6才のボクが、大人になるまで。の作品情報・感想・評価

6才のボクが、大人になるまで。2014年製作の映画)

Boyhood

上映日:2014年11月14日

製作国:

上映時間:165分

ジャンル:

3.6

あらすじ

メイソンは、テキサス州に住む6歳の少年。キャリアアップのために大学で学ぶと決めた母オリヴィアに従い、姉と共にヒューストンに転居した彼は、そこで多感な思春期を過ごす。父との再会、母の再婚、義父の暴力、そして初恋。環境の変化に時には耐え、時には対応しながら、静かに子供時代を卒業していく。皆でオースティン近郊に移ったメイソンは、ビールの味もキスの味も失恋の苦い味も覚えていくのだった・・・。

「6才のボクが、大人になるまで。」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

4.5
観た!
この監督の特徴がダイアローグにあることを忘れてた…
(かなりの部分、細かい会話聞き取れなかった…)

12年間の時の流れが伝わるBGMの選曲が素敵。(coldplayから始まってvampire weekend,phoenix等々)

駆け足だった気もするし、逆に長いと感じた気もするので、もっと長い時間で前後編とかにわけてもよかったかも

卒業式後のパーティでみんな揃うシーンが時の流れを感じさせていいー
jumo

jumoの感想・評価

3.8
映画というより、メイソンを中心にした定点観測のようで12年と言わず80年分くらい見たいし、見終わった後の余韻よ…
TOYOTAがYOになるかわいいハイラックスみたいなあの青い車はなんていうのかな?あんな車に乗りたい

ちゅるちゅる少年時代のメイソンが思春期で気持ち悪くなって、最終的にどイケメンになる過程、やっぱり男の子の顔って1回気持ち悪くなるよね!
あとお母さんがこの12年間でどんどん自立していく姿と過激になる髪型が微笑ましくって、イーサンホークが後腐れのない元夫っていうチートうっかり許せてしまった…
観たのが昔すぎてあんまり覚えてないけど、、

でも成長を一本の映画にするのって、めちゃくちゃ根気いるんだろうけど良いお話が撮れるんだなと
思った覚えがあります
piapiarom

piapiaromの感想・評価

3.6
同じ俳優で12年かけて撮ったのはすごい。少年の成長を見守るファミリーストーリー
てり

てりの感想・評価

4.5
よく作り上げたな~という12年に渡る撮影期間。
両親の離婚によって父親との関係は逆に良好になったと思う。
主人公とその姉も、ごく普通に反抗期等もありながら、いい子に育ったと思う。
大人の役者はシワが増え、子供は声変わりしてたり、そういった部分を見届けている、まるで見ている自分が親戚のような気持ちになった。
お母さんは二度も再婚をし家族を支え頑張った。
大学進学で息子が家を出る時、母として女として自分の人生を振り返り
子育てを終えて涙し「残るは私の葬式だけよ!」「もっと長いかと思ってた」と嘆く姿に、まだまだこれからよと肩をたたいてあげたくなった。
ささ

ささの感想・評価

3.7
お父さんが良い。
アドバイスもわかってるな。
子供と一緒に楽しそう。大事。
12年あっという間。
お母さんもお疲れ様だね。
18歳、まだまだこれからで、色々あると思うけど明るい未来が待ってる終わり方だった。
12年間の撮影本当にお疲れ様です。
お父さんが好き。
主人公が成長するにつれてキザにっていく。
>|