テッド 2の作品情報・感想・評価 - 382ページ目

「テッド 2」に投稿された感想・評価

lisaaaan

lisaaaanの感想・評価

3.7
マークウォールバーグもだんだんくまさん顔になってきた気がする
village123

village123の感想・評価

3.0
残念ながら笑いのツボが全く分からなかった。1作目の方がおもしろく感動的だった気がする。それは口の悪いテディベアに慣れてしまったからかもしれないし、ギャグのセンスが少し変わってしまったからかもしれない。
mikitty

mikittyの感想・評価

3.3
今回も笑わせてくれました!!笑


まず、最初に出てきたダンサーさん達のダンスに魅了された!!カッコよかった〜!

始まったら下ネタパレード❤︎うけるー!!と思って笑っていたら、盲目の人だったりして、戸惑ったりもしたけどw jokeだと思って楽しみました(笑)

精子のシーンが一番ウケたw
さりげない暴力もちょこちょこ挟んでくるのもw

相変わらずのハッパ好き❤︎

そら子供には見せれんわなーって感じ(笑)

でも中盤辺りは退屈したかな(>_<)

色んなことが規制されてる世の中で、dirtyな言葉で笑わせてくれるのはホント最高ーですw

男が言ったらドン引きだけど、tedだから許せるやつ(笑)

カップルで観に来てる人が多かったです(^ ^)
相変わらず下ネタ満載で、ゲスいけど、笑えるし、最高。
映画の小ネタが入ってくるのも相変わらず楽しい。
結婚したテッド。テッドは人か物か。市民権を求めて裁判を。ちょっといい話し。
なつ

なつの感想・評価

3.0
映画館でシールもらった!
笑えるしいいんやけど、私にとって下ネタ多いんはやっぱりNGだな。
まつ

まつの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

字幕で見てきた。
自分的にはクソ面白かった!
小ネタがありすぎて思いつく中だとビートルジュースを三回唱えたりとか、ジュラシックパークのパロディーとか、モーガンフリーマンがでてくるとことか、コミコンでタートルズのコスプレした悪役がでてきたりとか、、、
あとはフラッシュと殴り合いになってコスプレのやつらみんな闘い始めて、そこでゴジラとかBTTFのマーティーとドクが殴り合ったりとかも笑った。
あとは悟空とか、トランスフォーマーだったり、アイアンマン、スパイダーマンコスの人とかソーとキャップコスが仲良く並んでたりそういうの見つけて楽しんでた。笑
あとはニュースーパーマンをやるのは、、、、!うそだろ、、、!のとことか。
とにかくコミコンを出してくれたのはかなりわかりやすいパロディーで面白かった。スターウォーズ、スタートレックとかね。笑
アメリカのユニバーサル映画とかヒーローとかアニメとか大好きな自分にとってはほんとに面白かった。下ネタも面白いとこあったけど、やっぱ映画ネタが面白かったなー。
でも下ネタのくだらなさと不謹慎さとしつこさがほんとにくだらなくてアメリカンだなーとおもった。
ストーリーはくそったれだけどやっぱりこういう映画はぐだぐだ笑ったりしながらぐだぐだ見るものだよなとおもった。
そう言ってしまうくらい前作に比べてストーリーはくそったれ。笑
でも最後のモーガンフリーマンの裁判シーンとか豪華すぎたよ。モーガンフリーマンの映画かとおもったよ。やっぱあの人は大物だ、、、。
色々面白いとこがありすぎて頭がいっぱい。でもみんな印象にのこるのはやっぱ薬物の草の草原を見た瞬間ジュラシックパークのテーマ曲が流れて、ジュラシックパーク1作目の始めて恐竜たちの生きる世界を目の当たりにしたシーンのパロディーで、草みながら群れで歩いてる、、、。のとこだと思う。あそこは面白すぎたよ。でもあの曲が流れたことになんかテンションあがったな。あからさますぎて笑えんわって人もいるだろうけど。
今回のテッドは完全にふざけすぎ笑
たぶんアメリカや映画が好きな人は楽しめるだろうけど、そこまでじゃない人は下ネタは面白いけど結局なにがしたいの?内容ペラペラだし。つまんない。ってなると思うなあ、、、。
この映画にはみんなストーリー性ではなく求めるのは笑いだってかんじ。
日本語吹き替えでみたらくそったれだっただろうな。
テッド1はそこまでパロディーネタとかなかった(というよりフラッシュの登場が最強すぎたか)から、ストーリー的にも見れたし下ネタにも笑えたけど、今回はみんなテッドの誕生も知ってるし、ただストーリーやっても面白くないから、完全にネタ重視というかんじ。だから前作のほうが面白いのかもしれない。
でも自分はこっちのが好きだった。
やっぱりアメリカの映画やアニメは最高だ。海外の人が日本のアニメや文化にはまる気持ちがわかる。
完全にアメリカ映画オタク。
だからオタクをぶっ飛ばしたゲイカップルには俺も殴られた気分だよ。
また色んなアメリカ映画を見直したくなるようなテンション上がる映画でした。
あー、好きなパロディーがありすぎてほんとうにあたまがいっぱいだ!という点数です。
でもやっぱテッドはおもしろいよ。
ヤク中とかアル中の出る映画はクソだけどほんとおもしろい。ハングオーバーとか。
前作のストーリーを見て面白いとおもったひとはおそらく今回のはおもしろくないかも。
前作のフラッシュ登場をみて死ぬほど興奮した人やダースベイダーの着信音に笑った人ははおそらく今回も大爆笑と興奮だろう。
しかし下ネタも多いので一度は誰しも見てみたら面白いのかもしれないが。
DVDで見直してパロディーごとにここ!ここ!とかいって笑いたい。そんな映画。満足です。
みお

