ちゃんみゆ

劇場版 テレクラキャノンボール2013のちゃんみゆのレビュー・感想・評価

4.2
ヤッバイヤッバイコレヤッバイ!

かなり長文になる気がするので、時間のある人だけお読みください。
まず、あたしは間違えて10時間版の方をレンタルしてしまい、そっちを見ました。なのでこちらの132分の方は見てません。でもまあ長尺版を大体内容は同じものとして、こちらにレビューを書かせて頂きます。

まず、最初の感想は、とんでもないものを借りてしまったということ。
今まで、「AVのような映画」は何本も見てきたけど、「AV」はろくに見たことありませんでした。というわけで

ちょっ、うわっ!!何してんだよ!!!えっ!!むり!!むり!!!と、前半はかなり引いてました。
出会ったばかりの人に何故股を開けようか…開けまい…いや開くまい…と、何て言うんだろう、カルチャーショックみたいな!多分この感じは男性には伝わらんかなあ!

でも、3時間経過あたりで、ふと、これはAVじゃなくて娯楽なんだ。エロイ映像じゃなくて、壮絶なるドキュメンタリーなんだ!!と気付いてからはもう釘付けでした。
流石に10時間一気に見ることはできないので、何日かまたぎましたが、仕事をしていても「早く帰ってテレキャノを見たい…」ってなるし、朝起きても「仕事を休んでテレキャノを見たい…」ってなりました。

最初はドン引きで、最後まで見られるのか本当に不安だったんですけど、見ていくうちに最初は誰ひとりとして知らなかった男優たちの人柄を知り、同時に愛着に似たような感情が生まれ、頑張れって応援したり、よくやった!と激励したくなったり。

最終的には裏ゲットの3時間版もルンルンで鑑賞する自分がいました。

合計13時間。とんでもない熱量でした。

ありがとうございました!!!またお会いできることを楽しみにしてます!!!!