ジゴロ・イン・ニューヨークの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ジゴロ・イン・ニューヨーク2014年製作の映画)

Fading Gigolo

上映日:2014年07月11日

製作国:

上映時間:90分

3.4

あらすじ

ブルックリンの本屋店主(ウディ・アレン)は、つぶれそうな店をどうしたものかと苦悩の日々。そして思いついたのは、花屋を営む友人(ジョン・タトゥーロ)をジゴロにして、男娼ビジネスをスタートさせるという迷案! 早速友人を必至で口説き、ジゴロ・ビジネスを開業するやいなや、意外にもクールでダンディなジゴロは裕福な女性たちをたちまち夢中にさせていく。 ところがある未亡人(ヴァネッサ・パラディ)と恋に落ちてし…

ブルックリンの本屋店主(ウディ・アレン)は、つぶれそうな店をどうしたものかと苦悩の日々。そして思いついたのは、花屋を営む友人(ジョン・タトゥーロ)をジゴロにして、男娼ビジネスをスタートさせるという迷案! 早速友人を必至で口説き、ジゴロ・ビジネスを開業するやいなや、意外にもクールでダンディなジゴロは裕福な女性たちをたちまち夢中にさせていく。 ところがある未亡人(ヴァネッサ・パラディ)と恋に落ちてしまい・・・。

「ジゴロ・イン・ニューヨーク」に投稿された感想・評価

苺

苺の感想・評価

3.4
ウディアレンの独特な喋り方とかがやたら好きなんだけど、男娼の話なのにポップで明るく感じるのは世界観と音楽のせいかな。
チップ別でめっちゃ稼いでるし、ウディアレン仲介だけで1番楽で良いね笑
大人なストーリーだけどヴァネッサ出てるし面白かった。
Shizka

Shizkaの感想・評価

2.7
ウディアレンだからどうかなーと思っていたが、やっぱりどうかなーという作品だった。

多分宗教から抜け出れないものはアホだとか、快楽って繰り返すもんじゃん?と、皮肉で言いたいんじゃないかなと思うけど、やっぱりよくわからん。

しかし宗教がよく扱われる映画ってないなあ、やっぱりいいもんではないんだろうか?

細かなセリフが独特で面白いな〜と思ったけど、それだけで映画が持つわけもなし。
奇才ウディ・アレンが目をつけた男娼婦を斡旋するジゴロ業がストーリー。いつもの冗長セリフに、気の利いた音楽と映像。日本では好みはいつも分かれるけど、アレンらしい作品といえばそんな感じ。
smile

smileの感想・評価

3.0
緩~い。
大人の映画ですね。
雰囲気が素敵でした。
たまにはこんな映画いいな
kiki

kikiの感想・評価

1.0
個人的にはまったく楽しめなかった。

ウディアレン監督作だと思って観たら、役者として出演しているだけだった。
駁

駁の感想・評価

3.1
イイ!∑d(・ω・`)ユダヤ人
ゆかち

ゆかちの感想・評価

4.0
まさかのソフィアが出てきて一気にテンション上がりました♡うん、もうそれだけで見る価値ある。
ジゴロってなんか聞いたことあるような気がするけど意味分かってなかった。ヒモみたいな意味らしい( ˘ω˘ )というわけで男娼のお話です(ほぼ成り行きで)
本当に好きな人ができてしまって他の人とできなくなる。元々しっかりした人なのだろう…。笑

この映画のレトロっぽい色彩が好みでした♡全体を通して同じ色彩♡ムーディーな音楽も印象的。
Shino

Shinoの感想・評価

3.0
ピスタチオ笑

『ジゴロ・イン・ニューヨーク』

ウディ・アレン

自分の作品じゃないのに、
今回もオイシイ役を独り占めしてる☆

こんなオジイサンいいなぁ。
まぶち

まぶちの感想・評価

3.0
うーん、理解の範疇こえた、、、
あ、この人いいなってなったんかなぁ
でも宗教的に無理だった、的な?
宗教観が難しいわ。