みおの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

かなりf☆☆☆が連発されてたけど、面白かった笑 ストーリーの流れがテンポ良くて見てて飽きなかった。人権がテーマ。下品な映画でも考えさせられた映画でした。今度は考え抜きでまた見たい笑
ブログを更新しました。 『「テッド2」おっさんクマにも人権?熊権?がある。中身が綿でも感情があれば認めて欲しい!』 ⇒ http://t.co/nb433SETSl
めちゃくちゃポップに下ネタのオンパレード

ちょこちょこ他の映画だったりの小ネタ挟んでくるとこもなかなかシュールで良きだったー!!!
しゃべるテディベア、再来。

1作目に比べるとジョーク数が増えたような気はする。ただそのジョークも8割は下ネタで直接的な表現がとても多かった(特にチ○コ系が多い)のと、観る人によっちゃとても不謹慎で不快に感じることもあるかもしれない(まぁ観に来る人は大抵笑う側だと思うけど)。

そもそも、盲目の人をバカにしたり、人種差別ジョークだったり、ドラッグが日常的なテッドが人権を主張するという今回の話、言ってしまえば説得力のかけらもないバカな話だ。テッドは人間(Human)かモノ(Property)かという議論を通して人間であることとは何か、人とモノは何が違うのかということをアメリカの黒人奴隷の歴史を匂わせながら焦点を置いている。

今回は前作のミラ・クニスに変わってアマンダ・セイフライドが新米弁護士として登場する。ミラ・クニスが出れないのは仕方ないとは思うが、今作でジョン(マーク・ウォールバーグ)とローリー(ミラ・クニス)が上手くいかず離婚していることになっている。これでは前作のラストも薄まってしまうのでもっと違う形にして欲しかった。そのせいでジョンは今までのマリファナ、ポルノ漬けの生活に戻ってしまっていて、前作との内容にこれといった変化がない。また、前作が好調だったために子ネタで大物を使えるようになったものの何とも活かしきれてないように感じる(アメリカの笑いというものがあるのはわかるけど)。

冒頭から下ネタオンパレードで始まる。本当に開始5分も経たずに下ネタ言っているので相変わらずだった。ただ、やりすぎていて引くレベルの下ネタもあった。今回は法廷が中心舞台となるが、正直言うと法廷のシーンよりも他のシーンの方に面白さが詰まっていると感じる。何でも検索すると2ページ進めば黒チンに辿り着くネタだったり、広大なマリファナ畑を見つけたときに訪れるジュラシックパークで初めて恐竜を見たとき並みの感動だったりと、本当にくだらないのだが笑える。


前作もそうだったが、映画ネタ、アメリカのネタがある程度分かるとより楽しめると思う。