バルフィ!人生に唄えばの作品情報・感想・評価

バルフィ!人生に唄えば2012年製作の映画)

Barfee

上映日:2014年08月22日

製作国:

上映時間:151分

ジャンル:

3.8

あらすじ

生まれつき、耳が聞こえず、話せないバルフィは、豊かな感情を、眼差しと身ぶり・手ぶりだけで完璧に伝える街中の人気者。そんな彼に、密かに想いを寄せる二人の女性がいた。 一人は、資産家の男性と結婚したシュルティ。どこか愛情が欠如した関係に悩みを抱えていた中で、バルフィと運命的に出会い恋に落ちる。しかし一方で、「安定した未来」も捨てきれず、心の奥で気持ちは揺れ動いていた・・。もう一人は、人とうまく付き合…

生まれつき、耳が聞こえず、話せないバルフィは、豊かな感情を、眼差しと身ぶり・手ぶりだけで完璧に伝える街中の人気者。そんな彼に、密かに想いを寄せる二人の女性がいた。 一人は、資産家の男性と結婚したシュルティ。どこか愛情が欠如した関係に悩みを抱えていた中で、バルフィと運命的に出会い恋に落ちる。しかし一方で、「安定した未来」も捨てきれず、心の奥で気持ちは揺れ動いていた・・。もう一人は、人とうまく付き合えず、心を閉ざしていたジルミル。バルフィとは幼馴染で、ある日、偶然再会を果たす。そして、いつも優しくそばにいてくれるバルフィにだけは、次第に心を開いていき・・。“恋のリスク”に悩むシュルティ、本能的にバルフィに惹かれていくジルミル。二人の人生が、バルフィの愛によって動き始めていく。彼らの間では、どこにでもある甘く優しい言葉は必要ない。ただひとつ、相手を想う“心”さえあれば、互いの瞳を通して、愛を語り合うことができるのだ―。

「バルフィ!人生に唄えば」に投稿された感想・評価

ネパール、ブータン、バングラディシュ、中国に囲まれ、いまだに蒸気機関車の走る、“無国籍”情緒あふれるダージリン地区を舞台に。聾唖の青年バルフィと彼のマドンナであるシュルティ、富豪の娘で知的障害のあるジルミルの3人が織りなす仄かな恋物語。
世界各国のかわいらしい映像表現を繋ぎ合わせたカワイイ・フランケンシュタイン・モンスターのような傑作。
K

Kの感想・評価

3.0
障害と伝統や固定観念に縛られて自由に恋愛することすらできない若者といった社会的タブーを時に面白おかしくファンタジックに描くインド映画。

見ているだけでもハッピーになれる、色鮮やかで魅せる映像は好みでした。

中身はというと、前半のコメディタッチから、後半は人生とは、愛とは、幸せとは何かについて考えさせられる内容となっている。

150分越えの超大作は若干冗長に感じられましたが、終盤にかけてストーリーがまとまり、最終的には悪くはなかったが、メッセージの割に長いなと感じました。
耳に障害があり話せない青年“バルフィ”のドタバタラブコメディ。
話せないが故の愛情表現とかが独特で、ユーモアもあり面白かった!
所々『きみに読む物語』と展開が似てたかも。
タケシ

タケシの感想・評価

4.0
手話のシーンに
字幕付きしないのは珍しいパターン。

この手話の意味は何なのか
日本手話と違うので、
100%理解できなかったが
なんとなく、、大体わかるw

映像も編集良かったし、
障がい者役の2人の演技が良かった。
女優のイリアナ・デクルーズ可愛かったw
生まれつき耳が聞こえず話も出来ない青年バルフィが、自閉症のジルミルと、資産家と結婚した物の孤独を感じているシュルティという2人の女性の人生を変えていく様子を描いた、インドらしいファンタジックなラブストーリー。

主要3人のうち2人がハンディキャップを持つ設定ながら暗い感じは全く無く、まるで絵本の世界に飛び込んだかのようなカラフルでハッピーな世界観が特徴。その2人は基本的に喋れないので地味な映画になりそうな所を、チャップリンを思わせるパントマイムや、陽気な音楽とダンスで、むしろ「会話のある世界」よりも華やかになっている。パントマイムを使ったコミカルな描写は、邦題でも引用されている「雨に唄えば」に通じる楽しさだ。

設定上、手話が多用されるものの、そこには字幕を入れないスタイルが貫かれていて、それはつまり作品で描かれる世界を体感する事にも繋がる。台詞で感動したいタイプの人には入り込めないかもしれないけど、ここには言葉を超えた感動があると思う。ああ、やっぱりインド映画っていいな!
michika

michikaの感想・評価

3.6
内容のわりに長いのはインド映画なのでしかたない!あとは時系列を追うのが少し大変だけどおおむね面白かった。
耳の聞こえない主人公ならではのシチュエーションがちょっとほろ苦いところが多々ありよかったです。
雨に唄えばを思い出します。
とても素敵な映画でした〜〜
なを

なをの感想・評価

4.0
#インド映画を観よう2018 9本目

良い意味でも悪い意味でも、インド映画っぽくない。ストーリーとか映像の美しさはハリウッドっぽさすらある。
「一番のリスクはリスクを回避しようとすること」、わからんようでわかるようでやっぱわからんな〜〜笑笑
>|