甘味

パディントンの甘味のレビュー・感想・評価

パディントン(2014年製作の映画)
4.4
私も娘も一番好物のジャムはマーマレード。なのでマーマレード好きのこのクマにシンパシーを感じ、去年から一緒に観に行く約束をしてました。

同じくジャムはマーマレードしか食べない旦那も誘ってみたけど、クマよりスターウォーズ観たいって言うんで調べてみたら…おっ!同じ劇場でちょうど同じぐらいの時間にやるやーん!よし行こ行こー!と3人でいざ映画館へ。そして到着後、
私「あっ、スターウォーズ吹き替えの時間見てたわ…字幕もう始まってもうてるわ」
旦那「」
意気消沈した旦那、ふて寝しに帰宅。フォース覚醒せず、昏睡。すまん…

ってな訳で今回も娘と二人っきりでペアシート座っていちゃいちゃ映画館デートしてきました。
もう最高に可愛かった。そして最高に楽しかった。愛らしさの中に哀愁を漂わせるパディントンが可愛すぎて一挙一動にいちいち萌え死。しかしただのクマ萌えだけじゃ終わらない、大人も子供も楽しめるエンタメ性に富んだ素晴らしい作品でした。あーほんと観て良かった!大満足!

シンプルなストーリーなんだけど粋な演出やセンスのいい笑いがいっぱいで、娘と一緒に何度も声出して笑いました。
ブラウン家のインテリアを始めビジュアル面でも拘りが感じられ、画的にとっても可愛らしかったのも高ポイント。イギリスの魅力満載なのも堪りません。ロンドンに行きたくなる!

因みに幼児の娘と一緒なので吹き替えで観賞しましたが、悪くなかったですよ。松坂桃李の声は品があってパディントンの紳士キャラにぴったりだったし、斉藤由貴のブラウン婦人も良かった。
(何より予告編のあのAIの曲が流れなくてほんと良かった…心底ホッとした)

吹き替えでも十分楽しめたけど、やっぱり大好きなベン・ウィショーの声でもう一回観たいなぁぁ…時間あればまた一人で観てこよかな…

去年のひつじのショーンといいキングスマンといい、ここんとこ何だかイギリス激アツだわ。キテるわ。
とりあえず寝る前の読み聞かせ絵本は当分パディントンになりそうな我が家です。はぁクマ可愛い。