ももさく

テッド 2のももさくのレビュー・感想・評価

テッド 2(2015年製作の映画)
2.5
ある2人の結婚式が挙げられた。結婚生活に少しづつ亀裂が…危機を乗り越えるには子供を持ち親となる事と思い始める。一方、あの人は離婚によりまだ立ち直れずにいた。

サマンサ・レスリー・ジャクソン(アマンダ・セイフライド)若手弁護士。

パトリック・ミーガン(モーガン・フリーマン)ベテラン弁護士。

シェップ・ワイルド(ジョン・スラッテリー)ベテラン弁護士。

トム・ジェサップ(ジョン・キャロル・リンチ)ハズブロ社の副社長。テッドのストーカー男と悪さをしようとしていた。

アリソン(ジェシカ・ゾア)ジョンに気があるバーの女性。

謎の渋男(リーアム・ニーソン)テッドの勤めるスーパーにシリアルを買いに来た男。

本人出演→ トム・ブレイディ、タラン・キラム、ジミー・キンメル、ジェイ・レノ、ケイト・マッキノン、ボビー・モイニハン。

前作出演キャラ→クマのテッドとその親友、テッドの彼女、テッドのストーカー、ゲイカップル、スーパーの店長、サム・J・ジョーンズ他。

他登場人物→医師、婦人科医師、レジの黒人女性、裁判長、養子縁組紹介所の職員他。

出てくる映画や音楽や言葉や姿→グーニーズ、ロードオブザリングのゴラム、ジュラシックパーク、スターウォーズコスプレ、ジャスティンビーバー、タートルズ、アイアンマン、トランスフォーマー、ドラゴンボール、バックトゥザフューチャー、フィフスエレメント 、ロッキー3、ロッキー4他。

声出演者→有吉弘行他。

ハズブロ社→ アメリカを代表する世界規模玩具メーカー。

前作よりも更に下品な気がして若干もういいよー、うわぁー、オエッてなる感じ。1作目の方がまだ見やすい。女性は苦手な人は苦手かも。

くわえ煙草で歌いながらノリノリに運転するテッドがいいねぇ。1作目でもそうだけどテッドが歌う部分は字幕で声担当の セス・マクファーレン?。有吉弘行に歌って欲しかったなー。1作目でも思ったけど有吉弘行の吹き替えとっても合ってていいわ。下品な言葉もバンバン言うけど愛してるとかもサラッと言う。

「ジュリエットへの手紙」の時のアマンダ・セイフライドのスタイルがとにかく魅力的だった記憶があって、この作品の彼女、その時と比べると痩せた気がした。そんな彼女の歌も聞ける。

精子、フェイスブック、マリファナ、人ではなく所有物、薬物影響、マイノリティ、女子会でもらったエログッズ、コミコン、つめものがズレてうまく喋れない、人生クソまみれも印象的。

サム・J・ジョーンズ前作より体引き締まって顔も艶っぽく感じた。

ぬいぐるみが動いて喋る時点でファンタジーだし、ふざけてる感もあるけれど今回は人権問題?。それがそこにいる事を周りは認めてるんだからもういいじゃん!人間と同じじゃん?見た目だけじゃん?って思える。男は女と結婚しなきゃいけない世の中でもないし、みんなそれぞれ違って良くてそれが当然みたいに受け入れられる世の中になれば苦しむ人も減るんじゃないかな。

私には意味不明だったけどエンディング後もオマケあり。

「ゴラムって?」
「いや…スーパーモデル」

dtvにて吹き替えで鑑賞。