ジョン・ウィックの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ジョン・ウィック2014年製作の映画)

John Wick

上映日:2015年10月16日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ジョン・ウィック」に投稿された感想・評価

クロ

クロの感想・評価

4.2
迫力◎
YAMADA

YAMADAの感想・評価

4.1
死なないとは聞いていたのですが、ジョン・ウィック、本当に死にません。
キアヌ、、、、、身体的な傷には耐性あるのに心の傷には激弱じゃんかよ🥺

観ると痛覚飛ぶ映画
夫婦で犬の趣味が違くない?(別に違っててもいい)

怒らせた相手は実は凄腕の◯◯でした系映画。この類型は俳優の数だけ作品が存在してると聞きましたが本当ですか?(たぶん幻聴)
そんな数ある「怒らせた相手は実は凄腕の◯◯でした映画」の中で本作の特筆すべき点を挙げるなら、私は「殺し屋たちの相互扶助組織」を選ぶ。

古いRPGで言う所の<盗賊ギルド>あるいは<アサシン・ギルド>に似たものが現代にも(もちろん非公式に)存在し、殺し屋同士の情報交換や寝食の場を提供しているというステキな設定。
殺し屋には殺し屋のルールがあり、そこから逸脱した者は容赦ない制裁を受けることになる。
しかもその互助会<コンチネンタル>は極めて高級で上品な皮を被っており、地下組織のくせに表通りに堂々と居を構えており、そのくせその裏では血の盟約が交わされているとかいないとか妄想が膨らむ。

裏社会を舞台に妻を喪った男を主人公に据えるハードボイルドといえる作風の中で、この互助会の存在はなんだかアンリアルで、良い意味で一つのアクセントになっていたと思う。
fj

fjの感想・評価

4.4
やっぱりキアヌリーブスはカッコいいと思った
にこる

にこるの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

とにかくアクションがかっこいい

ただ、パーキンズ(女殺し屋)が400万ドル目当てにジョン殺しの依頼に参加してたけど、ホテルの掟を破ってはいけない(=破ると制裁)ってことが周知されてるのになぜ参加したのかが分からなかった、逃げ切れると思っていた?
ひとり

ひとりの感想・評価

4.3
キアヌリーブス一番の適役、
濡れた感じの小汚い孤独最強男
渋さと、カッコよさ、キアヌぽさ
全部がマジでマッチしてた。
やっぱり、キアヌリーブスは
最高、、、、、
原始人

原始人の感想・評価

3.7
一見冷静に見えても心に爆発的な感情を秘めているような人物像にはキアヌがピッタリくるなと実感する作品。ストーリーは主人公無双系で安心して見られるので後味はいい気がする。ワンちゃんの演技が上手い。ただ凝ったストーリーや文学的な要素が強い映画が好きな人には物足りない気がする。
白

白の感想・評価

4.0
記録