Eri

6才のボクが、大人になるまで。のEriのレビュー・感想・評価

4.0
1人の人間としての生き方。母親とは?いろんなことが散りばめられた映画。
12年間同じキャストで撮影するアイデア、時系列を整えてよりリアルにしてくれた時事ネタ。その入れ方(構成)の上手さ。もう、すごい映画。

家庭状況複雑で大変なんだけど(お母さんしっかり男選べ) いたって平凡な日々。その平凡な日々が本当にリアルで。(性への興味、タバコ、遊び。あとは中学生のときのメイソンの肌の汚さとか)
私たちもメイソンが6歳の時から見てるから本当に近くで成長を見ているようで、メイソンが可愛くて、映画は長いんだけど退屈しない。

誰にでも時間は同じ速さで流れてて、その中で残酷に変わってしまうもの、変わらないものももちろんあって。とりあえず、人生おもしろいな。生きてるだけで楽しいなって思えた。

私も今年18になって、高校卒業して、あ、この映画で観てきたメイソンと同じじゃん。メイソンの人生がこれからも続くように、私の人生も続くのか。なんて考えたり。
私もメイソンと同じようにたくさんの人に守られて、傷つけられて今ここまで生きてこれたんだな。って両親への感謝がこみ上げちゃったよ。いい映画だな。

まとめると、こんな映画もう二度とないから一度観てください。