らりるれろれろ

パディントンのらりるれろれろのレビュー・感想・評価

パディントン(2014年製作の映画)
3.5
みんなみんな憎めないキャラクターばかりで愛さずにはいられないし、終始安定された演出にもどこかフワフワした感覚があり、ムズムズとシートにつけたお尻の位置がなかなか決まらずにいた。しかし美しくも恐ろしいニコールキッドマンが大変に良く、この人になら剥製にされてもいい。いや、剥製にされたい!と別の所もムズムズする事態に「ああ、、、僕はこの場にいるべきではない」とパディントンに癒され和んでいる人達に囲まれながら僕のパディントンがパディントン。マーマレードを舐めるクマを眺めながら脳内大爆発の出来る安心感。これが家族なんだなあ、とても居心地がいいなあと劇場にいることを忘れてしまう頃にはお尻の位置も定まっていた。そしてこんな僕の人生もきっとパッピーエンド