バルフィ!人生に唄えばの作品情報・感想・評価

バルフィ!人生に唄えば2012年製作の映画)

Barfee

上映日:2014年08月22日

製作国:

上映時間:151分

ジャンル:

3.7

あらすじ

生まれつき、耳が聞こえず、話せないバルフィは、豊かな感情を、眼差しと身ぶり・手ぶりだけで完璧に伝える街中の人気者。そんな彼に、密かに想いを寄せる二人の女性がいた。 一人は、資産家の男性と結婚したシュルティ。どこか愛情が欠如した関係に悩みを抱えていた中で、バルフィと運命的に出会い恋に落ちる。しかし一方で、「安定した未来」も捨てきれず、心の奥で気持ちは揺れ動いていた・・。もう一人は、人とうまく付き合…

生まれつき、耳が聞こえず、話せないバルフィは、豊かな感情を、眼差しと身ぶり・手ぶりだけで完璧に伝える街中の人気者。そんな彼に、密かに想いを寄せる二人の女性がいた。 一人は、資産家の男性と結婚したシュルティ。どこか愛情が欠如した関係に悩みを抱えていた中で、バルフィと運命的に出会い恋に落ちる。しかし一方で、「安定した未来」も捨てきれず、心の奥で気持ちは揺れ動いていた・・。もう一人は、人とうまく付き合えず、心を閉ざしていたジルミル。バルフィとは幼馴染で、ある日、偶然再会を果たす。そして、いつも優しくそばにいてくれるバルフィにだけは、次第に心を開いていき・・。“恋のリスク”に悩むシュルティ、本能的にバルフィに惹かれていくジルミル。二人の人生が、バルフィの愛によって動き始めていく。彼らの間では、どこにでもある甘く優しい言葉は必要ない。ただひとつ、相手を想う“心”さえあれば、互いの瞳を通して、愛を語り合うことができるのだ―。

「バルフィ!人生に唄えば」に投稿された感想・評価

ネパール、ブータン、バングラディシュ、中国に囲まれ、いまだに蒸気機関車の走る、“無国籍”情緒あふれるダージリン地区を舞台に。聾唖の青年バルフィと彼のマドンナであるシュルティ、富豪の娘で知的障害のあるジルミルの3人が織りなす仄かな恋物語。
世界各国のかわいらしい映像表現を繋ぎ合わせたカワイイ・フランケンシュタイン・モンスターのような傑作。
Taisei

Taiseiの感想・評価

4.2
心に従って生きないと
rihoko

rihokoの感想・評価

4.4
とても綺麗なシーンが多くて、確かに長くて不思議な映画だけど素敵
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
2017/4/29鑑賞(鑑賞メーターより転載)
このところ当たりばかり続いている(というか当たったやつだけうまいこと紹介されているのだろうが)評判高いインド映画の一本。耳が聞こえないもののポジティブで茶目っ気たっぷりの主人公バルフィが、彼に好意を寄せられたものの状況が許さなかったシュルティ、心を開けないジルミルというそれぞれに難しさを抱えた2人を変えていく。インド映画にしては短いものの微妙な間延び感があってちょっと退屈した時間が長かったのが残念だが、でも概して心温まるし「日々後悔しないように行動すべし」と改めて思わされる佳作ではある。
亘

亘の感想・評価

3.7
インド・ダージリンで1人の男バルフィが亡くなった。ソーシャルワーカーのシュルティは彼との思い出を語り始める。彼は耳が聞こえないし話もできない。それでも心に従って生きた彼の人生は波乱万丈で幸せなものだった。

バルフィの人生を1972年・1978年・現在の3つの時間軸を中心に追う作品。1972年ではシュクルティとバルフィの出会い、1978年には逮捕されたバルフィの聴取、そして現在は関係者へのシュルティのインタビューとシュルティの思い。初めはバルフィを謎として見てしまうが、回想シーンを見るうちにバルフィの魅力に引き込まれる。

周囲とのコミュニケーションに難があったしトラブルメーカーだった。冒頭からバルフィは警察に追われるし、他にも警察に追われることがしばしば。でも実はバルフィは優しい心の持ち主だし常に周りを楽しませようとする。シュルティとの出会いもかなり強引だけど彼女を楽しませようとした結果だし、近所の自閉症の少女ジルミルに対しても明るく接する。聞こえないし話せないからバルフィの行動はパントマイムのようで見ていて楽しかったしバルフィのひた向きさが伝わってきた。

この作品の主題は人生を楽しむこと・心に従って生きること。シュルティは、バルフィを気になっていたものの母の後悔話もあって"申し分ない男"と結婚するが上手くいかず。ジルミルの両親は金目当てで娘を手元に置こうとする。バルフィとジルミルはそんな利益を追わない。バルフィは心の向くままにシュルティのプロポーズするし、ジルミルはバルフィのそばにずっといようとする。一方がいなくなれば必死で探しあう。

耳が聞こえない・話せないバルフィと自閉症のジルミルは社会全体からすればマイノリティだしそれだけで不幸に見えるかもしれない。でも実際は人生を精一杯楽しんだのであって、もしかしたら警部とか資産家のジルミルの両親より豊かな人生を送れたのかもしれない。シュルティがジルミルの生き方を尊敬するラストは印象的。

印象に残ったシーン:バルフィとシュルティの出会いのシーン。バルフィがジルミルと共に警察から逃げ続けるシーン。シュルティがバルフィ・ジルミルへの思いをつづるシーン。
1812movie

1812movieの感想・評価

3.0
自閉症の女の子、めっちゃいい演技する。でもやっぱりインド映画はちょっと長すぎて疲れる。
maipoyox

maipoyoxの感想・評価

3.2
なんかチャップリン見てるみたい
※

※の感想・評価

-
耳と口に障害があるため話さないバルフィを映像で追うのはつまらなく、26分ほどで断念。
>|