TAKU

スヌーピーのバレンタインのTAKUのレビュー・感想・評価

スヌーピーのバレンタイン(1975年製作の映画)
-
子ども向けアニメのようで実は、バレンタインデーの残酷さをこれでもかと描いた作品。

サリーやライナスはそれぞれの片思いが成就しないわ、チャーリーブラウンに至ってはクラスで自分だけ何も貰えずに終わってしまう。“義理”が持つ欺瞞さが露呈してしまうある場面は、子どもが観たらどう感じるんだろう。

DVDの特典に付いてる2エピソードで、『バレンタインデー』では訪れることがなかったチャーリーの恋が描かれるので、溜飲を下げた。