ちろる

世田谷区, 39丁目のちろるのレビュー・感想・評価

世田谷区, 39丁目(2014年製作の映画)
3.5
架空の場所との事もあって全くもってタイトルの世田谷区感がまったく無い住宅街に住む男の子のお話。
少年が迷い込んだ森でパラレルワールドの扉が開き、今までとそっくりなのにまるで鏡の国に入ったような、凶暴な大人たちや殺伐としたクラスメイトたちのいる世界へとたどり着いてしまう。

まさかのSFだった。
パラレルワールドのことは時々考えるけど、幾重にも重なるたくさんの自分がいる事なんて想像したことは無かったな。

荒削りだけど、子役2人がちいさな恋のメロディしてて可愛い。
浜辺美波ちゃんの小学生時代、もうすでに顔が出来上がっていて驚愕した。