ニンフォマニアック Vol.1の作品情報・感想・評価

「ニンフォマニアック Vol.1」に投稿された感想・評価

フォントリアーの過去作『キングダム』あたりの軽い感じが楽しい。特にユマ・サーマンが登場する章は劇場全体がドッカンドッカンと揺れるほどの爆笑であった。
『メランコリア』でも、ウド・キアーが登場する場面は完全にギャグとして演出されていたし、『ドッグヴィル』で二コール・キッドマンに括りつけられるドアベルは最狂の冗談であろう。漆黒の鬱映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』だってハイテンポで嫌なことが起こり続ける状況は、コーエン兄弟あたりが作れば素直に笑えるコメディになったに違いない。
フォントリアーの不幸は、ドグマ95あたりで集まった監督や観客が洒落の通じない連中であったことだ。
本作はポルノ作品とされているが、肝心のセックスシーンに艶やかさや劣情を催させる効果は無く、ひたすらに滑稽だ。そもそも。男も女も性器は人体のデザインとして唐突で、どこか滑稽だ。ちんぽこは慌ててとって付けたように突き出しており、まんこは曲線の交差する点にいきなり内臓の入り口が開いている。セックスとなると、その凹凸を合わせてヘコヘコと動かすのだ。
「これって笑えるよね?」
というフォントリアーと観客の間にようやく幸せな共感の橋がかかったような、そんな面白いパート1だった。
早くパート2が見たい!
yuinomura

yuinomuraの感想・評価

3.6
Любовь это одиночество.
Kate

Kateの感想・評価

3.7
彼は違う話をするから、全て彼女自らが自身のことを話して始めている。

その点において、自然に見せかけたセラピーのよう。
Pさん

Pさんの感想・評価

4.0
色情狂がどんなものなのか、観てみたくなってしまった。

ジョーという女性が、自分の過去と性欲について八章にも渡り振り返り、語ってくれるのだけど、ほとんどずっと無表情で(過去画が)、どうしてこうなってしまったんだろうと思う。

親に満たされていなかったわけでもなく、友人がいなかったわけでもなく、それなのに孤独を感じ、色情狂のジョー。

彼女が「男性を総体でしか見ていない。私にとって男は一人なのよ」的な考えを述べた所に凄く衝撃を受けた。そういう見方もあるのだなと。
虎

虎の感想・評価

3.0
記録
OPとEDがとても良い
Sophia

Sophiaの感想・評価

3.6
なかなか深い話だと思います。反対側に走っていく2人が面白い。
キモすぎる最高
keitaro

keitaroの感想・評価

3.7
セックスと書いて営みと読む。
>|