紙の月の作品情報・感想・評価

紙の月2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

「紙の月」に投稿された感想・評価

ひさし

ひさしの感想・評価

3.6
今紙の月なのかどうか
気になるやつはほとんど角田光代が原作だったりする。
宮沢りえすごいなー。ちょっとした表情で心情が伝わってくるからリアル。
kumacha

kumachaの感想・評価

1.8
宮沢りえが綺麗だから

このレビューはネタバレを含みます

美しい虚構。

主人公が見たものは一体なんだったのか。

紙に価値を与えて お金として流通させているのは人間だ 主人公は そんな人によって作られた お金に振り回されて少しずつ狂っていく。
そんな紙切れでまさに虚構のような人生にしてしまった。

普段の主人公であれば 手に入れられないような 服を着 て 普段 止まれないようなゴージャスな生活をして そんなまるで偽物の 人生を 歩んでしまった。

そして逃亡先で、普通の生活であれば出会えない、子供の頃に会いたかった人に出会う。

皮肉だ。
aipon

aiponの感想・評価

-
(記録)思ったより振り幅少ない印象、そういう意味では身近に感じたところもある。
幻想は

目的ちゃうやん

手段やねん
alacoque

alacoqueの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

映画枠なので、主人公の一連の闇をサスペンス仕立てで描いていた。テレビドラマ版の心理的な描写が不足してしまうのは仕方がないとしても、主人公像がアクティブすぎ。別の作品としては愉しめるが。
個人的にはスイートルームでカップラーメンを食べるところが好き。
しかし、このような作品を見たあと、態度が悪い銀行員見ると、少なくても自分の口座からも抜かれているのではと疑ってしまう 笑笑
もっとも、この映画でも、ちゃらんぽらんそうな同僚が普通で、誠実そうな主人公が
皆を裏切っている。
ぴか

ぴかの感想・評価

3.8
悪女宮沢りえ。引き込まれていきました。綺麗にみえたり、哀れにみえたり。心のトラウマって、怖いです。
しげ

しげの感想・評価

4.4
「お金」や「善悪」が全て「偽物」だと気づいた女性が、偽物なら壊してもいいと、自分の好きなように行動した結果…

たしかに、お金や善悪についてみんなが当たり前と思っていることが実際はそうではない、むしろ人目につかないところでは、当たり前とされているルールを破っているということは「ありがち」かもしれない。
お金や善悪というのは、「社会」を成り立たせるための一種のシステムといえるが、実はそれは当たり前に存在するものではなくて、かなり危ういバランスでなんとか保たれている「虚構」なのかもしれない。
しかしだからといって、お金や善悪といった「偽物」「虚構」はどうでもいいものなのか?
仮にそうだとすると、なぜ我々の社会はそういった偽物や虚構を長い間必要としてきたのか?
それによって社会の秩序が維持されるから、虚構や偽物だとしても必死にそれを守ろうとしてきたのではないか?
もし偽物だからといって全員が社会のシステムを無視しだしたら、どういう世の中になるだろうか?
その偽物や虚構が人を幸せにすることもあるのではないか?特に最後のシーンなど。

なんか最近、一部の界隈では社会を成り立たせているシステムを「偽物」だと看破し、そこから「自由」であることを無条件に称揚するような雰囲気があるから、そういう意味でも示唆に富む作品だった。
もちろん、社会のシステムに縛られすぎると息苦しいし、ある程度は距離をおいた方がいいんだろうけど、最近は逆方向に振れすぎているような気も…

まとめると、すみさんがすごく好き。
リモ

リモの感想・評価

3.7
毎日お札見てると時に色々考えるのは人間だからしょうがないかな。

まさしく紙一重

デジタル化された現代ではキャッシュレスなのでこんなアナログな犯罪はないだろうけど操作詐欺ならもっと罪悪感は薄くなるのかなぁ。

脚本も主役も良いと作品も素晴らしくなる

主役はまだまだ綺麗過ぎかな?
>|