ソロモンの偽証 後篇・裁判の作品情報・感想・評価

ソロモンの偽証 後篇・裁判2015年製作の映画)

上映日:2015年04月11日

製作国:

ジャンル:

3.3

あらすじ

校内裁判で明かされる同級生の謎の死の真相。 誰がなぜ、嘘をついている? 被告人・大出俊次が出廷を拒否したことで、校内裁判の開廷は絶望的となった。 意気消沈するクラスメートに対して、必ず大出を連れてくると神原和彦は約束し、大出の出廷に向けて奔走する。 一方で、藤野涼子も、浅井松子の死後、口を閉ざしたままの三宅樹理に校内裁判へ証人として出廷するよう説得を続ける。 また、死亡当夜の柏木卓也の…

校内裁判で明かされる同級生の謎の死の真相。 誰がなぜ、嘘をついている? 被告人・大出俊次が出廷を拒否したことで、校内裁判の開廷は絶望的となった。 意気消沈するクラスメートに対して、必ず大出を連れてくると神原和彦は約束し、大出の出廷に向けて奔走する。 一方で、藤野涼子も、浅井松子の死後、口を閉ざしたままの三宅樹理に校内裁判へ証人として出廷するよう説得を続ける。 また、死亡当夜の柏木卓也の足取りを追う中で、卓也の自宅にそれぞれ異なる場所の公衆電話より4回電話があったことが判明、涼子はこの4本の電話こそが事件の真相の鍵を握ると確信する。 校内裁判で告発状の真相を語りたいと出廷を表明する樹理、また時を同じくして、凄惨な過去を背負いながら真っすぐに生きようとする神原の姿勢に感化され、大出も出廷を決意する。朗報に心躍らせるクラスメートたち、しかし涼子はある人物への疑念が拭えない…。 遂に開廷される前代未聞の校内裁判、生徒・保護者ほか多くの傍聴人が押し寄せ、会場となった体育館は、異様な雰囲気に包まれる。 告発状、卓也死亡当夜の4本の電話ーそれらに隠された驚愕の真実が次々と判明していく。 なぜ、あなたは嘘をついたのか。 その嘘に隠された思いとはいったい―。

「ソロモンの偽証 後篇・裁判」に投稿された感想・評価

zak

zakの感想・評価

3.4
校内裁判が開廷かれ、クラスメートの死の真相が明らかになる後篇・裁判。

前篇で広げた大風呂敷、そこから辿り着く衝撃のラストを期待してしまった、、、
いわゆるジリ貧ってやつでしょうか…結果的には想定の範囲内(byホリエモン)でした。

消化不良な部分が多く、特に告発状のくだりとか(あまりにも予想通り過ぎる)、元担任の隣人トラブルとか(それほど事件に絡まんのかい)、テレビ局の人とか(何か新事実でも見つけるのカナ?とか思わせて)などなど。

今作の評価を下げたのは恐らく、亡くなったクラスメートの柏木君の死の理由と彼自身のキャラに違和感を感じた人が多かったからでは?と推察。(自分がそうだったので…)

でも面白くない訳ではなかったので、話を前後篇に広げず、1本にコンパクトにまとめた方が良かったような気がしないでもない。
藤野さんの演技も素晴らしいけど
樹理役の石井杏奈ちゃんも
全力で挑んでいて惹きつけられた。
自分を守るため平気で嘘をつく
人間なんてそんなものだから
なにが真実かなんて誰にも本当
わからないよなと。
後編割と叩かれてるけど、特に気にならずおもしろかった。
とにかく死んじゃった子の親だけは救われねぇなぁと。
いや死んじゃった子も救われないんだけどさ。
生きてる人のためにやるものなのかもなぁ。裁判も葬式も。みつを。
kaorii0208

kaorii0208の感想・評価

3.5
主役の藤野涼子ちゃんの演技が上手で引き込まれた映画でした。
てっぺ

てっぺの感想・評価

2.4
しりすぼみ感があったのが残念
Misaki

Misakiの感想・評価

4.0
主人公の藤野涼子ちゃん、魅力的で山口百恵を彷彿とさせる感じ。
佐々木蔵之介さん、素敵なお父さんすぎて。
「心の声にふたをすれば
自分が見たいものしか見えなくなるし
信じたいことしか信じられなくなる」
mochi

mochiの感想・評価

-
若林時英がいい味を出していたなあ
>|