KANO 1931海の向こうの甲子園の作品情報・感想・評価

KANO 1931海の向こうの甲子園2014年製作の映画)

KANO

上映日:2015年01月24日

製作国:

上映時間:180分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「KANO 1931海の向こうの甲子園」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

4.5
日本統治下の台湾、嘉義農林学校の野球部が日本人監督の下、甲子園出場を果たすという実話を下にした作品。

セデックバレでも描かれていたけど、日本の台湾統治は、あまりにも複雑な環境で、
喜びも悲しみも共存している状況だった。

セデックバレでは、原住民族が日本人を大量殺戮する作品だったが、
この作品では異民族同士が甲子園出場へ、一つの目標に向かって共に闘うと言う、台湾の方達の日本へのとびきりのラブレター的な作品になっている。

映画としては三時間という長さを感じない、非常に丁寧に作られた人間ドラマ。
ただ台湾の俳優の日本語がよく聞き取れない、永瀬正敏ら日本人俳優の紋切り型の演技がややマイナス点。

それでも爽やかなスポ根物としても、日台の友情と絆を描いた作品としても、特筆すべき作品であり、日本人であるなら絶対見るべき作品だと断言出来る。
野球、甲子園好きな私としては最高の映画。
キャストをプロの役者を使わずに野球経験者の素人役者を使ったのが良かったです。

8割日本語のセリフで台湾人の方々が頑張って日本語を喋っているので聞き取りづらい所もありますがそれもご愛嬌。
スポ根に弱いので鬼泣いた。
ちょっと長めだから根気いる
airin

airinの感想・評価

4.5
日本台湾統治時代の甲子園!台湾代表チームのお話。195分。最初は長いなあと思いながら観てたけど、後半に連れて面白くなり、ただの涙活になりました。CG感と詰め込み過ぎ感はアジア映画ってかんじ!呉選手の本物のお孫さん、息子さんだったり、本物の野球選手使っていたりと色々スゴイです。蘇役は嘉義農林大の選手だし、アキラ役も俳優じゃなくて野球選手!!とにかくスゴイです。北海道の選手の俳優さんがインタビューで言ってたけど、俳優じゃなく本当に選手たちが好きな野球をしてるだけ、っていうのがリアル。
でも一つ違和感なのは、やっぱり著名な俳優だからしょうがないのかもしれないけど、クレジットに日本の著名俳優ばかり大きく出てくること。この差別の時代に人種を超えて一つのチームとして勝ち進んだ栄光を監督は描きたいはずなのに、その大人の事情が残念。近藤監督を称えるだけのための映画ではないはず。
曹佑寧はもし韓国に生まれてたら間違いなくアジアのトップスターだったと思う…台湾、産業が少し小さくてもったいない…
下っ端

下っ端の感想・評価

3.7
肩よすぎ
三人乗り
本屋いい感じ
濱田3号
アドベンチャーレースの担ぎ方
球場は神聖な場所だ。入る前に必ず一礼し、感謝しなさい。
あんなに縮むものなのか?
男なら堂々としなさい
打たれるのを恐れるな。最初から恐れてると、狙い通りの球がいかん。
野球に人種なんか関係ないやんけ
傘脆い
球は魂なり
勝負は野球でつけろ
今日はただこれを見つめろ
勝ちたいと思うな。負けられないと思え。
土は土だ
民族の違いなんか関係ない
最後まで自分を信じろ。そして、仲間を信じろ。
吉田くん
一球入魂

永瀬正敏好きな先生がオススメだと言ってDVD貸してくれました。私も農業高校に通ってますが、野球部めっちゃ弱いです。
野球はやっぱり面白いなって思いました。夏の甲子園100回記念大会とか見た後だと、また感慨深いものがあり……。
100回目の夏を迎えた甲子園
今年も開幕を観に行ったが、開会式でKANOの話がでてきたためずっと気になっていた。
3時間超と長いが、試合それぞれが細かに描写されハラハラだった
たゆまぬ努力、諦めぬ強い意志、一球一球に込める思い、民族は違えどチームがまとまり、次々に勝ち進む嘉義農林は見事だった
CG感は確かに強かったが、大切なのはストーリーだった
高校野球100回記念大会で盛り上がってますね
金足農業が100何年ぶりの秋田県勢で決勝進出とかで

ん? ん?
大会数と何年ぶり合わなくない?

アッー!
戦争で中止なってた時期があるだなぁ

そんな時代の歴史に流れに翻弄された野球の人間物語

選手の数だけドラマになる

青春いいよ!青春!!
俺は帰宅部だったけどね
>|