ikoan

ジョン・ウィックのikoanのレビュー・感想・評価

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)
3.4
キアヌ リーブス主演のスタイリッシュなバイオレンス アクション。
至近距離から相手を次々撃ち殺すキアヌ リーブスのガンアクションは凄く新鮮なカッコ良さ!なんだけど、どっかで見た事ある様なシーンや、醸してる雰囲気が既視感有り。
床のコンクリート壊して武器を取り出すのはRED、古いマッチョカーはアウトロー、ガンアクションはリベリオンっぽいし、コンチネンタルホテルの秘密結社的嘘くささはウォンテッド、で、全体的にはランオールナイトっぽく、スタイリッシュな感じはマトリクスといった趣。まあ、面白かったからいいんだけど、車盗られて、ワンチャン殺されたからってこんなに沢山の人殺すのは如何なものか、相手がマフィアじゃなかったら、キアヌさんかなりのサイコですよね!そう、そこに引っかかる物が有るんですよ。
黒澤の椿三十郎や用心棒は沢山人殺すけど、主人公の止むに止まれず殺すとか、人情味があって、なんとなくわかる様な気もするんですが、キアヌさん、その辺の人間味が希薄でな〜。まあ、脚本がもっと練れていたらな。最初の奥さん亡くなって泣いているシーンだけじゃ、主人公の人となりがわからないんですよ。人を殺めた後悔いる様な所が微塵もないなんて…。
なんて事考えずにビールとポテトチップスでゴクリと流してしまいましょう!