パンケーキレンズ

ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム0対31からの挑戦のパンケーキレンズのレビュー・感想・評価

3.5
スポーツに於ける外側の勝利と内側の勝利を、軽快に爽快にアツく描いた、感動のスポ根ドキュメンタリー

サッカーは世界の共通語でしょ♪

サモアという小さな島国の中でも、東側に位置する米領サモアが舞台で、なんと驚異的な記録が目白押しなんですわ!!!

過去に0対31のギネス級の大失点♪
もちろんFIFAランキング最下位(当時)♪
選手はみんな普通に仕事してるアマチュアの兄ちゃん♪
しかも、トランスジェンダーのオネエ選手もいます♪

ってね、そんな「愛おしさの塊」のようなチームが、オランダ人監督との出会いと熱血指導によって、何かがちょっとずつ変わっていくんですね・・・

「負けてもまた次があるさ♪へへへ」って笑ってた、変に楽観的な選手たちの表情が、みるみる戦う戦士の顔になっていくんです!

ちょっと口の悪い監督やけど
パワフルで魅力的♪
ほんでもって、泣かせる!
「目の前のチャンスを逃すな!」って言葉が、この監督が言うから余計に響く・・・

ポリネシアの豊かな自然と、スピリチュアルな空気

選手の成長を描いた映画ではあるけれど、外の世界から来た監督が、喪失と向き合うドラマでもある所に、泣かされました♪

ちなみに
2018年ワールドカップの予選結果を調べてみたところ、米領サモアは残念ながら1次予選で敗退・・・
でも、3戦2勝1負、6点もゲットしてました!

いつか、サムライブルーと戦う日が来るかもねーー♩