紙の月の作品情報・感想・評価・動画配信

紙の月2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

「紙の月」に投稿された感想・評価

三面記事小説や八日目の蝉にも通ずるような角田光代の特徴や独自性も垣間見えた。
どんどん堕ちていく姿に見入ってしまいました。
池松君が変わっちゃうよって言ってたのにね。
min

minの感想・評価

3.9
恋に溺れる女って、危ないけど、目が離せない
見終わった後、Tightropeリピートして聴いてた
pデブ

pデブの感想・評価

3.8
ナイス横領!
AKI

AKIの感想・評価

-
宮沢りえさんの逃げ足の速さに驚いた。
な

なの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

裕福な家庭に生まれキリスト系のお嬢様学校に通い、父親の財布から盗んだお金を恵まれない子供へ寄付をする。
このことから「お金への執着のなさ」と「自分の“軽い(と思っている)“悪より他人への善」という
お金に対する価値観がズレている人間が幼少期にその部分を指摘されたにも関わらず(指摘されて改めたと思ってなのか?)銀行員になるが、きっかけがあり横領をしてしまう。。
偽物だからいつか終わるとわかっていた。
でも、偽物の方が本物に見えたし現実の夫が本物だとは思えなかった。
いざ横領がバレてしまったあとエンドロールの直前インドへ逃げたシーンこそ本物じゃないですか。
shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.0
まあまあ普通
minizakura

minizakuraの感想・評価

3.0
びょーき。笑



紙の月って意味
なるほどね

でも
金は自由を買えると思う
幸せも買える
時間も買える

私はそう思う

2020-56
お金ってなんだろうな〜 欲しいものが買えるものそのためにがんばったりうまくやれるひとはたくさんもっているものそのためにはなにかをだれかを犠牲にできるのかどうか、、
>|