複製された男の作品情報・感想・評価

複製された男2013年製作の映画)

Enemy

上映日:2014年07月18日

製作国:

上映時間:90分

3.2

あらすじ

大学講師のアダムは、ある日同僚から1本のビデオを薦められる。応じるままに鑑賞した彼は、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。あまりのことに驚きを通り越し恐怖を感じたアダムは、翌日から取り憑かれたようにその俳優を探し始める。アンソニーという名前を突き止め、気づかれないよう遠くから彼を監視するうちに、どうしても会って話しがしたくなったアダムは、遂にアンソニーに連絡する。その週末二人は対面…

大学講師のアダムは、ある日同僚から1本のビデオを薦められる。応じるままに鑑賞した彼は、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。あまりのことに驚きを通り越し恐怖を感じたアダムは、翌日から取り憑かれたようにその俳優を探し始める。アンソニーという名前を突き止め、気づかれないよう遠くから彼を監視するうちに、どうしても会って話しがしたくなったアダムは、遂にアンソニーに連絡する。その週末二人は対面し、顔、声、体格に加え生年月日も同じ、更には後天的に出来た傷までもが同じ位置にあることを知る。どちらが”オリジナル”でどちらが”ダブル”なのか―。なぜ自分と全く同じ人間が存在するのか―。アイデンティティの危機をミステリー仕立てで描いた衝撃作!

「複製された男」に投稿された感想・評価

すわん

すわんの感想・評価

3.2
解説読んでやっとわかった気になってる。
蜘蛛がものすごく苦手なので、所々本当につらかった...最後とかもう(泣)
途中、頭の中でメッセージがチラついたのはなんだったのかな?と思ったら監督さんが一緒なのか。無知ですいません...
難しい映画ですね

鑑賞1回目、大体こういうオチなんだろうなと大雑把に予想して一応合ってはいたが、それでも良く理解が出来ないシーンはあった
こういった類のオチの映画はあまり好きではないが本作はそういった作品の中でも色々と考えていくと楽しそうな映画
「複製された男」...この邦題については頭にきた...でもそれは鑑賞1回目に限った話
以上が鑑賞1回目の感想であります

その後、ウェブ上の解説を読むことに
なるほどね...やっぱり難しいですこの映画
度々出てくる「蜘蛛」の解釈については納得です
そして、鑑賞1回目に頭にきた「複製された男」という邦題...
私はこの邦題を考えた方を褒め称えたい
解説読んで改めて邦題の意味を考えると納得です
内容ではなく邦題に感動しております
参りました...

約90分間という短い時間で大体がネタバレになるのでまともな感想を書くことができませんでした
(というかfilmarks...ネタバレマークせずにネタバレレビュー平気で書いている方多過ぎでは...?自覚してないんですかね?)

解釈を委ねがちな映画はあまり好きではないのですが、本作は普通に楽しめました
カメラワークも良かったです 監督
90分間あっという間な映画
話の展開はわかっていたと思っていたが、最後の最後ですべてが謎に…

なにがなんだかさっぱりわからん
だめだ、わからん。

だけど、あと味
とても良い。

また観たい。
んか

んかの感想・評価

3.2
正味、わけわからん。


もし自分が今と正反対の性格、境遇、環境に生きられるとしたら、、

どっちの世界が幸せなんだろう
ストーリーは理解できるけど
要所要所が意味不明(笑)
解説、解釈を書いてるブログ読んで
なんとなくそういうことか!ってなった。

それでも気持ちはあまり晴れない。
ユアン

ユアンの感想・評価

3.5
タイトルから完全にSFだと思って見出しので、妻が浮気を疑う発言をするところからあ、これSFではないと認識。だとするとこれは、二重人格の話だよね?
蜘蛛は母性の象徴だとして、最後はなんだろう。。。
ひでG

ひでGの感想・評価

2.6
皆さんは、「信用の俳優さん」ていませんか?
この人の映画は、面白いはずだって、思わせる、期待させる俳優さん。

まあ、僕もそうですが、多くの方にとって、トムハンクスはダントツじゃないでしょうかね。

最近では、僕はジェイク・ギレンホール!

本作はDVDレンタルに付いている予告編で何度か見て、「面白そう〜」て思ってたけど、ギレンホール主演って、最近知って、期待のレンタル!

だけど、だけど、、ギンちゃんでも【当然だが】外すこともあるんだな、
っていうか、かなりの外し方😃
っていうか、すかし方、
こりゃダメだわ!

ある大学教授が何気なく見たDVDに自分瓜二つの男を発見。
その男のことが気になって、どんどんはまっていく。
このらへんののめり込み度がギレンホールの名人芸。
映画とての説得力はないけれど、役者の力で保たれている緊張感。

しかし、その後のお話がいただけない(・_・;

「なんかあるぞ、あるぞ〜」て、ふりはすごいんだけど、何にもない。浅い展開。

よーやく、両方の奥さんとの絡みで、
「はは、は〜、こーゆーこと?!
ということは、あの男はあの男として生きていくんか?」

って、ラストの付け方としては、結構挽回してよかったんだけど、→このままだったら、スコア3.3ぐらい付けてもよかったんだけど、、

この後ラストに信じられないオチが!💢

最近見た映画の中では、【ワーストエンディング!】

「なんじゃい!それは!」
そりゃあ、ないよ、全然つながってないじゃん!

今までの2時間のお話をチャラにしてしまうようなエンディングって、最悪NGだと思う。
最初観たときは、何だこれー?だったけど原作小説でネタバレ読むと本当は奥が深い作品のようです。
ミステリー好きには楽しめるのかな?
僕はバカなので厳しいです…
>|