しま

誘拐の掟のしまのレビュー・感想・評価

誘拐の掟(2014年製作の映画)
-
渋い!いぶし銀という言葉がぴったりなリーアム兄さん。美しいなあ
リーアム兄さんは最近自分の娘ばっかり助けてるから、これもてっきり自分の娘が誘拐される話かと思ったら全然違ってちょっと驚いた
抑えたトーンで静かに暗く進んでいく話は面白くて引き込まれてくんだけど
本当に最初から最後まで暗い…みんなピクリとも笑わない

TJを甘やかさないけど困ってたらちゃんと助けてくれる頼れる兄貴っぽさが良い。なんだかんだ相棒って言ってるし
ダークなリーアム兄さんにお任せ!って映画だった。暗いけど…