バルフィ!人生に唄えばの作品情報・感想・評価

バルフィ!人生に唄えば2012年製作の映画)

Barfee

上映日:2014年08月22日

製作国:

上映時間:151分

ジャンル:

3.8

あらすじ

生まれつき、耳が聞こえず、話せないバルフィは、豊かな感情を、眼差しと身ぶり・手ぶりだけで完璧に伝える街中の人気者。そんな彼に、密かに想いを寄せる二人の女性がいた。 一人は、資産家の男性と結婚したシュルティ。どこか愛情が欠如した関係に悩みを抱えていた中で、バルフィと運命的に出会い恋に落ちる。しかし一方で、「安定した未来」も捨てきれず、心の奥で気持ちは揺れ動いていた・・。もう一人は、人とうまく付き合…

生まれつき、耳が聞こえず、話せないバルフィは、豊かな感情を、眼差しと身ぶり・手ぶりだけで完璧に伝える街中の人気者。そんな彼に、密かに想いを寄せる二人の女性がいた。 一人は、資産家の男性と結婚したシュルティ。どこか愛情が欠如した関係に悩みを抱えていた中で、バルフィと運命的に出会い恋に落ちる。しかし一方で、「安定した未来」も捨てきれず、心の奥で気持ちは揺れ動いていた・・。もう一人は、人とうまく付き合えず、心を閉ざしていたジルミル。バルフィとは幼馴染で、ある日、偶然再会を果たす。そして、いつも優しくそばにいてくれるバルフィにだけは、次第に心を開いていき・・。“恋のリスク”に悩むシュルティ、本能的にバルフィに惹かれていくジルミル。二人の人生が、バルフィの愛によって動き始めていく。彼らの間では、どこにでもある甘く優しい言葉は必要ない。ただひとつ、相手を想う“心”さえあれば、互いの瞳を通して、愛を語り合うことができるのだ―。

「バルフィ!人生に唄えば」に投稿された感想・評価

ネパール、ブータン、バングラディシュ、中国に囲まれ、いまだに蒸気機関車の走る、“無国籍”情緒あふれるダージリン地区を舞台に。聾唖の青年バルフィと彼のマドンナであるシュルティ、富豪の娘で知的障害のあるジルミルの3人が織りなす仄かな恋物語。
世界各国のかわいらしい映像表現を繋ぎ合わせたカワイイ・フランケンシュタイン・モンスターのような傑作。
とろろ

とろろの感想・評価

4.0
役者の表情豊かな演技とアコーディオンの音楽が言葉の少なさを感じさせないし、言葉以上にたくさんのストーリーを目で話す役者の演技力が凄まじい。
楽しい映画かと思いきやストーリーはなかなか切なく深い……五体満足だから自由に生きられるわけではないんですよね。
みう

みうの感想・評価

3.8
ランヴィールとプリヤンカの演技力がすごい!

主人公が耳が聞こえなくて話せないからセリフがかなり少ないけど、 その分表情と自然豊かな映像とアコーディオンの音楽でバルフィの人柄がすごくあらわされてるかんじがする!

途中ちょこっと中だるみするけど、全体を通しては雰囲気があるいい映画やった!
運命は変わるんだね
CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

3.5
【インド映画は鬱を治す】
『深夜特急』かなんかに書かれていたことだが、インド映画が華やかで長いのは、貧しいインド人にとって映画は現実逃避のツールだかららしい。

『バーフバリ』を観てその理論は的を射ているなと痛感させられたのだが、またしてもそれを裏付ける作品に出会った。

その名も『バルフィ!』。明日から会社だと思い鬱気味な私を癒してくれた。話は聾唖者の青年バルフィが、綺麗な女性と自閉症の女性に恋するという物語。これまたインド映画だからと侮るなかれ。

本作は、チャップリンやキートンといったサイレント時代のコメディ映画に愛を捧げた作品だ。

台詞よりも、身体表現でもって喜怒哀楽を観客に伝える。不器用なんだけれども、全力でユーモアと愛を表現するバルフィに癒される。

最近の作品なんだけれども、インド映画なんだけれども、大昔の古き良きアメリカの情緒が流れており何故か涙が出ていた。

ストレス社会、見渡す限りトゲトゲな時代に必要不可欠な癒しがここにはあった。
Rick

Rickの感想・評価

4.5
バルフィと出会い、過ごした人々の口から彼について語られる。バルフィ自身は口がきけず、自ら言葉を発することはないが、その代わり全身で感情を表す。
声を出さずとも感情を伝えることができるメディアが映画であり、チャップリンやキートンなど無声映画の手法を多用することで、言葉ある人たちよりも雄弁である。
数奇な運命で繋がれた3人の男女が丁寧な心情描写と共に生き生きと映画の中にいる。
rrrr

rrrrの感想・評価

4.0
予想以上に壮大なストーリー、温かみがある
ao57577

ao57577の感想・評価

4.4
映画好きになったきっかけ
素敵な映画です。
映画館&DVDと何回か見てるけど最後はなんか幸せな気持ちになる😊
ランビールカプールやっぱり好きだなぁ
ごとー

ごとーの感想・評価

3.5
2016/01/15
初インド映画。こんなに泣ける面白い作品だとは思わなかった。追う追われるの関係が友情になっていくっていう王道パターンいいなー。シュルティかわいい!
>|