dada

劇場版 テレクラキャノンボール2013のdadaのレビュー・感想・評価

3.8
未知との遭遇という意味ではインターステラーと同列の映画(⁉︎)

普段は通ろうとは思わない路地に、またもやフォロワーさんに誘われて入ってみたら私の知らない世界がそこにあった。超絶細く曲がりくねったケモノ道だけど、これが現実だ!!いろんな意味でグランデ級の女性たち、友達が武勇伝のようにある意味嬉々として話していたのはこのような方々の事なんだな。

殺るか殺られるか、いやいやヤるかヤらないか。
食うか食われるか、いやいや食うか食わないか。
AV監督のプロフェッショナリズムに感服し、やっぱりプロフェッショナルって突き抜けなきゃいけないんだなと改めて思った。

俺、まだまだだな。

オススメしたいけれど
ご飯食べながらはやめたほうが良いです。