KANO 1931海の向こうの甲子園の作品情報・感想・評価

KANO 1931海の向こうの甲子園2014年製作の映画)

KANO

上映日:2015年01月24日

製作国:

上映時間:180分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「KANO 1931海の向こうの甲子園」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

4.5
日本統治下の台湾、嘉義農林学校の野球部が日本人監督の下、甲子園出場を果たすという実話を下にした作品。

セデックバレでも描かれていたけど、日本の台湾統治は、あまりにも複雑な環境で、
喜びも悲しみも共存している状況だった。

セデックバレでは、原住民族が日本人を大量殺戮する作品だったが、
この作品では異民族同士が甲子園出場へ、一つの目標に向かって共に闘うと言う、台湾の方達の日本へのとびきりのラブレター的な作品になっている。

映画としては三時間という長さを感じない、非常に丁寧に作られた人間ドラマ。
ただ台湾の俳優の日本語がよく聞き取れない、永瀬正敏ら日本人俳優の紋切り型の演技がややマイナス点。

それでも爽やかなスポ根物としても、日台の友情と絆を描いた作品としても、特筆すべき作品であり、日本人であるなら絶対見るべき作品だと断言出来る。
まぁ

まぁの感想・評価

3.9
公開時、劇場鑑賞…☆
地上波での放送があったので…再見…♪

高校野球は大好き…♬
でも…
戦前に台湾の学校が、甲子園に出ていた…
しかも「決勝」まで進んでいたとは…本作を観るまで知らなかった…

白球を追いかける姿
一球にこめる想い
仲間との絆
指導者との出会い…

…やはり「熱い」…♡

最上級生の想い…(涙)
事情があって…辞めなければいけない生徒…(涙)
指導者(永瀬正敏)の過去…(涙)

…1人1人に…「ドラマ」がある…(涙)

後半に連れて…どんどん面白くなっていき…
胸が熱くなって…(涙)

ラストにかけて…どば〜っと…(涙)
涙腺が緩む作品…(涙)

(…この作品…「台湾映画」…だったんですね…♡ 「台湾」…親日の方が多い…という印象ですが…
キャストさんも…日本語、頑張ってます…♡…)

映画天国(日テレ地上波 1月15日放送の録画)にて鑑賞…☆
…長い作品なので…前後編に分けて…放送…♬
映画天国でたまたまやってた
台湾の高校が甲子園で活躍する実話。長いけど、なかなか
Yuka

Yukaの感想・評価

4.5
呉くんがとってもかっこいいし、感動する映画。
KANANOフィーバーに沸いた今年。略称も似てれば、農業という共通点も。野球人として、素直にかっこいいなと思えた作品でした。
Punch

Punchの感想・評価

3.1
長え、
水曜日

水曜日の感想・評価

2.8
日本統治下の台湾、嘉義農林高校が甲子園に出場する物語を描く。3時間、長いよ。

永瀬正敏がいるだけで、“破綻から再生”の物語だと察する。彼は世界の俳優でも稀有な存在であると思う。そのうえ“野球のコーチ”って、絶対に泣けることな間違いない。この映画の台湾の俳優たちも“再生マジック”に包まれる。

台湾のインフラを作った“良い日本人”が描かれている。台中から台南にかけての穀倉地帯や赤レンガの工業団地を見ると、未だに昭和初期を其処に見ることができる。この映画のセットのままの世界を散見できる。

台湾も戦争に翻弄され、チームの何人かは戦死もしている。戦争の是非とか関係なく、最後に日本が彼等を巻き込んだという事実を突きつけられる。
-------
この映画の評も前に書いたのに…消えてる
>|