ニンフォマニアック Vol.1の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「ニンフォマニアック Vol.1」に投稿された感想・評価

つぶROCK

つぶROCKの感想・評価

3.7
トリアー監督の2部構成作品前編。

やはり他の作品とはまるで違う描写・進み方で、終始鬱々としています。

これぞトリアー作品だな〜と思う反面、18シーンがこれ程にまで無ければ、少ししんどかったかもと思う程に退屈でもありました。

続けてvol.2鑑賞の予定でしたが、わりと悩んでます。笑
水

水の感想・評価

2.0
あんまりよくわからなかった。
じゅん

じゅんの感想・評価

2.1
病的表現。

私はこーゆー病気で
今までこんな風に生きてきたの。
誰も理解してくれる人が居ないの。

…って感じで回想が始まる。

性に対する執着と孤独感がひたすら映像化されてる作品。

胸くそ映画に入る作品ではあるかな?
Nao

Naoの感想・評価

2.8
意味がわからないよ〜〜😭😭😭
kohsuke

kohsukeの感想・評価

4.4
全体的に鬱々としてるけど、聞き手のおじさんのおかげで和らいでた。

色々と面白い小話とか出てきてそういうのも面白かった。(ケーキ用のフォークナイフを持ってるかでブルジョアかどうか決めつけられた話とか)

でも特に面白かったのは事の重大さもわからず「妻と別れてきたよー♪」とウキウキな男。
a31

a31の感想・評価

-
フィボナッチ数列、釣り、パイプオルガンの三つの音のくだりとか時々クスッと笑っちゃう
迷いなく自分の欲望にひたすら真っ直ぐになる姿が本当に清々しい、かっこいいとさえ思う
ある女性のセックスについて語る話。
akihiko810

akihiko810の感想・評価

3.7
ディレクターズカット版(長尺版)ざっと視聴。鬼才ラース・フォン・トリアーが監督。
デンマーク映画。幼い頃から性を意識し、様々な男性と関係を持ってきた色情狂の女性の告白。
男は倒れている女・ジョーを介抱し、話を聞く。ジョーは若いころから色情狂で、何人もの男と交わることにより人生を狂わせてきた。しかし父が死んだのを境に、不感症になってしまう。
とここでジョーの若い時分(vol1)は終わり。

字幕なしであらすじみながらざっと見なので、細部はよくわからなかった。男がジョーの告白に対し、「フィボナッチ数列ではね…」とかうんちくを言いながら相槌をうつのだが、その部分がよくわからずに残念。
セックスは吹替なしでガチでカメラの前でやってるのだろうか?若いころのジョー、ステイシー・マーティンがかわいい顔してセックスしまくるのがいい。
「鬱3部作」といいながら、全編ではまだ鬱展開じゃないので、みやすいのもいい
IchiroKato

IchiroKatoの感想・評価

3.8
浮気された奥さんの去り際に放った「ファーーーーー!!!!!!」がツボりました。
Toku

Tokuの感想・評価

3.0
気になった音楽たち
Fuher Mich/Rammstein
Born To Be Wild/Steppenwolf
The Little Organ Book, Ich Ruf Zu Dir, Herr Jesu Christ/Mads Hock