whitelily

アメリカン・スリープオーバーのwhitelilyのレビュー・感想・評価

2.8
タイトル通りティーンたちの『お泊まり会』の一夜にそこここで繰り広げられる群像劇。アメリカの若者たちの等身大の姿を描いた映画かなと。そもそもティーンを日本で育った自分にとってはこういった作品はかなりカルチャーショック。『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』や『スプリング・ブレイカーズ』のような“衝撃”はなかったけれど、10代で?こんなことしちゃうの?え…っていうショックは免れず。最近の若者は←って言葉好きじゃないけど…ほんとにませてるわぁ~(ってとこがもう既にBBA↓)
ただ、カルチャーショックとジェネレーションギャップを同時に感じるこんな作品はある意味刺激的でいい笑
特に特筆することも敢えてここがいいって場面もある訳じゃないけど…あー若さっていいなぁ〜と漠然と感じられる瑞々しい作品だった。