アタラクシアの猫

6才のボクが、大人になるまで。のアタラクシアの猫のレビュー・感想・評価

3.1
人生は思案六法(カント)
6才の少年が18才の青年になるまでを描く、思春期モガキ系。

最初の父親の忌憚のない言動がメイソン君の成長に何らかの影響を及ぼしたのか。

ママが登場した時にVOTE(選挙)の服で、
次にメイソン君はオバマの指示に動く。
南部連合旗ってのがテキサスっぽい。
だからメイソン君の成長と合わせてアメリカの歴史的な、政治の転換点も描くかと思うと、そうでもない(苦笑)

メイソン君、普通にドラッグやり過ぎ。
セックスより先にマリファナを嗜むのが今のアメリカ青少年の姿か。

15才でショットガンのプレゼント。
普通に銃社会。
テキサスとかヒューストンなら現在も、ちょいと悪さした黒人をショットガンで撃ち殺しても罪にならない。

SNS、FB、Instagram、などで繋がる事に煩わしさを感じるのは21世紀特有の病理。

正直、ヨソんちの子の成長ホームビデオを延々と見せられた感じで、かなり退屈。
企画は良いけど脚本がダメ。
2015-11-16