ぬい

ハッピーエンドが書けるまでのぬいのレビュー・感想・評価

3.9
2015.12.29
作家一家のあれこれ話。
家族捨てて出て行った嫁を待つ夫。父がそんなんだから母親大嫌いな娘。いい子だけど純粋すぎて物足りない息子。娘に完全無視されて凹む母親。

それぞれの歩み方、未来への展望、現在の悩み、喜びとかが代わり番こに描かれていて面白かったです。

娘が母親のことをあんなに怒ってるのは、家族が本当に好きだったからなのかな。どこか醒めて斜に構えていたけど、ある青年に出会ってから徐々に変わっていくのが好きです。
父親が頑なに待つ姿勢なのはそういうことか。結婚は…忍耐…?
息子の一途さというか、ピュアさは可愛い。お前が天使か!
母親は子供が可愛いです、いつでも味方で、いつでも心配で、いつでも大好き。

海外の家族は暖かいなぁともう何度目かわからないけど思いました。
娘の恋人がほんといい奴でした。