ジゴロ・イン・ニューヨークの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ジゴロ・イン・ニューヨーク2014年製作の映画)

Fading Gigolo

上映日:2014年07月11日

製作国:

上映時間:90分

3.4

あらすじ

ブルックリンの本屋店主(ウディ・アレン)は、つぶれそうな店をどうしたものかと苦悩の日々。そして思いついたのは、花屋を営む友人(ジョン・タトゥーロ)をジゴロにして、男娼ビジネスをスタートさせるという迷案! 早速友人を必至で口説き、ジゴロ・ビジネスを開業するやいなや、意外にもクールでダンディなジゴロは裕福な女性たちをたちまち夢中にさせていく。 ところがある未亡人(ヴァネッサ・パラディ)と恋に落ちてし…

ブルックリンの本屋店主(ウディ・アレン)は、つぶれそうな店をどうしたものかと苦悩の日々。そして思いついたのは、花屋を営む友人(ジョン・タトゥーロ)をジゴロにして、男娼ビジネスをスタートさせるという迷案! 早速友人を必至で口説き、ジゴロ・ビジネスを開業するやいなや、意外にもクールでダンディなジゴロは裕福な女性たちをたちまち夢中にさせていく。 ところがある未亡人(ヴァネッサ・パラディ)と恋に落ちてしまい・・・。

「ジゴロ・イン・ニューヨーク」に投稿された感想・評価

JTK

JTKの感想・評価

3.6
コーエン兄弟の諸作でお馴染みのジョン・タトゥーロ監督作。
俳優さんの監督作品ということで、あまり期待せずに観たところなかなかの逸品。
ウディ・アレンにそそのかされ成り行きのままジゴロになるジョン・タトゥーロ。そのデコボココンビの友情、有閑マダム(シャロン・ストーン)との情事、ユダヤ教徒の禁欲的な未亡人(ヴァネッサ・パラディ)との純愛が、まったりとハートウォームに描かれる。
このストーリーからすると、いくらでも刺激的にできるのにあくまでエレガントで肩の力が抜けててユーモラス。
要所要所に流れるJAZZもグッド。
それにしても俳優陣の表情が皆素敵すぎる。特にヴァネッサ・パラディ。相変わらず愛くるしくてキュンときた。すきっ歯もキュートだし。
それと、あまり映画で描かれることのない厳格なユダヤコミュニティとかも興味深かった。

もう一度言っとこ。
これはなかなかの逸品です。
重くなく軽くない、いい映画
もう一度みたい
ひろ

ひろの感想・評価

3.5
ウッディアレン監督じゃないけど やっぱウッディアレン節全開
お茶目でちゃっかりしたおじいちゃん

ラテンセクシーのソフィアベルガラ
ハリウッドセクシーのシャロンストーン
元フレンチロリータ ヴァネパラ
タトゥーロ モテる〜
ビターな大人の恋
少し老けたヴァネッサパラディが慎ましくキュートで良かったなぁ
ウッディアレンに癒される日々
ずっとコント。なにしてんねん
YangYang

YangYangの感想・評価

3.2
ウディアレンがいると、「ウディアレンっぽい」の必要性があるのかな??と思ってしまった。
SZissie

SZissieの感想・評価

4.0
上質な恋愛エッセイの読後感。軽やかだけど軽くない、深いけど重くない。エロティックで獣のようでプラトニックで初恋のよう。ビーマイベイビーかつ氷の微笑。恋っていいですね。
ウディアレン。またみたい。