CinemaTravel

KANO 1931海の向こうの甲子園のCinemaTravelのレビュー・感想・評価

KANO 1931海の向こうの甲子園(2014年製作の映画)
4.0
昨年冬に劇場で見て気に入りDVD買って再鑑賞。
DVDだと台湾人選手達のたどたどしい日本語が一層聞きとりにくいという難点はありますが、やっぱりおもしろかったです!
台湾映画だけど日本統治下の台湾が舞台なので9割日本語です。
1931年甲子園、台湾代表嘉義農林学校(通称:嘉農)が旋風を巻き起こした実話に基づく野球スポ魂映画です。
この立役者が、名門松山商業を全国大会に導いた後、台湾で会計士をしていた近藤兵太郎監督。
近藤監督が弱小チームを甲子園に導く姿と、それについていこうとする選手達の姿が胸を打ちました。
内容はチームメイトとの絆、師弟関係とか野球への思いなどシンプルなんですが、嘉農は日本人、原住民、漢民族の混成チーム。
近藤監督の周囲になにを言われようと己の正しい道を貫く姿がかっこよかったです。
野球っていいな、という映画ですので、野球ファン、甲子園ファンにはオススメです。
演技ではなく野球で出演者を決めたらしく、野球シーンがかっこよく描かれています。