tero

ジョン・ウィックのteroのレビュー・感想・評価

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)
-
愛情とは失ったもののために行動する覚悟のことなんだ。
だから、復讐に何の意味があるのかなんて誰にも言わせない。
過去に追いすがるように動画を見つめる瞳も、銃を撃つその手に嵌められた指輪も、悲しくて綺麗だった。