ちーやん

ショート・タームのちーやんのレビュー・感想・評価

ショート・ターム(2013年製作の映画)
4.2
ストーリーや巧みな展開を楽しむような作品ではないが、ここで起きている現実に目を向け登場人物たちの繊細な心情やその変化が心に染みる映画。
観ている間は何度も心が締めつけられるが、観終わった時は明らかにマイナス感情だけじゃない、温かさ、清々しさが残ったのも確か。ラストは意外なサミーが国旗を纏い前に走り出す勇敢な姿で観ている私を一気に前向きな気持ちに引っ張り出してくれた。笑 ジャケ写は観終わって見ると、とても微笑ましく思える。
結果的に登場人物の何かが解決したり、心の傷や辛い現実が消えていくわけじゃない。それでも、人と向き合い、互いを思いやりながら、その苦悩や現実を受け止め前を向いて生きていくことの意味を考えさせてくれる良い作品だった。