KANO 1931海の向こうの甲子園の作品情報・感想・評価

KANO 1931海の向こうの甲子園2014年製作の映画)

KANO

上映日:2015年01月24日

製作国:

上映時間:180分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1931年、日本統治時代の台湾から甲子園に出場し決勝まで勝ち進んだ、日本人、台湾人(漢人※注1)、台湾原住民※注2による「嘉義農林学校」野球部<KANO>の感動の実話。鬼監督・近藤兵太郎役を永瀬正敏が演じ、台湾映画最大級の製作費をかけて映画化した超大作エンターテインメント! ※注1:中国大陸から移住した漢民族の子孫 ※注2:台湾の先住民の正式な呼称

「KANO 1931海の向こうの甲子園」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

4.5
日本統治下の台湾、嘉義農林学校の野球部が日本人監督の下、甲子園出場を果たすという実話を下にした作品。

セデックバレでも描かれていたけど、日本の台湾統治は、あまりにも複雑な環境で、
喜びも悲しみも共存している状況だった。

セデックバレでは、原住民族が日本人を大量殺戮する作品だったが、
この作品では異民族同士が甲子園出場へ、一つの目標に向かって共に闘うと言う、台湾の方達の日本へのとびきりのラブレター的な作品になっている。

映画としては三時間という長さを感じない、非常に丁寧に作られた人間ドラマ。
ただ台湾の俳優の日本語がよく聞き取れない、永瀬正敏ら日本人俳優の紋切り型の演技がややマイナス点。

それでも爽やかなスポ根物としても、日台の友情と絆を描いた作品としても、特筆すべき作品であり、日本人であるなら絶対見るべき作品だと断言出来る。
Komey

Komeyの感想・評価

3.5
野球好きだからなのか面白かった!
ただ途中なに言ってるかわからなかったり、日本語が棒読みだったりしてカタコトの日本語って感じにはならなかったとこがちょっと残念。
でも最後の終わり方とか自分好みだから凄く良かった!!
とても楽しめた
でもひどい日本語がマイナス
長時間の作品 友達には勧める
もゆ

もゆの感想・評価

3.6
大学の授業で観た〜最初試合の時あたり眠かった笑アキラがイケメンだった。小中陸上の時みたいな緊張感を思い出した。私自身体育会系じゃないので観ててこんなに最初から動いて息切れしないのかな、肺がヤバくならないかなとか考えてしまって疲れたけど少し感動した笑
この歴史を知っている人がどれくらいいるだろうか?
そもそも台湾が日本だったこと、そして甲子園に台湾代表が出ていたこと。
先住民族と漢民族と日本本島から台湾に移住していた人から成るチーム。
いづれも「日本人」である。この事実を忘れてはいけないと自戒したい。
ふじ

ふじの感想・評価

3.3
スポ根+人種差別
野球映画の中だと面白い
KATSU

KATSUの感想・評価

2.0
実話なので深みはあるけど、
八田興一や、初恋のお姉ちゃんの、結婚、出産など、野球以外の時代背景を詰め込み過ぎて、枝分かれしたストーリーが、逆に残念。

甲子園を目指すチームのストーリーだけなら良かった。

ちょいしかでない、大沢たかおの存在感で、観てる人を惑わす結果。

あとは、現地キャストの少年が、台湾訛りの日本語を話すのは理解できるが、ガチで聞き取りづらい…

その辺が作品を中途半端な豪華さを醸し出してる。
rinorino

rinorinoの感想・評価

3.9
嘉南大しゅうが完成して水が流れたシーンで泣けました
野球のルールもよく知らないし、これまで甲子園も見たことなかったけど楽しめたし、一緒に感動できた。
実話が基になってるとは本当に凄い
この時代のことをもっと知りたいと思いました
甲子園・高校野球
へぇ~、こんな歴史があったのですね

14年「バンクーバーの朝日」もそうでしたが、野球ひとつとっても知らないことが・・・自分にとって映画は、ときに歴史の先生です
翡翠

翡翠の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

〈前編〉
「監督が毎日甲子園って言うから、すぐ隣で道を渡れば着くみたい。そんなに難しいとは思えない」
「危機感なしでも立派に実を実らせることができるのか」
〈興奮〉
前半は長く感じたけど、ピッチャーのケガが判明してからみんなが一つになっていくところで熱い涙が。
>|