マエダ

テッド 2のマエダのレビュー・感想・評価

テッド 2(2015年製作の映画)
4.2
笑いって無知じゃ何も楽しめない。前作もそうだったど、今作も見る側の知能指数のようなものを試されている映画である。何を元にどう笑わせているか、それに気付かないと何も楽しめない。時事ネタは特にそうだね。下品な下ネタだって同じ。何をどう比喩しているのか気付かないと、何も楽しめない。自分も全てが楽しめたかどうかは自信がないのは確か。でもわかったネタに対しては、「よくこんなことできたな」と呆れ共に楽しめた。そしてアメリカンコメディーがズルいのが、笑いから落差で襲ってくる感動シーン。笑えて感動して満足して終わる。まぁそれを上手くするのは難しいけど、テッドシリーズは良作。テッドの妻になったジェシカ・バース。レイチェル・マクアダムスにも似ていてキュートで可愛いのに、調べてみたらあまり映画には出演されていない。もっと出てきてもいいのになぁ。