複製された男の作品情報・感想・評価

複製された男2013年製作の映画)

Enemy

上映日:2014年07月18日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.2

あらすじ

大学講師のアダムは、ある日同僚から1本のビデオを薦められる。応じるままに鑑賞した彼は、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。あまりのことに驚きを通り越し恐怖を感じたアダムは、翌日から取り憑かれたようにその俳優を探し始める。アンソニーという名前を突き止め、気づかれないよう遠くから彼を監視するうちに、どうしても会って話しがしたくなったアダムは、遂にアンソニーに連絡する。その週末二人は対面…

大学講師のアダムは、ある日同僚から1本のビデオを薦められる。応じるままに鑑賞した彼は、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。あまりのことに驚きを通り越し恐怖を感じたアダムは、翌日から取り憑かれたようにその俳優を探し始める。アンソニーという名前を突き止め、気づかれないよう遠くから彼を監視するうちに、どうしても会って話しがしたくなったアダムは、遂にアンソニーに連絡する。その週末二人は対面し、顔、声、体格に加え生年月日も同じ、更には後天的に出来た傷までもが同じ位置にあることを知る。どちらが”オリジナル”でどちらが”ダブル”なのか―。なぜ自分と全く同じ人間が存在するのか―。アイデンティティの危機をミステリー仕立てで描いた衝撃作!

「複製された男」に投稿された感想・評価

わかりにくい。
ネタバレ→鑑賞→衝撃のラストの意味がわからず→ネタバレ(二回目)→理解。だった映画。
ドゥニヴィルヌーヴ監督ジェイクギレンホール主演ということで鑑賞。
性格や職業、置かれている人間関係が違うが同じ顔をした男がいるという設定は良いが、展開が分かりにくくちゃんと集中して見ていても頭がこんがらがり理解しきれない。
一度見た後にいくつかの考察・解説しているサイトを見て自分なりに納得する結論を出す、というまでがこの映画の楽しみ方だと思う。
考察・解説サイトで見た、蜘蛛を男を束縛する女性のメタファーにしてるというのが面白い。
考察するのが好きな人にはお勧めできる映画。
ただでさえ難解な内容なのに、さらに日本語タイトルでミスリードするのは如何なものか。
震源

震源の感想・評価

3.5
ドニーダーコの時あんなに可愛かったギレンホールがいい感じのナイスガイになってた
好きな監督と役者さんだったので見たら、全然理解できないなんだこれ???
見終わってから検索して多重人格の話という説を読んでだいぶ腑に落ちた。まんまと邦題に騙された。悪い意味で。
YukiYamada

YukiYamadaの感想・評価

3.0
久しぶりに難解な映画だった!
ただ何も考えずに観てたら、ラストカットで頭の中が???でいっぱいになると思います。僕はそうなりました。
ジェイクギレンホールのこの哀愁感と作品自体の薄暗く陰気な感じがとても面白い映画だった。
レトロ

レトロの感想・評価

2.0
マンネリな日々を送っている大学の歴史教員であるアダムは、ある日同僚から薦められた映画をレンタルして見たら、そこには自分とまったく「瓜二つな自分」が映っていた。その人物に興味が湧いたアダムは、次第に彼の事を調べていくのだが…
確実な答えが無く、監督の意図的に超難解に作りあげており、鑑賞者にあらゆる解釈をさせて投げっぱなしに終わるので、頭に❔❔❔が並びまくります🤔
1つ言えるのは、邦題にとらわれ過ぎて観ない方が良いという事くらいですかね
しかし、所々に出てくる蜘蛛🕸️🕷️🕸️の意味がまったく理解できんのよね🤷
44315

44315の感想・評価

3.7
Litに意味わからんから二回見よう思うけどちょいだるいけどいろんな解釈できるよね
>|