6才のボクが、大人になるまで。の作品情報・感想・評価

6才のボクが、大人になるまで。2014年製作の映画)

Boyhood

上映日:2014年11月14日

製作国:

上映時間:165分

ジャンル:

3.6

あらすじ

メイソンは、テキサス州に住む6歳の少年。キャリアアップのために大学で学ぶと決めた母オリヴィアに従い、姉と共にヒューストンに転居した彼は、そこで多感な思春期を過ごす。父との再会、母の再婚、義父の暴力、そして初恋。環境の変化に時には耐え、時には対応しながら、静かに子供時代を卒業していく。皆でオースティン近郊に移ったメイソンは、ビールの味もキスの味も失恋の苦い味も覚えていくのだった・・・。

「6才のボクが、大人になるまで。」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

4.5
観た!
この監督の特徴がダイアローグにあることを忘れてた…
(かなりの部分、細かい会話聞き取れなかった…)

12年間の時の流れが伝わるBGMの選曲が素敵。(coldplayから始まってvampire weekend,phoenix等々)

駆け足だった気もするし、逆に長いと感じた気もするので、もっと長い時間で前後編とかにわけてもよかったかも

卒業式後のパーティでみんな揃うシーンが時の流れを感じさせていいー
面白かった
12年間俳優陣が変わらずってのが見事だね

リアルで人間味あふれる映画!素晴らしい!
思春期の大切さがわかる。
えり

えりの感想・評価

4.5
すごい映画
みそ

みその感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画の要点なんて知ったこっちゃない。それが魅力。


印象に残ってるシーン…
・夜中3時のファミレスでのため息
・VIPルームでの父子の会話、からのジミーの演奏
父子はキャンプの時もよかったね
・急に"一瞬を逃すな"トークをするラストシーン
一瞬は私たちを逃さない、と、この映画の要点らしきことをぶちこみエンドロール

6才からの主人公とその家族のストーリーがずーーーっと続くわけですが、
あ、時間飛んだわ、なんて思いながら
彼らの人生を追っていく。
まあ説明なんていらんけど、気づけば再婚してるし、気づけば再婚してる。
んで、気づけば3時間くらい経ってると。
なんか不思議な感覚でしたね。
いや、長いんだけど、視聴者を置いてパッと場面が変わる分、そこまで長くも感じなかったというか…。
ネルソンも同じような感覚で少年時代を過ごしていたのかなと想像してみたり。

最終的には、完璧な人間なんていないよなーってところに落ち着くのでしょうか。
(まあ髪の毛急に坊主にさせられるのは、
さすがにイライラしましたねー)
#2018年157本目
honoka

honokaの感想・評価

4.0
“誰も指図しない世界にいたらどうなるの?”
“人生は最高だ 「普通」を演じなくていいから”

淡々と話が進んで行くからこそメイソンたちの成長がよく分かる
大人になるのって複雑で難しい
メイソンが言うように大人達の理想に縛られて普通を演じないといけないから
だからこそ永遠に子供でいたいと思うんだろうな
ありのままに子供とぶつかる、ある意味子供心をもった元パパの存在が印象的でした
環境がどうあれ親子の愛は一生物

家族の愛を感じる素敵な映画でした
S

Sの感想・評価

3.4
たくさん人がでてくるけどそれぞれ特徴があって覚えやすい
やっぱスター・ウォーズは偉大だなぁ
>|