子どもには恵まれなかったものの夫と穏やかな日々を送り、契約社員として働く「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上から高い評価を得ていた。一見、何不自由のない生活を送っている梨花だが、自分への関心が薄く、鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある日、外回りの帰り道にふと立ち寄った、ショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りないことに気づいた梨花が手を付けたのは、顧客からの預かり金の内の1万円。銀行に戻る前に、すぐに自分の銀行口座から1万円を引き出して袋の中に戻したが、これがすべての始まりだった…。梨花の感覚と日常が少しずつ歪み、暴走をし始める—。疑いの目を向けられ、追い詰められた梨花が取った行動とは?そしてその先に彼女が見たものとは……。

    「紙の月」に投稿された感想・評価

    記録
    宮沢りえさん、とても素敵。
    小林聡美さんの言葉ひとつひとつが胸に刺さります。お金とは自由とは考えさせられました。
    Saki
    3.5
    予想外な展開が面白かったです

    人の決めた法律ということで考えると悪いことのように思えるけれど、人の為に使用するのであれば悪いことのようには思えなかったり…
    罪なことだと思っていない潔さが素晴らしかったり…

    紙だもん。全部偽物。
    本当にそうでしょうか。
    あれはきっと、本物だったのではないでしょうかね。
    そう思わせてくれる最後だったように思います。

    良い!
    ワカメ
    4.3
    やっば!ストライク ズッポシだったฅ(º ロ º ฅ)

    梨花という、ごく普通の銀行勤務の主婦が 小さなきっかけをもとに、横領に手を染める物語…

    子供の頃の自分と、現在の自分が完全に重なっていた、大人になり規模が膨れ上がっていっているのは良く出来ていた、
    男に貢いで行くが男はお金を手にして堕落…大学卒業という本来の目的を忘れ落ちて行く、
    一方 梨花は横領がバレ逃走…

    あぁ〜言いたい事いっぱいだけど、とにかく
    ハラハラ ドキドキ 釘付けだった(๑°o°๑)

    見てない人は是非!!
    久々 いい邦画観た(๑•̀ㅂ•́)و✧

    余談ですが 宮沢りえ 最高かよ♡

    エッチすぎるだろ…
    バティ
    4.0
    銀行で働く主人公の女性は夫もいて真面目に働いていたが、お客さんから預かっていたお金を一瞬であり借りたり、同僚のちょっとした話に影響され・・・

    序盤でそういう映画か~と全体はすぐ見えてくるのだが、宮沢りえと小林聡美の演技、音楽でハラハラドキドキが止まらず楽しめました~(*ˊૢᵕˋૢ*)
    こういう系は結構ハラハラしてしまうのですが途中で飽きが来る事もなかったので良かった。

    この後はネタバレ?もあるので注意。

    学生時代の寄付の話が出てくるのだが、与える喜びみたいなものに取り憑かれていたのかなぁと感じた。
    夫へのプレゼント、夫からの謎のプレゼント返し、彼氏へのお金やプレゼントなんかの時の表情に監督が伝えたい事があったのかなぁと・・・
    ラストは少し解釈が難しく寄付して御礼の手紙をくれた人と会うことになるのだが・・・その人から不意に与えられた果物に対して感謝を伝える事もなく、伝える暇もなかったのだが、やはり与えられるより与える事に喜びを感じているという表現だったのかなぁ~。

    解釈の正解不正解はおいといて、とにかく印象に残る良い映画でしたよ(๑ ́ᄇ`๑)
    ラストが印象的でした。主人公は幼いときに道を誤ってしまい、大きな犯罪を犯してしまったが、これこそが本来あるべき姿なのだというメッセージが伝わって来た。
    かめ
    3.5
    闇金ウシジマ君にありそう
    愛されたいという欲は一線を越える
    虎
    3.0
    記録
    >|