アメリカン・スリープオーバーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

アメリカン・スリープオーバー2010年製作の映画)

THE MYTH OF THE AMERICAN SLEEPOVER

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:97分

3.7

あらすじ

「アメリカン・スリープオーバー」に投稿された感想・評価

はー。いいなあこの雰囲気。素敵な色味に浸った。アメリカの高校生達の、夏休み最後の一夜の群像劇。
 
明日になれば3カ月ぶりに友達に会えるとか、後輩が出来るとか、席替えクラス替えがあるとか、可愛い転校生が来るとか来ないとか?そんなわくわく要素&そわそわ要素を抱えたティーン達には、新学期開始直前の独特の雰囲気が渦巻いている。
 
そして開催される同時多発スリープオーバー=お泊り会。散りばめられたティーン青春映画あるある&スリープオーバーあるあるが楽しい。友達の部屋に忍び込む、日記を盗み読む、友達のお姉さんにドキドキする、夜のプールで泳ぐ、ちょっとした火遊び、エロビデオ鑑賞会、お酒を嗜む etc。ふっと始まる恋。あっけなく終わる恋。失恋の涙。
 
まだまだピュアな子と、とっととませてる子がいて、なんか懐かしい。好きな子に会いたい!!ってなって奇想天外な行動に出る子って確かにいた。「今日体育の時間だけで3回も目が合ってんけど!!」とかそんななんの事実もない、気のせいかもしれないことで大騒ぎ出来てたなんて素晴らしいな。
 
親以外の大人がちっとも出てこないし、出てきたら爆睡かっとんでてめちゃ良かった。
 
このまったりとしたふわっとした何気ない時間は、大人にとっては完全に失われたもの。背伸びしたり憧れたり大人になり急いだりすることなく、今のこの時を謳歌したらいいよなぁ。「神話」って表現、最高か。
 
エンディングでかかった「The Saddest Story Ever Told」はこの映画のために生まれた曲と言っても過言ではない!(過言)
erinko122

erinko122の感想・評価

3.2
ああ~あの自分でも何をしでかしてしむうか分からない10代のあのふわふわした感じ!はっきりと思い出せるわけではないけど、懐かしいような感情。危なっかしい主人公の少女とまわりの少年少女たち。キュンとはしないけど青春だな~と目を細めて観てしまうような。気持ちの良い雰囲気のある作品。
10代の永遠

誰もが持っていきていく

その時に感じていた永遠とは
ちょっと行き先とか、質感が違うけど‥

かつて誰もが少年少女だった事実

大人になると忘れるのかな

劇中の歌にあったように

「そして静かに歳をとる」

一夜の時間が永遠なんて今歳をとって思う。

そんな自分だけの煌きを大切に持ってたいね。
n

nの感想・評価

4.4
中高生の時みたいなお泊まり会したい
日が暮れて青くなってる空が綺麗でよかった
naho

nahoの感想・評価

4.0
相変わらず透明感あふれる映像と音楽素晴らしい👏
わたしもこんなイタいほど青春してみたかった!
マギーとプールボーイとても素敵、急がなくていいのさ。
ラストのパレードシーンもよかった。
監督の三作みたがイットフォローズが今んとこ一番すきですね
inachel

inachelの感想・評価

3.3
スリープオーバーする体力…欲しい
別になんも起こらんねんけど良いな、良かったです
miumiu

miumiuの感想・評価

3.8
新学期が始まる直前の、夏の一夜。
複数のお泊まり会(スリープオーバー)の場面で交錯する少年少女の思いを描く青春群像劇。

思いのほか登場人物が多く、二回続けて観ちゃった。
二回繰り返し観ても大丈夫なくらい、雰囲気は好き。と言うかすごく好き。
ハイティーン中心なのかと思いきや、「これから高校入学」という設定。
アメリカのティーンは大人っぽいなあ。

新学期前ということで、まるで連ドラの始まる直前を描いた設定集みたい。
人物の切り取り方見せ方が面白い。

いろいろなキスの場面(しないのも含めて)が印象的。
お泊まり会が終わって夜が明けた後の夢から覚めた感、なんだかわかる。
夜が明けても残ったものこそ本物、ということだよね。


この監督の次作が『イット・フォローズ』『アンダー・ザ・シルバーレイク』とのこと。
苦手なホラーと解釈しきれるか不安な長いやつ…観たいけど観るか迷う…!
ヴレア

ヴレアの感想・評価

3.6
スリープオーバー=お泊まり会

新学期を目前に控えた夏休み。
マギーは物足りなさを感じていて“もっと楽しい何かをするべきじゃないか“そう思っていた矢先、スリープオーバーに誘われた。しかし、何か子供っぽいなと感じた彼女はより刺激を求めて年上のパーティーに乗り込む事にする。そこで出会ったのはプールで会い気になっていた彼だった。

という感じで、様々な登場人物が運命の相手を探してスリープオーバーしたり、スリープオーバーからスリープオーバーへと渡り歩いたり、一夜の冒険が群像劇スタイルで描かれる。街の至る所でスリープオーバーが開かれているというのが面白い。特に事件が起きたりするわけではないが、青春の儚さとか何処に向かうでもない鬱屈した空気とか、そういうものがとてもリアルに描写されていて引き込まれた。
m

mの感想・評価

3.5
たった一晩、それぞれの「スリープオーバー」が終わる時、夜明けと一緒に夏が行ってしまうような気がした。
次の日の朝の明るさで、長く感じた夜もあぁ、昨日の夜はたったの一晩だったんだと気が付いた。
>|