KANO 1931海の向こうの甲子園の作品情報・感想・評価

KANO 1931海の向こうの甲子園2014年製作の映画)

KANO

上映日:2015年01月24日

製作国:

上映時間:180分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1931年、日本統治時代の台湾から甲子園に出場し決勝まで勝ち進んだ、日本人、台湾人(漢人※注1)、台湾原住民※注2による「嘉義農林学校」野球部<KANO>の感動の実話。鬼監督・近藤兵太郎役を永瀬正敏が演じ、台湾映画最大級の製作費をかけて映画化した超大作エンターテインメント! ※注1:中国大陸から移住した漢民族の子孫 ※注2:台湾の先住民の正式な呼称

「KANO 1931海の向こうの甲子園」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

4.5
日本統治下の台湾、嘉義農林学校の野球部が日本人監督の下、甲子園出場を果たすという実話を下にした作品。

セデックバレでも描かれていたけど、日本の台湾統治は、あまりにも複雑な環境で、
喜びも悲しみも共存している状況だった。

セデックバレでは、原住民族が日本人を大量殺戮する作品だったが、
この作品では異民族同士が甲子園出場へ、一つの目標に向かって共に闘うと言う、台湾の方達の日本へのとびきりのラブレター的な作品になっている。

映画としては三時間という長さを感じない、非常に丁寧に作られた人間ドラマ。
ただ台湾の俳優の日本語がよく聞き取れない、永瀬正敏ら日本人俳優の紋切り型の演技がややマイナス点。

それでも爽やかなスポ根物としても、日台の友情と絆を描いた作品としても、特筆すべき作品であり、日本人であるなら絶対見るべき作品だと断言出来る。
なおこ

なおこの感想・評価

4.3
舞台は日本統治時代の台湾

嘉農高校の野球部は、台湾人と日本人の混合チーム

1度も試合に勝ったことがなかったが、近藤監督という鬼コーチの指導のもと、甲子園を目指す

生徒たちの純粋で、打たれ強く、絶対に諦めない姿には、今の私には眩しすぎた

近藤監督は鬼コーチだけど、野球が、この嘉農高校野球部が、本当に好きなんだなぁと指導から伝わってくる

たまに見せる父の顔もよかった

この映画は、決して青春映画ということだけではない

台湾人と日本人の混合チームということで、甲子園で勝利したときは記者からは差別的な発言を受ける

しかし選手や監督は人種、民族なんて関係ないと、チーム一丸となって試合に臨む

ピッチャーの呉くんが諦めずボールを投げ続ける姿、そしてケガをしている呉くんにボールを打たせろ!俺らがここを通させない!と言葉を投げかける仲間たちの姿にはとても感動しました

嘉農高校野球部にはとても元気をもらいました
台湾、野球がもともと好きなので、とてもこの映画が好きになりました
台湾で観たというムスメと帰宅後深夜の鑑賞会でした。
良い映画やった。
野球って良いわぁ!!!!

ムスメのお蔭で台湾や台湾の若い人達が身近に感じられるから余計に
気持ち移入できたのもある。
台湾の俳優さんの日本語が、本当にいじらしく感じられて、、、、。
ishooooo

ishoooooの感想・評価

3.7
嘉義農林高校弱小野球部。彼らは3カ国の人種が混じり合い、楽しく野球に取り組むものの未だ勝利なし。
そこへ表れた近藤は超体育会系の鬼軍曹のよう。彼らを甲子園へ導くことができるのか。1931年の台湾史の一大事を描いた映画。
suuuu

suuuuの感想・評価

3.8
嘉義の野球チーム、エース投手の淡い恋、人種の多様性、八田與一のダム、3時間以上をかけて当時の台湾の姿を描いて行く。ブルーバックの粗さはありつつも、ワンショットワンショットの力はかなりあったし、大作感のある音の使い方など、台湾映画の大きな発見だった。
特にピッチャーの叶わなかった恋と次々に叶っていくその他の夢、という構造があまりに切なく、戦争に突入してしまった後を前後に差し込む円環も一層若者たちの青春を刹那的に見せていた。
ずっと気になってたKANO。
台湾旅行中に観た。

これはただの甲子園を目指す青春ストーリーではなくて、
・日本統治時代の台湾に住む日本人・台湾人(高砂族)の生き様
・当時の日本から見た台湾という場所
・嘉義での生活
などなど、台湾が日本の一部だった時代の様子を見せてくれる。

日本人も、いわゆる"他民族"と暮らした過去があるんだなぁとか、台湾にいるとさらに考えさせられる内容。
歴史がわかる度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

話自体はすごく感動しました!
時間が長いのでどうなのだろうと思っていましたが、面白かったです。

180分と長いので、ゆっくり時間がある時に見ることをオススメします!
zhou14

zhou14の感想・評価

-
長い。タイトルが悪い。それでも見どころはあった。
2015/01/15
K

Kの感想・評価

3.0
記録
>|