6才のボクが、大人になるまで。の作品情報・感想・評価

6才のボクが、大人になるまで。2014年製作の映画)

Boyhood

上映日:2014年11月14日

製作国:

上映時間:165分

ジャンル:

3.6

あらすじ

メイソンは、テキサス州に住む6歳の少年。キャリアアップのために大学で学ぶと決めた母オリヴィアに従い、姉と共にヒューストンに転居した彼は、そこで多感な思春期を過ごす。父との再会、母の再婚、義父の暴力、そして初恋。環境の変化に時には耐え、時には対応しながら、静かに子供時代を卒業していく。皆でオースティン近郊に移ったメイソンは、ビールの味もキスの味も失恋の苦い味も覚えていくのだった・・・。

「6才のボクが、大人になるまで。」に投稿された感想・評価

メイソン 可愛いかった!
いつのまにかイケメンに!
髪型の変化がなんか笑えた。

なんてゆうかみんな自由で
母に振り回されてる気もするし
でもそれもよくって
離婚してもお互いの幸せを想いあえる所が
やっぱりフリーダムってかんじで
みんなそれぞれを自由に生きてて
素敵だな。。。
父親の愛情が変わらなくて
愛を感じた〜

最後の最後まで母の印象悪かったけどw

その時の一瞬を大切に〜✨
たーに

たーにの感想・評価

4.6
山場と呼べるところがなく、退屈に思うとこもあるかもしれない。だけど、全部観て欲しい!全部観終わるといいなって感じる。

子供から大人になるまでに見てる世界も、自分以外に対する感じ方も全く違うものになってしまうんだなぁって悲しくなった。離婚と再婚を繰り返すお母さんだったけど、2人を最後まで育てたのは立派だった。
自分を見失ってしまった人に観て欲しい映画。特に、大人の世代に観て欲しいと感じた。子供の視点から描かれてる映画だからこそ、大人が観て自分の子供の頃を思い出して欲しい。結婚とは、子育てとは、迷ってしまうことは多いけど、守りたいものがあるなら、それを1番に考えればいいのかなぁと、、、

TOYOTAのYOだけ残ってるのがなぜか好きだった笑笑
弦

弦の感想・評価

3.5
ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、実際に12年をかけて撮影したドラマ。米テキサス州に住む6歳の少年メイソンは、キャリアアップのために大学に入学した母に伴われてヒューストンに転居し、その地で多感な思春期を過ごす。アラスカから戻って来た父との再会や母の再婚、義父の暴力、初恋などを経験し、大人になっていくメイソンは、やがてアート写真家という将来の夢を見つけ、母親のもとを巣立つ。12年という歳月の中で、母は大学教員になり、ミュージシャンを目指していた父も就職し、再婚して新たな子が生まれるなど、家族にも変化が生まれていた。

内容は、現実的で素晴らしかったです。主人公の成長をリアルに描いている構成は素晴らしいと思いました。登場人物たちが成長して顔付きも変わるのがまた、他の映画にはない良い所だと、思いました。

イーサン・ホークはやっぱり上手いと思いました。普通のお父さんを演じていて、良いことも悪いことも教えているシーンは良かった。(ゴムの話。)

映像は、多分、12年間同じカメラで撮ってると思うんだけど、その工夫か素晴らしいと思った。
車中のシーンは合成じゃない方がいいな。風に揺れる髪は、美しく芸術的なのに。
TVの大家族の番組みたいに、シークエンス毎に子どもも大人もみんな少しずつ変化(生活域、状況、成長や老化も)していくのが、嗚呼人生といった感じで良い。

パトリシアアークエットは顔は昔のままだけど、母を体現している。笑。素晴らしい。

でも長いな。観てるこっちはダレちゃった。
ユータ

ユータの感想・評価

4.1
今まで観た中でよかったやつ23

この映画はもう映画の枠を超えてる感じがする。10年以上も撮り続けたものを1つの映画にするなんてありえない!敬服しまくりです。
なんだろう
特に何が起こるわけでもないんだけど

1人の少年の半生を淡々と見せられると
自然と親心になってしまって

最後は静かに感動する

のと、同時にお母さんの苦労が
ひしひしと伝わってくるムービー

全ての瞬間に 大切が宿ってる
っていう副題がぴったり
映画を見て心踊らせちゃってるけど
私の人生にも沢山の大切が宿っていたんだろうと 客観的に気がつくことができた

メイソンが大人になるにつれて
リンクレイター大先生の世界観爆発 会話で魅せます笑

リンクレイター先生の世界観も大好きなんだけど
久しぶりに見ると
繊細すぎるメイソンの今後が心配になってしまう

対照的であっけらかんとしてるダディーくらいでいいんじゃないかな?と思っちゃう

若い頃の恋愛は流動的
成長期なのに、なんでお互いの趣味嗜好が変わらないと言い切れるんだ?だって
パパいい事いうじゃん
Taul

Taulの感想・評価

5.0
12年間にわたる何気ない日々。簡単に感想なんて言える訳ない。とにかく終わってほしくなかった、ずっと見続けたかった。

子供が普通に成長すること、それ自体が奇跡で感動的なことを改めて映画で知る。劇的さ、説明、余計な時代性を入れずに「時間」に身をまかせながらも、映画のビジョンとトーンを崩さなかった監督はじめ関係者の勝利。メイソンの成長がそのまま心のアルバムに収まる。

『6才のボクが、大人になるまで。』2回目鑑賞。主人公の旅立ちからラストにかけてはどんなドラマチックな物語にも負けない程、胸が締め付けられる。国も肌の色も時代も違う少年の成長を見て、少しだけ自分の人生が愛おしく感じられる。そんな映画。
えりか

えりかの感想・評価

4.0
撮り続けるってすごい。鑑賞記録。
nIa

nIaの感想・評価

4.5
とんでもない作品 たぶんもう二度とこんな作品は出てこない リンクレイターが時間の魔術師とはよく言ったものだ
ぞえ

ぞえの感想・評価

-
子供はいつだって大人振り回されてるって言いたい映画だと思ってたけど、そんなことなくて振り回されながら大人になっていくメイソンがとても頼もしかった。パパが1番いい役だったね。
>|