ニンフォマニアック Vol.1の作品情報・感想・評価

「ニンフォマニアック Vol.1」に投稿された感想・評価

フォントリアーの過去作『キングダム』あたりの軽い感じが楽しい。特にユマ・サーマンが登場する章は劇場全体がドッカンドッカンと揺れるほどの爆笑であった。
『メランコリア』でも、ウド・キアーが登場する場面は完全にギャグとして演出されていたし、『ドッグヴィル』で二コール・キッドマンに括りつけられるドアベルは最狂の冗談であろう。漆黒の鬱映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』だってハイテンポで嫌なことが起こり続ける状況は、コーエン兄弟あたりが作れば素直に笑えるコメディになったに違いない。
フォントリアーの不幸は、ドグマ95あたりで集まった監督や観客が洒落の通じない連中であったことだ。
本作はポルノ作品とされているが、肝心のセックスシーンに艶やかさや劣情を催させる効果は無く、ひたすらに滑稽だ。そもそも。男も女も性器は人体のデザインとして唐突で、どこか滑稽だ。ちんぽこは慌ててとって付けたように突き出しており、まんこは曲線の交差する点にいきなり内臓の入り口が開いている。セックスとなると、その凹凸を合わせてヘコヘコと動かすのだ。
「これって笑えるよね?」
というフォントリアーと観客の間にようやく幸せな共感の橋がかかったような、そんな面白いパート1だった。
早くパート2が見たい!
mayo

mayoの感想・評価

3.0
前からちょっと気になってはいたけど、フォロワーさんのレビューを読んで早速1,2の連続で鑑賞(笑)
官能的で、艶かしいストーリーだけど、父との思い出は微笑ましかった。そして、モノクロで描かれた父とのストーリーはとても現実的で、苦しかった。
性と死と孤独がよく描かれていると思う。
若い頃のジョーの華奢な裸体がとても美しい。。

あと、静寂の後にいきなりメタルで始まるの好き。。
Erina

Erinaの感想・評価

3.1
こんな話だったとは...意外!
瀕死の女性が助けてくれた童貞おじさんに自分のニンフォマニアとしての人生を語る。

若い時の主人公がとても綺麗。
性的な描写が多いけど、とても芸術的に見えるのは撮り方がアートなこと、彼女の身体はすごく細いのにセクシーで美しかったからかな。

友達との列車でのゲームがとても刺激的でした。
シャルロットが好きなのでずっと観たくて、ようやく観た。

社会的に認められない、周囲にも変なやつだと思われてしまう、家族にも他人に理解されない。

生きづらいのに生きていかなきゃいけない人が、世の中にたくさんいるって事を、どれくらいの人間が理解しているのかな。
つよし

つよしの感想・評価

3.8
官能的

続きが気になる終わり方

35
面白いというより完全に性的なモチベーションで見続けた感じ。2見てから総括。
Nu:)

Nu:)の感想・評価

-
とりあえず、2を観よう。
セロリ

セロリの感想・評価

3.4
人の嗜好は人それぞれで本当に理解されない孤独を抱えて生きてる人もいる。そんな人の孤独な理由が今回ジョーの色情魔。共感も納得もないが所々ジーさんのユーモアトリビアにクスッとしながら父には性ではなく愛があって良かった。
がく

がくの感想・評価

4.0
とても文学的かつ感覚的な作品だった。

性欲と愛というものは彼女にとって対局にあり、それを他人が理解することは難しいしい。

第4章のせん妄で、白黒になっていたのは、色情症である彼女が父親に対してに対して、唯一、性欲ではなく愛を持って接したという表現だったのではないだろうか。

それにしてもラースフォントリアといい、スティーシーマーティンといい、素晴らしいな。
>|