ニンフォマニアック Vol.1の作品情報・感想・評価

「ニンフォマニアック Vol.1」に投稿された感想・評価

フォントリアーの過去作『キングダム』あたりの軽い感じが楽しい。特にユマ・サーマンが登場する章は劇場全体がドッカンドッカンと揺れるほどの爆笑であった。
『メランコリア』でも、ウド・キアーが登場する場面は完全にギャグとして演出されていたし、『ドッグヴィル』で二コール・キッドマンに括りつけられるドアベルは最狂の冗談であろう。漆黒の鬱映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』だってハイテンポで嫌なことが起こり続ける状況は、コーエン兄弟あたりが作れば素直に笑えるコメディになったに違いない。
フォントリアーの不幸は、ドグマ95あたりで集まった監督や観客が洒落の通じない連中であったことだ。
本作はポルノ作品とされているが、肝心のセックスシーンに艶やかさや劣情を催させる効果は無く、ひたすらに滑稽だ。そもそも。男も女も性器は人体のデザインとして唐突で、どこか滑稽だ。ちんぽこは慌ててとって付けたように突き出しており、まんこは曲線の交差する点にいきなり内臓の入り口が開いている。セックスとなると、その凹凸を合わせてヘコヘコと動かすのだ。
「これって笑えるよね?」
というフォントリアーと観客の間にようやく幸せな共感の橋がかかったような、そんな面白いパート1だった。
早くパート2が見たい!
otom

otomの感想・評価

4.7
前半って事で全体的に鬼畜度が低めでマイルドな印象。至る所のボカシ処理も原因な気もしなくはない。しかし岡本喜八作品を観ている様な演出はアルチザンの域に達していると言っても過言ではない。鑑賞者をビクッとさせるポイントも絶妙。自動扉の下りではキングダムらしきカットも。とは云うもののまだエンジンがかかってない上にウド•キアーがまだ出てきてないので物足りなくはあるが、エグそうなVol.2の予告で期待大。
Shun

Shunの感想・評価

3.5
あんなに普段の生活で色情が強いと生きづらそう。
スコアではちょっと、、

一度見たはずが全然覚えておらず。
きっと途中で寝たんだろう。

今回はクスッとくるところもあり
あれ、こんな作品だったんだっけ?と思いつつ。
私も歳をとったんだと。
人の性のお話って面白いから好きだけど
この作品は性のお話を聞きながら頭が良くなる気がしてもっと好き。笑

オムレツを作るには卵を割らなきゃ
ゾク....

vol.2 もちろん見る。
Toshi

Toshiの感想・評価

3.7
不思議な映画、全然興奮なんてさせてくれない
トリアー最高ー!

ぐらいのノリで

楽しめる人にはオススメ!
yaaano

yaaanoの感想・評価

1.7
ステイシーマーティンが魅力的!
途中寝てしまったけど…
りん

りんの感想・評価

2.0
ドキュメンタリーに近い印象。
こめ

こめの感想・評価

-
好きな身体してた
とりあえず1
>|