KANO 1931海の向こうの甲子園の作品情報・感想・評価

KANO 1931海の向こうの甲子園2014年製作の映画)

KANO

上映日:2015年01月24日

製作国:

上映時間:180分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1931年、日本統治時代の台湾から甲子園に出場し決勝まで勝ち進んだ、日本人、台湾人(漢人※注1)、台湾原住民※注2による「嘉義農林学校」野球部<KANO>の感動の実話。鬼監督・近藤兵太郎役を永瀬正敏が演じ、台湾映画最大級の製作費をかけて映画化した超大作エンターテインメント! ※注1:中国大陸から移住した漢民族の子孫 ※注2:台湾の先住民の正式な呼称

「KANO 1931海の向こうの甲子園」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

4.5
日本統治下の台湾、嘉義農林学校の野球部が日本人監督の下、甲子園出場を果たすという実話を下にした作品。

セデックバレでも描かれていたけど、日本の台湾統治は、あまりにも複雑な環境で、
喜びも悲しみも共存している状況だった。

セデックバレでは、原住民族が日本人を大量殺戮する作品だったが、
この作品では異民族同士が甲子園出場へ、一つの目標に向かって共に闘うと言う、台湾の方達の日本へのとびきりのラブレター的な作品になっている。

映画としては三時間という長さを感じない、非常に丁寧に作られた人間ドラマ。
ただ台湾の俳優の日本語がよく聞き取れない、永瀬正敏ら日本人俳優の紋切り型の演技がややマイナス点。

それでも爽やかなスポ根物としても、日台の友情と絆を描いた作品としても、特筆すべき作品であり、日本人であるなら絶対見るべき作品だと断言出来る。
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📺✒️📑
日本と台湾の歴史に残る実話。野球で共に努力した仲間たちはそれぞれ違う道へと進み戦死した人、日本のプロ野球で活躍した人、他にも様々。人種の隔たりなくプレーをして周りの意見を覆してゆく。台湾代表が甲子園に出場したなんて知りませんでした!
聖地巡礼がたのしみ〜
shoosei

shooseiの感想・評価

3.3
長い。映画がおもしろいというより史実がおもしろいという感じ
REI

REIの感想・評価

2.7
台湾と日本の歴史が少しわかる映画でした。
れぼこ

れぼこの感想・評価

4.0
日本統治時代の台湾の嘉義市に実在した、嘉義農林学校の弱小野球チームを取り上げた感動の実話の物語。

舞台は1929年。
連敗続きの野球部に新任監督として迎えられた日本人の近藤兵太郎。
厳しい練習に明け暮れ、部員たちは次第に闘争心に目覚め、甲子園出場を夢見るようになるのだった。

他の民族を蔑むことなく、むしろ長所としてチームを作り上げていく監督の思想を馬鹿にする者、嘲笑う者。
そういった人として愚かな描写も、見返せるだけの素晴らしい内容で満たされています。

泥臭さの拭えない野球が美しい。
目に見えるものだけが全てではない、そんな野球に心を鷲掴みにされてしまう。
そんな彼らも技術を磨き、心身共に成長していく様も見もの。
そして成長するのは監督も同じであった。

最近、軽度難聴の疑いがあると言われてしまいました。
片言の日本語に聞き取れない場面もありましたが、字幕があって良かったです。
エンドロールで監督や選手のその後が紹介され、更に泣いてしました。
結構面白かったけど随分前に見たので評価つけません
seishirow

seishirowの感想・評価

2.5
まさに現代の高校野球にも存分に垣間見れる少し時代遅れの日本イズムを礼賛した、くすぐったい親日国台湾の映画。かなり聞き取りにくいのだが、日本語がほとんどなのが驚き。だからといってこれが日本人向けに作られたものではなく、やはり台湾人が楽しめるように作られているのだな、というのは良くわかる。大人たちは10年かかった治水プロジェクトが完成し、子供は野球で内地にひと泡吹かせる、という時代。
でもそれは混沌の時代。アジア周辺国に拡大する共栄圏、満州朝鮮台湾。
でも実際のところ、日本から出ても日本語で会話できるって良いよな。日本が覇権国家になってたら今の英語圏の人間みたいに気軽に国外で英語だけ喋って生活してあまつさえ母国語を適当に教えて職業にできるとか夢のよう。
映画からそれたけど、スポ根好きな人は是非。
応援として甲子園に出たことがある私。
そのあと、音楽の道を諦め中国語の道、そして台湾へ。
甲子園まで行った母校は今や更地。

だけど青春はいつまでもいつまでも色褪せないね。
昔を思い出し、わたしのためにある映画かと思うくらい。
涙でぐちゃぐちゃになりながら見終えました。
>|