ベンジャミンミン

ジョン・ウィックのベンジャミンミンのレビュー・感想・評価

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)
4.0
なんというか、バランスがとても良い映画だった。ジョンウィックが、住んでいる田舎から復讐のため都会に出る。これだけで話のスケールに広がりを感じると同時に裏社会に戻ってきたという事がシンプルに理解できる語り口のうまさ。そして直接的には示されない裏社会のルール。などなど、全体的に説明的な描写が少なく、クールでかっちょ良い。
さらにアクションがすごく好みだった。めちゃめちゃ強いんだけど、ギリいそうなレベルのリアリティラインが良かった。特に拳銃で効率よく敵を殺すのは素晴らしい。銃は躊躇わずに撃つべし。
しかし、かといってこの映画は渋すぎず、あくまでジャンルムービー的な軽さを持ち合わせているのも良い。笑いの入れ方も上手くて、「お願いですから英語で言ってください」「GOOD LUCK」はめっちゃ笑った。こういう敵キャラにも憎めない魅力があるのは良いよね。
とてもご都合主義的な所もあって、確かにそういう点が引っかからないでもないけど、個人的にはかなり楽しめました。
余談だけど、この映画を劇場で見ようかと思ったのは、watchmojo.comの2010年代アクション映画ランキング(暫定)に入ってたからってのが結構大きい。いろいろ納得できないランキングも多いけどこれは見てよかったよ。たまには良いとこあるじゃねーか、ウォッチモジョドットコム!